リノベーション・スタイル

<27>部屋とつながるバルコニーから絶景

 物件探しの基準は、とにかく「広いリビングが欲しい」ということ。いろいろと探した末に、約40m²のルーフバルコニーのついた部屋が見つかりました。

 この大きなバルコニーを生かしたい。そこで提案したのが、「バルコニー部分を含めてリビングとしてとらえる」という考え方です。もちろん、部屋とバルコニーの間には壊せない壁や柱があります。でも、そこはテレビやモノを置く場所にすればいい。バルコニーに室内と段差のないフローリングを敷けば、リビングが窓の外にも広がり、部屋の一部のように感じられます。

 一人暮らしなので、間取りはシンプルに。LDKを一つにまとめ、部屋全体を大きく使えるようにしました。玄関、廊下、洗面所やキッチンなどの水回りの床はモルタルで、バルコニーを含めたリビングがフローリングです。見方によっては、部屋全体がモルタルの土間で、真ん中のリビングだけスノコがひいてある、というような感じです。バルコニーからは270度のパノラマを一望でき、開放感も抜群。友人を呼んで、パーティーをすることもよくあるみたいですね。

 玄関からLDKへつながる廊下の左側は収納スペース、右側がバスルームです。扉ではなくカーテンで仕切っています。そうすることで、コストが抑えられただけでなく、やわらかい雰囲気が出て風通りもよく、モノの出し入れもしやすいというメリットがありました。

 キッチンはリビングのスペースを広くとるため、壁付けにしています。すぐ隣にはワークスペースを持ってきました。どこまでをキッチンにして、どこからをリビングにするか、という間取りのせめぎ合いは最後までやっていました。

 リビングの壁一面の本棚は造作したものです。壁の一部にはコンクリートブロックを使ったり、天井は断熱材をそのまま塗装したりして、ラフな感じを演出しています。

 どこかアメリカの西海岸の風が吹いているような、ポップで自由な雰囲気が漂う部屋になりました。

(構成・宇佐美里圭)

PROFILE

石井健

「ブルースタジオ」執行役員
1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
http://www.bluestudio.jp/

<26>間取りはそのままでも、“広場”で一変

一覧へ戻る

<28>洗面所を外に出し、引き戸で広さを

RECOMMENDおすすめの記事