1日1旅

台湾・不老部落

2018年5月18日

20180518

泰雅(タイヤル)族の村に着いた時、動物の頭蓋骨(ずがいこつ)が目に飛び込んできた。猪(イノシシ)の骨だった。「昔は人間の頭を並べて我々の強さを他の部族に見せ、侵略や危険を回避していたんだ」と、泰雅族の血を引くクァリーが教えてくれた。猪の頭蓋骨は、その名残なのだという。伝統を次の世代に伝えていきながら、外の世界とも関係を持ち続ける。「今の時代だからこそ出来ることがある」。彼の真剣な横顔が忘れられない。

PROFILE

かさい・ありさ

葛西亜理沙(かさい・ありさ)

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

http://www.arisakasai.com/

[PR]