花のない花屋

ひとりで育ててくれた働き者の母へ

  

〈依頼人プロフィール〉
清水 真理映さん 25歳 女性
神奈川県在住
飲食業

    ◇

社会人として仕事を始めてから、私が育った家がいかに貧乏だったのか知りました。

子どもの頃に貧しさを意識したことはなかったのですが、先日、たまたま母の源泉徴収票を目にしてびっくりしました。
「どうやってこの収入で、誰からの支援も受けず、3人の子どもを大学にまで行かせたのか?」
ただただ、疑問しか浮かびませんでした。

小学校1年生のときに離婚して以来、母は女手ひとつで、私たち3人兄姉を育ててくれました。

母に聞くと、「何もしてへん。あんたらが勝手に育ったんよ」とすっとんきょうな答え。子どもたちに育ててもらった、とさえ言います。

私が幼いころ、母は工場で電子機器の部品を作る仕事をしていました。その後、病院で看護師の助手のような仕事につき、53歳になる今も現役で働いています。

フルタイムで働きながら、毎日ご飯は手作り。掃除も行き届き、常に部屋の中はきちんとしていました。大阪出身の母は、当時住んでいた東京郊外の街には頼れる存在もおらず、年中行事も一人でやりくり。クリスマスには、必ず枕元にプレゼントが置かれていました。

今なら、どれほど大変だったのか容易に想像できますが、母は愚痴(ぐち)らしき言葉を一度たりとも口にしませんでした。すべてを当たり前のこととして淡々とこなしていました。苦労も苦労とさえ認識していなかったような感じです。

そのお陰で、私には「貧しくて不幸だった」という記憶は1ミリたりともありません。むしろどの瞬間も、豊かで幸せだったように思います。

私たち3人もそれぞれ独立し、母は今、一人暮らしです。やっと手にいれた自由な時間ですが、趣味にあてたり、遊びに使ったりはしていません。服装も昔から無地の地味な色を身につけています。自分のことはいつも二の次で、いまだに人生の主人公が自分だとは思ってない節さえあります。

それだけに、私たちにとってはかけがえのない偉大な存在です。そんな母へ、これまでの感謝を込めてお花を贈りたいです。自分では日陰の存在だと思い込んでいるようですが、「本当は華やかで誇り高い存在なんだよ」と気づいてもらえるような花束をつくってもらえたらうれしいです。

  

花束を作った東信さんのコメント

エピソードを読み終わり、「赤い花だ」と直感的に思いました。

赤はやはり特別な色。華やかさと気品、誇り高さがあり、特別な気持ちを伝えられます。お母さまは普段はグレーなど地味な洋服が多いということなので、あえて赤でまとめました。

中心にある背丈の高い花はフリーセアの花。観葉植物なので、花が終わっても鉢に植え替えて育てられます。もう一つインパクトのある大きい花はキングプロテア。南アフリカ原産で花持ちがよく、長く楽しめます。そこに大ぶりのアンスリウムや、ダリア、ケイトウ、ガーベラ、カーネーション、バラなど、いろいろな質感の赤い花を加えました。キングプロテアの裏側にある小さな可愛らしい花はアスコレットというランの一種。珍しい種類です。

堂々と赤い花束を受け取ってくださいね。

  

  

  

  

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

>>「花のない花屋」まとめ読み

     ◇

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

ひとりで育ててくれた働き者の母へ

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
作品集に「ピエール・エルメ サティーヌ」「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSII 植物図鑑」(ともに青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

PROFILE

椎木 俊介(写真)

ボタニカル・フォトグラファー

2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


孫の私がわからなくなってしまった祖母へ

一覧へ戻る

ギクシャクしている夫ともう一度

RECOMMENDおすすめの記事