花のない花屋

いま、自分の足で立とうとしている娘へ

  

〈依頼人プロフィール〉
秋間清美さん 48歳 女性
東京都在住
金融系会社勤務

    ◇

2011年の震災以来、娘(22)は家に引きこもり、大学を2年間休学しています。写真家を目指して都内の芸術系の大学へ通っていましたが、震災の惨状をテレビや新聞で見て、いろいろと考えることがあったようです。

娘は写真が好きな私の影響で、小学校5年生くらいから写真を撮り始めました。時間があれば撮影旅行にもよく一緒に行き、コンテストなどでは大きな賞もいくつかいただきました。親の私からみても、「写真に向いているんじゃないか」と思い、大学受験では、写真学科へ進むのが自然な流れでした。

でも、あの震災があってから、カメラに触るとじんましんが出るといい、部屋に閉じこもったまま。半年ほどたった頃には家出をして、5週間ほど家に帰ってきませんでした

もともと人を撮るのが好きで、彼女にとって写真を撮ることは人を撮ること。それが、あの惨状を見たとき、もし自分がその場にいたら、被災者にカメラを向けられないと思ったようなのです。人を撮れないのなら写真を撮る必要はなく、写真を撮らないなら、自分が存在する必要もない。大学に行く意味もない、と。

「なぜ生きなきゃいけないの?」と泣き続けていました。そんなに繊細すぎたら社会でやっていけないと内心思いながらも、ドキュメンタリー写真だけが写真じゃない、と励まし続けました。でも、根底にある問題はそれだけじゃないようでした。

「今まで何の疑問を抱かずに写真を続けてきたけど、それはママの言う通りにやってきただけ。たまたまここまでスムーズに進んできたけど、写真を選んだのは自分の意思じゃなかった。いつもいい子で居続けるのに疲れた」

そう娘は言いました。

確かに、彼女は生まれてからずっと手のかからない子でした。親である私たちには、それが当たり前だと思っていたところもあります。「世の中で一番好きなのはママ。嫌いなのもママ」。そう言われたこともありました。私が過度に期待しすぎたのかもしれません……。

でも先日、「やっと、自分でどうすれば元気になるかわかったよ。黙って見守ってくれてありがとう」とダイニングテーブルにメモがおいてありました。

鼻の奥がツンとしました。娘も家族も、みんなが苦しんだ2年間。長い時間転んでいたけれど、そろそろ立ち上がる時期がきたようです。新たに歩き始めようとしている娘に、エールを込めて花を贈りたいです。

  

花束を作った東信さんのコメント

自分が彼女の立場だったら、どういうものが欲しいだろう。そう考えたときに、気持ちを奮い立たせてくれるものがいいな、と思って黄色の花を選びました。「立ち上がる時期が来た」とあったので、前へ向かって一歩踏み出すときの後押しになるような花束がいい。だから、あれこれ小細工をするより、荒々しく。気の向くままに思いを込めて作りました。

メインはひまわりです。4種類の力強いひまわりを入れています。普通は横に横にと広がっていくような丸い花ですが、今回は上に上に立ち上がっていくイメージで、花弁を上へ向けて活けています。パワーが上へ向かって行くようでしょ?

その周りに添えたのはマリーゴールド。花言葉には「生きる」「生命の輝き」などといった意味があります。そのほか、エピデンドラム、カーネーション、バラ、ピンポンマム、グレビレアなど黄色のグラデーションでまとめました。

観葉植物のカポックも入れ、若々しさも加えています。リーフワークは、斑入りのベンジャミンの葉。5、6枚の葉をワイヤーでまとめたものを何セットも作り、花の下にいれてボリュームを出しています。

花を活ける人間として、僕も震災以降いろいろと考えることがありました。僕らが毎日向き合っているのは、植物という生命そのもの。だから余計、生命というものについて考えてしまいます。そんな中、僕はやはり前を向いて生きて行くことが大切なんだと思いました。震災を経て、生きる価値を再確認した気がします。

人によっては、へこんだり、お休みが必要だったりする人がいるでしょう。でも、後から振り返ったときにそんな苦しい時間も人生において必要だった、と思えるようになるといいですね。

まだまだ若いし、焦らずがんばれ! 生まれてきたんだから、生きなきゃいけない。生きてほしい。そんな僕からのメッセージも花に込めました。立ち上がり、すてきな写真をこれからも撮り続けてくれたらうれしいです。

  

  

  

  

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

>>「花のない花屋」まとめ読み

     ◇

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

いま、自分の足で立とうとしている娘へ

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

PROFILE

椎木 俊介(写真)

ボタニカル・フォトグラファー

2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


認知症の母へ チューリップの記憶を

一覧へ戻る

還暦の母に 一人暮らしの娘から矢車草

RECOMMENDおすすめの記事