花のない花屋

1日早く70歳になる50年来の親友へ

70歳の誕生日に贈る花束。「かわいらしいお花が似合う気がします」

70歳の誕生日に贈る花束。「かわいらしいお花が似合う気がします」

〈依頼人プロフィール〉
相馬洋子さん 69歳 女性
米国テキサス在住

    ◇

トンちゃんとの出会いは、高校1年生のとき。今から半世紀も前です。彼女の旧姓は田中で、私は野崎。出席番号が並んでいたので、席が前と後ろでした。

彼女の成績はいつも上からトップ10で、私は下からトップ10。遅刻ばかりしていた私のためにしょっちゅう代弁してくれたり、「こんなのもわからないの?」と言いながら勉強を教えてくれたり。いいときも悪いときも、いつも変わらず友達でいてくれました。

2月21日に彼女は70歳になります。私も、その翌日に70歳になります。私は、前の主人の仕事の関係でアメリカへ来て、そのまま40年以上こちらに住んでいます。それでも、今も季節の変わり目や誕生日など、折に触れて手紙やメールを送り合い、年1回帰国すると、必ず当時の同級生で集まっています。みんなでお酒を飲んだり温泉へ入ったり……。9歳上の兄には「まだ高校の友達と付き合ってるの?」と半ば呆れられていますが、つかず離れず、ずっと仲がいいんです。

彼女は高校卒業後、すぐに東京海上で働き始め、高校の同級生と結婚。しばらく仕事を続けていましたが、子どもを産んで専業主婦になりました。今は旦那さまと2人、逗子で暮らしています。一緒に住んでいた旦那さまのご両親、自分の両親、20代の頃から病気を抱えている妹の面倒をみるだけでなく、介護のボランティア活動までしていて、本当に頭の下がる思いです。あまり自己主張をしない性格なので、「何もやってない」なんて言い張りますけれど。

そんなトンちゃんのために、70歳のお誕生日をお祝いするお花を作っていただけたら嬉しいです。これが好き、あれが好きと言うタイプではないのですが、かわいらしいお花が似合うような気がします。

追伸:実は私も20年ほど前、アメリカのサンフランシスコで花屋を経営しておりました。今でも花屋で働いています。いつか東さんにもお会いしてみたいです。どうぞこれからのご成功をお祈りいたします。

少女時代の思い出、会えば変わらない気持ちの華やぎをピンクで表現

少女時代の思い出、会えば変わらない気持ちの華やぎをピンクで表現

花束を作った東信さんのコメント

相馬さんのメッセージを読み、なんだかとてもチャーミングな印象を受けました。文章全体のイメージからすぐに“ピンクだな”と感じ、濃い目のピンクと薄目のピンクを合わせ、ピンクのグラデーションでまとめました。

少女時代の思い出、会えば今も変わらない気持ちの華やぎや高揚感……そんな雰囲気をピンクの花で表現しています。70歳のお誕生日なので、祝祭感も意識しました。

使用した花は大輪のガーベラ、ラナンキュラス、ダリア、チューリップ、カーネーションなど。一風変わった長細い形の花はベロニカです。贈り主さんがお花屋さんとのことで、お花にもお詳しいでしょうから、ちょっと変わったアネモネも加えました。

中心に差したのは、エアープラントのテクトラム。白いフワフワした感じがピンクと相性がいいんです。春の花だけでまとめると、どうしてもぼけた感じになってしまいますが、こうやってワンポイント入れると全体が落ち着きます。エアープラントですので、花が終わってもこちらはずっと育てられますよ。

  

  

  

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

>>「花のない花屋」まとめ読み

     ◇

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

1日早く70歳になる50年来の親友へ

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
作品集に「ピエール・エルメ サティーヌ」「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSII 植物図鑑」(ともに青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

PROFILE

椎木 俊介(写真)

ボタニカル・フォトグラファー

2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


私から私へ 死ぬまでに1度だけバラを

一覧へ戻る

定年退職を迎える、男手ひとつで育ててくれた父へ

RECOMMENDおすすめの記事