永瀬正敏 (ながせ・まさとし)

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作に石井岳龍監督「パンク侍、斬られて候」、公開中の甲斐さやか監督「赤い雪」など。写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

LATEST 最新の記事

この人から目が離せなかった 永瀬正敏、カンヌの路地裏で

よむ

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

この人から目が離せなかった 永瀬正敏、カンヌの路地裏で

(15)後光が差した、誰の像? 永瀬正敏が撮ったカンヌ

よむ

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(15)後光が差した、誰の像? 永瀬正敏が撮ったカンヌ

(14)ピカソの見つめる先が不思議 永瀬正敏が撮った南仏

みる

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(14)ピカソの見つめる先が不思議 永瀬正敏が撮った南仏

(10)緒形拳さんを思い出した 永瀬正敏が撮った雪と漁船

みる

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(10)緒形拳さんを思い出した 永瀬正敏が撮った雪と漁船

(8)駆けだした笑顔 すかさず切り取った永瀬正敏

みる

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(8)駆けだした笑顔 すかさず切り取った永瀬正敏