花のない花屋

「ありのままでいい」という同級生の夫に 

  

〈依頼人プロフィール〉
本田葉子さん 31歳 女性
神奈川県在住
会社員

    ◇

主人と私は高校の同級生でした。高校3年生のときから付き合い始め、彼は卒業アルバムの寄せ書きに「8年後に結婚しよう」と書いてくれました。好きな男性からそんなことを言われたら普通はうれしいものですが、実は私はちょっと違う気持ちでいました。

私には生まれつきの病気があり、入院を必要とする身だったのです。命に関わる病気ではありませんが、見た目が普通の人と違うため、その差を埋める手術を小さい頃から何度も繰り返してきました。顔には手術の傷があり、思春期の私は結婚に夢を持てなかったのです。

「これから大学生になり、社会に出て行く中でいろいろな人に出会うのに、私でいいの? 私よりもっと魅力的で、楽な人と一緒になった方がいいんじゃないの?」

どこか、そんな冷静な気持ちがありました。そのときは好きでいてくれても、8年後なんてどうなっているかわからない、と思っていたのです。

でも、私たちは大学生になっても、社会人になっても一緒に仲良く過ごしていました。彼はシステムエンジニアに、私は会社員になりました。そして高校を卒業して8年後、本当にプロポーズしてくれたのです。

2009年に入籍して同居を始めましたが、結婚式は挙げていませんでした。私はまだ顔の傷をなくす手術を繰り返していたので、式を挙げる気になれなかったのです。でも今年の7月、治療を終える決心をしました。彼の言葉があったからです。

「精一杯頑張ったのだから、もうこれ以上手術はしなくていいよ。結婚式を挙げて、幸せな2人の姿をみんなに見てもらおう」

そう言われて、踏ん切りがつきました。30代になり、そろそろ子どもも欲しかった。自分の中でけじめをつけるためにも、結婚式を挙げよう。やっとそう思えるようになり、来年の夏に結婚式を挙げることにしました。

付き合い始めるときも、結婚するときも、「本当に私でいいの?」という戸惑いがどこかにありましたが、いつも彼は「ありのままの私でいい」と言ってくれました。

退院するときに彼は花束をくれたので、今度は私から、感謝の気持ちを込めて花束を贈りたいです。私の名前には「葉」という字が使われているので、「葉」がいっぱいの花束をあげられたら幸せです。

  

花束を作った東信さんのコメント

中心にカリフラワーの一種のロマネスコを置き、それを得意のリーフワークで囲むようにアレンジしました。

「ありのままでいいんだよ」という彼の言葉が素敵だったので、最初はそのままの葉をたくさん使ってもいいかなと思ったのですが、それだとちょっと雑な印象になってしまいます。本田さんから彼への思いを織り込むように、葉には細かいリーフワークを施してまとめていきました。

葉は丸めたり、重ねたり、折りたたんだり、その種類によっていろいろなテクニックを使っています。色の濃淡だけでなく、斑点が入ったもの、裏表で柄が違うものなどを選びました。どの方向からもきれいに見えるようにアレンジしています。

葉は花の添え物になりがちですが、ちょっと手を加えることで、より素敵な姿になります。細かい作業なのですが、丁寧なリーフワークによって本田さんの思いが伝わったらうれしいです。

  

  

  

  

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

>>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み

     ◇

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

「ありのままでいい」という同級生の夫に 

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

PROFILE

椎木 俊介(写真)

ボタニカル・フォトグラファー

2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


光失った友人の挑戦にエールを

一覧へ戻る

念願の新しいキッチンに立つ母に

RECOMMENDおすすめの記事