あゆみ食堂のお弁当

<3>いつも「できたてドカ弁」を配達してくれた母へ

  

<依頼人プロフィール>
長山恭子さん 30歳 女性
兵庫県在住
主婦

    ◇

子ども時代のお弁当について思い出すとき、ありありとよみがえってくるのは、その味よりもまず、ほんのりと温かい手の感触です。

私の母は栄養士で、人一倍こどもの食事に気を使ってくれた人でした。冷凍食品は極力使わず、栄養価が高く、かつヘルシーにと、食材選びにも気を使っていたように思います。そして「できるだけ温かいお弁当を」と、学校までできたてのお弁当を届けてくれました。

母がお弁当を届けてくれるのは決まって昼休み。きっとできるだけ温かい状態で、と思っていたのでしょう。ときには昼休みが終わるギリギリの時間にやってきたりして、「もう! 昼休みが終わってしまうじゃない!」と、腹を立てたこともしばしば。さらに母のお弁当は少しユニークで、揚げたての天ぷらが入った「天ざる」なんかも登場し、いつもクラスの友だちから「なにそれ?」「まじで!?」と、よく驚かれていました。

加えて、お弁当箱は色気の一切ないアルミ製。母はお弁当箱の素材にまで気を使っていて、プラスチックよりアルミのほうが安全なのだと譲りませんでした。炊きたてのごはんをこれでもかというほどぎゅうぎゅうに詰めたアルミ弁当は、まるで「ドカ弁」。クラスメイトのお弁当はもっとかわいらしくて、彩りがきれいなおかずが入っているのに……! 反抗期まっただ中の女子中学生にとって、母の「できたてドカ弁配達」は照れくさく、ときにわずらわしくさえ思えるものでした。

今、私にも子どもができて、今度は自分がお弁当を作る側になりました。私の場合は週に1度のお弁当作りですが、2人の娘の面倒を見ながらのお弁当作りはすごく大変です。朝、娘たちが幼稚園や小学校へ出かけると、やっと一息つける!と、思わず両手を上げて喜びたくなるのですが、思えば母は、私たちをバタバタと送り出した後、そこからまたせっせとお弁当を作って学校まで届けてくれていたのです。なんというスゴイ母なのだろう。今、心底、そう思うのです。

気づけば今、自分も母がしてくれたように、娘たちの誕生日には毎年お赤飯を炊いています。母からきちんと料理を教わったことがないのですが、「具材はきちんと切りそろえないとダメ」とか、「出汁はしっかりとらないとおいしくない」など、基本的なことは母の姿から学んだように思います。母の存在がどれほど大きいものか、この歳になってようやく知ることができたのですね。

58歳になった母は今も元気で、父の仕事仲間が家に集まるときは、20~30人分の料理を作ってもてなしているそうです。きっと変わらず、できたて熱々のおいしい料理を振る舞っているのでしょう。思えば、ずっと誰かのために料理を作り続けてきた母です。たまには「作ってもらう側」になってもらいたい。そんな思いで、今回あゆみさんにお弁当をお願いしたいと思います。

いつも熱々のまま届けてくれた母のお弁当。それがどれほどうれしかったか。他の友だちの冷たいお弁当に比べて、どれほどおいしかったか。そして、誇らしかったか。反抗期の私が正直に言えなかった感謝の気持ちを、熱々のお弁当に込めて贈りたいのです。

今でも新しいレシピ作りに励んでいる母ですが、おもてなしするのが年配の方が多いということで、たいてい地味な和食を作っているそうです。年配の方でも食べやすく、かつ新鮮味のある献立にしていただけると、レシピの参考にもなって喜ぶと思います。

スープジャーを使った温かなカレー弁当

よく炒めた玉ねぎに、ターメリック、ガラムマサラなどのスパイスを加えて炒め合わせる。じっくり炒めることで香り高いルウになります


よく炒めた玉ねぎに、ターメリック、ガラムマサラなどのスパイスを加えて炒め合わせる。じっくり炒めることで香り高いルウになります

<献立>
・大豆のカレー
・ターメリックライス
・スパイシーハンバーグ
・焼き野菜のマリネ
・粉吹きいもの香菜ソース和え

<お弁当を作った大塩あゆ美さんのコメント>

エピソードを拝見したとき、思わず「すごいお母さん!」と声が出てしまいました。おいしいものを一番おいしいタイミングで食べてもらいたい。そんな思いの込もったお弁当だったのだろうなぁと、私の心もふわっと温かくなりました。

そんなお母さまへ、スープジャーを使うことで温かいままおかずを楽しめるカレー弁当を作りました。カレーの具はシンプルに大豆のみ。カレーに全部の具材を入れて煮込むのではなく、野菜はマリネに、じゃがいもは粉ふきいもにと別々のおかずにすることで、カレーとあわせたときに味が引き立つように工夫しました。彩りもこのほうがずっときれいになります。

ごはんはシナモンの香りを効かせた鮮やかなターメリックライスに。スパイシーだけど優しい味わいと彩り、食感を楽しめるお弁当です。もちろんごはんはぎゅうぎゅうに詰めました(笑)。みんなでお皿に取りわけながら、楽しく食卓を囲んでもらえたらうれしいです。

<献立>大豆のカレー/ターメリックライス/スパイシーハンバーグ/焼き野菜のマリネ/粉吹きいもの香菜ソース和え


<献立>大豆のカレー/ターメリックライス/スパイシーハンバーグ/焼き野菜のマリネ/粉吹きいもの香菜ソース和え

ルウは保温性の高いスープジャーに入れて熱々をキープ。ごはんとおかずは思い出深い「ドカ弁」風アルミ弁当箱に


ルウは保温性の高いスープジャーに入れて熱々をキープ。ごはんとおかずは思い出深い「ドカ弁」風アルミ弁当箱に

(ライター/小林百合子)

<2>期限付き別居の夫へ、元気が出る定番のお弁当を

一覧へ戻る

<4>初心を思い出す、ゆかりふりかけのお弁当

RECOMMENDおすすめの記事