book cafe

<15>青学のお隣さん 「やさしい風」のカフェ

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe15/">写真特集はこちら</a></strong>

 個性的なカフェが集まる東京・表参道。スペイン語で「やさしい風の本屋」という意味の店名を持つカフェ、「ブリッサ・リブレリア」は、エリアのランドマーク的存在である青山学院大学の隣にある。国道246号線沿いから一本道を入っただけなのに、表参道の喧騒がすっと消えていった。

 店内に入ると、その名の通りさわやかな風が吹き抜け、訪れる人たちを優しく包み込んでくれるかのような雰囲気が漂う。

 店内には約5千冊の蔵書を誇るブックカフェのほか、フェイシャルやボディトリートメントが受けられるサロン、いろいろなイベントが催される空間など多彩な施設があるが、 “ココロ”と“カラダ”を癒すという共通の目的でつながっている。

「本だけを扱っているなら単なる本屋だし、カフェやエステも青山にはいっぱいあります。でもこれらを一つの感性でセレクションしていったら、いい世界観が生まれるんじゃないかと思ったんです」とオーナーの元木忍さん。

 元木さんは出版社からキャリアをスタートし、その後、大手企業で電子書籍ビジネスに関わった。大きなプロジェクトを動かし、会社と家を往復するだけの多忙な日々になっても、やりがいを失わなかった。そんな元木さんの生活や価値観を大きく方向転換させたのが東日本大震災だった。

 元木さん自身は人生のあらゆる場面で本に支えられ、生きるエネルギーをもらってきた。本は人を元気にすると信じ、仕事に情熱をかけていた。ところが震災を経験し、本を人に届けるために仕事をしているにもかかわらず、その「本を届ける」ということの本質が見えなくなってしまった。

「eコマースによる電子書籍の将来性について散々プレゼンしてきたのに、人に本を届けることって何なんだろう? 本の持つパワーやエネルギーを伝えるにはどうしたらいいのか、どういう形がいいのかについてすごく考えました」

 考えを深めた末にたどり着いたのがこの空間だ。大きなガラス張りの店内には柔らかな日差しが差し込み、オーガニックの食材を使ったランチを食べる人、本の世界に浸る人、フェイシャルトリートメントを受けに来る人など、思い思いのひと時を過ごす。居心地のよさからか、うとうと眠ってしまう人もいるという。

「本は活字からエネルギーを得られるし、食べ物や飲み物も体にとって大切なものです。オールハンドで行っているエステメニューも、“手当て”という言葉があるように、癒しや元気を与えることができます。一見バラバラに見えるかもしれないけど、原点は同じ。私はこういった形で人に役立つことをやっていきたいんだな、ということに気づきました」

 最近、元木さんが力を入れているのは“朝活”。特に心理学やアートセラピーなど、自分とちゃんと向き合っていくための講座を増やしていきたいと考えている。

「会社勤めの時は朝型じゃなかったんですけど、朝の日差しってすごくいいパワーがもらえるんです。健康的になれるし、1日を元気に過ごせますよ」

(次回は5月28日に掲載予定です)

■オススメの3冊

<15>青学のお隣さん 「やさしい風」のカフェ

『おおきな木』(シェル・シルヴァスタイン)
幼い男の子が成長して老人になるまで、温かく見守り続ける1本の木の物語。「子供の頃から大好きな本。これを読んだ時、少年と木のどんな気持ちに共感するかによって、自分の今の状態がわかるんです。日本語版は村上春樹さんが翻訳していますが、私は以前のほんだきいちろうさんの訳の方が好きですね。英語版もすごくいいんです」

『豊饒の海』(三島由紀夫)
三島由紀夫最後の長編小説。『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』の全4巻からなる。「言葉の使い方が巧みで、情緒的な表現で綴られた小説。年齢を重ねるごとに読み返すのですが、この作品への理解が深まり、発見があるんです」

『自然のレッスン』(北山耕平)
ナチュラルライフを実践するための極意が詰まった一冊。「読むというよりは、すっと頭に入ってくるような感じ。何度読んでも飽きないですね。お客さんにもよくおすすめする本です」

(写真 石野明子)

    ◇

brisa libreria
東京都港区南青山5-10-17
03-6434-1151
http://brisa-plus.com/

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<14>静寂の中で楽しむ「ひとり時間」

一覧へ戻る

<16>「太宰愛」で満たされた空間

RECOMMENDおすすめの記事