&AIRPORT おうちで世界旅行 facebook twitter はてなブックマーク Instagram ←前へ 次へ→
PR
オーストラリア

「リアル超すリアル」8D動画でもう一つのオーストラリア旅

「ヴーイン ボ ニュウ~ ヴーイン ボ ニュウ……」。世界最古の管楽器とも言われ、太古からの波動を感じさせるような音がのっけから耳と心を揺さぶる。オーストラリア大陸先住民の管楽器・ディジュリドゥだ。異界に吸い込まれるかのような音とともに、広大な荒野にせり上がった巨岩が燃えるように赤く光る。先住民の信仰の対象となっているウルル(ノーザンテリトリー)だ。数十万平方キロメートルにわたって太古の自然が広がるキンバリー(西オーストラリア州)にワープしたかと思うと、日本では聞いたことがないほど多彩で大きな鳥のさえずり。デインツリー・レインフォレスト(クイーンズランド州)の、魅入られるほど深い緑は目をやさしく癒やしてくれる……。オーストラリア政府観光局が、国内各地の旅の魅力をアピールする「8D動画」のダイジェスト版(1分10秒)だ。
(トップ写真:動画「緑」に登場するデインツリー・レインフォレスト(クイーンズランド州)©オーストラリア政府観光局)

新型コロナウイルスで旅をめぐる光景は一変しました。海外旅行が事実上不可能ないま、&AIRPORTは、居ながらにして世界を巡った気分になれる「おうちで世界旅行」をお届けしていきます。今しかできない「旅」のページをめくる中で、今だからできる「旅」の形も見えてくるかもしれません。世界各地を「おうち旅」しながら、渡航が自由になった時の「次の旅」を描いてみませんか。

(8D立体音響を体験するために、ぜひヘッドホンをして動画をご覧ください)

鳥肌が立ち、脳に響く6動画 国内の代表的観光地を網羅

音が耳から入るだけでなく、頭の中をうねりながら抜けていくような感覚と迫力。この8Dサウンドは、ステレオ録音方式の一つ「バイノーラル」で録音され、視聴者の周りに八つのスピーカーを置いたような状態で音を届けられる。今回のオーストラリア政府観光局の8D動画では、鳥肌が立ち、脳に響いてくるような格別の臨場感で、雄大な自然や多様な文化と寛容性にあふれた都市の息づかいを感じることができる。

ダイジェスト版は、それぞれ1分20秒から37秒程度の、6色のシーンに分類された動画へと誘導してくれる。黒(想像力をみがこう)、赤(日常を忘れよう)、青(感動しよう)、緑(癒やされよう)、マゼンタ(自分を解き放とう)、白(心やすらごう)の各シーンだ。各シーンを通して、国内6州(西オーストラリア、ビクトリア、クイーンズランド、南オーストラリア、タスマニア、ニュー・サウス・ウェールズ)と2テリトリー(ノーザンテリトリー、首都特別地域)の観光地が網羅的にちりばめられている。

夜景、滝つぼ、アート、星空……感覚研ぎ澄ます「黒」の世界

「黒」に登場するメルボルンの夜景©オーストラリア政府観光局

「黒」の世界に飛び込んでみよう。

漆黒の闇(やみ)に宝石をちりばめたようなメルボルン(ビクトリア州都)の夜景から、「ペンギンパレード」で知られるフィリップ島(同州)へ。カカドゥ国立公園(ノーザンテリトリー)の滝の映像と音は圧巻だ。落雷をも負かすかのような轟音(ごうおん)とともに、水は黒く口を開けた地の底まで落ちてゆく。そこに吸い込まれたかと思うと、ビクトリア国立美術館の屹立(きつりつ)するオブジェ群の中へ。そこをゆっくり歩く人物の後ろ姿は、着想を求めさまよう表現者のようだ。

「黒」に登場するビクトリア国立美術館のオブジェ©オーストラリア政府観光局

登場するカカドゥ国立公園には、美しい滝や、淡水の天然プールがいくつもある。とくにウォーキングコース、先住民のアート、絶壁など、信じられないほど美しく雄大な光景が見られることで有名だ。また、ビクトリア国立美術館は国内で最古の美術館であり、服飾デザインから建築にいたる、あらゆる芸術を対象とした魅力的な美術展を開催している。

「黒」に登場するタスマニア州の国立公園の星空©オーストラリア政府観光局

動画の「黒」のポリシーは一貫している。無数の星がさざめく空に、流星がはやてのように横切っていく。クレイドル・マウンテン-セント・クレア湖国立公園(タスマニア州)だ。南のオーロラと呼ばれる「南極光」が見られることで有名な、同公園の幻想的な夜空。太古の息吹を感じさせるディジュリドゥの音とあいまって、黒の世界から神々しいひらめきが生まれても不思議ではない感覚に襲われる。

「青」の世界は、世界最高レベルの美しさを誇る海が中心。手つかずの白い砂浜にカンガルーがやってくることで有名な、西オーストラリア州エスペランスの海の、極上のラムネ色がまぶしい。無限の海原のそこここで、イルカが跳びはねる。「キュウキュウ」というイルカのかわいい合唱と、心地よい波の音が交錯する。政府観光局のサイトでは「パースからエスペランスへ11日間の旅」として、代表的な観光コースと見どころが紹介されている。

「青」に登場する南オーストラリア州ベアード・ベイのアシカたち©オーストラリア政府観光局

「リアル超すリアル」は「おうち旅」の一つのスタイル

言葉は余計かもしれない。ぜひヘッドホンをして、「超リアル」なオーストラリアを一足先に感じてみよう。五感を揺さぶり、解き放つようなサウンドと映像は、ドローンを駆使した迫力のあるアングルも魅力で、「リアルを超すリアル」を感じる。8D動画は、withコロナにおける「おうち旅」の一つのスタイルと言えるだろう。

そして、新型コロナが収まり渡航が自由になった日には、オーストラリアへ「答え合わせ」の旅に出てみよう。道中の出来事や現地の人々との出会い、食事といった旅の本来の楽しみが、さらにまた心を揺さぶる「リアル」をプレゼントしてくれることだろう。

【オーストラリア政府観光局公式サイト8D動画ページ】
https://www.australia.com/8Descapes

青、黒、赤、緑、マゼンタ、白の6色それぞれにテーマが設定された6種類の動画。各動画の解説記事から、各観光地の情報を深掘りして、次の旅行計画の参考に。
【オーストラリア政府観光局 公式YouTube チャンネル】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLajBrt9lvgr6ek63L7oOECO7cEmsPrwLD

8D動画は、公式YouTubeチャンネルでも視聴可能。記事冒頭で登場したダイジェスト編のほか6色の動画で臨場感あふれる「8Dエスケープ」をヘッドフォンをつけて体験しよう。

8D動画を観たら、
感想を投稿しませんか ♯新感覚8Dでオーストラリア体験

オーストラリア政府観光局では、今回の8D動画の感想を募集中。ハッシュタグ「#新感覚8Dでオーストラリア体験」をつけて、あなたの好きな色や、行ってみたいオーストラリアの観光地をTwitterやインスタグラムに投稿してみませんか。

また、オーストラリア政府観光局の公式アカウントでは海外に行けない今も楽しめる現地の情報を毎日発信中。美しい写真が話題の公式インスタグラムはページ下部からもご覧いただけます。

【オーストラリア政府観光局公式アカウント】

【オーストラリア政府観光局公式インスタグラムより】※随時更新
PICKUP
HOME