花のない花屋

離婚した私と娘の、大切な「家族」へ

  

〈依頼人プロフィール〉
中嶋俊子さん 66歳 女性
大阪府在住
会社員

    ◇

私は40代半ばで離婚し、当時小学校3年生だった一人娘と母子家庭になりました。仕事が忙しく、帰宅が20時を過ぎるのは当たり前で、月に一度は23時をまわってしまうこともありました。

娘は学童保育へ行かせていましたが、もともと引っ込み思案だった性格がさらにひどくなってきたとき、声をかけてくれたのが娘と同い年の女の子でした。彼女は学童の近くに住んでいる元気な女の子で、お母さんも気を使ってくれたのか、保育時間終了後には家にも誘ってくれるようになりました。そこで一緒に宿題をしたり、夕ご飯までいただくようになり、寂しかった一人での待ち時間が楽しいひとときになったようでした。そのうち、私までご飯に誘ってもらうようになり、娘もみるみる元気になりました。娘の友達は3姉妹でしたが、彼女もすっかり溶け込み、まるで4姉妹のようでした。

その後、娘とその友達は高校までずっと同じ学校で、33歳になった今は二人とも東京の人と結婚して家庭を持ち、東京に住んでいます。一方、私は彼女のお母さんと同じマンションに住むことになり、いろいろな相談事もし合える、かけがえのない家族同然の関係が続いています。

学童保育がなかったら会えなかった人たちですが、どこか不思議な縁を感じます。彼女たちが見ず知らずの私たちを受け入れ、寛大な手を差し伸べてくれたから、私は一人でも働き続けることができ、今も私たち母娘が幸せに暮らせているのだなあと感謝しています。

この大切な家族の一員であるご夫婦に、これまでの感謝を込めてお花を贈りたいです。二人ともお花が大好きで、マンションの庭にはパープルなど淡い色のお花が咲いています。ご主人は庭の一角を畑にして野菜も植えています。お二人とも旅行好きですが、植物を育てるのは上手です。優しい色合いの花束をつくってもらえるとうれしいです。

  

花束を作った東信さんのコメント

お世話になった友人への感謝のお花なので、押しつけがましくないアレンジを心がけました。文章を読んで、友人ご家族のやさしい人柄を感じたので、そのイメージをお花にしています。

メインカラーはパープル。シラー、アガパンサス、アゲラタムなどのパープルのグラデーションの間に、淡いスモーキーピンクのバラを加え、全体をなじませました。

畑仕事もお好きとのことだったので、ナチュラルな雰囲気が出るよう、グリーンやアースカラーの植物も多めに使っています。マメの木やブルーベリー、スモークツリー、セダムなど、質感もいろいろなものを入れています。

パープルは、使い方によっては沈んでしまう色ですが、今回のように明るいグリーンを多めにいれると、みずみずしくフレッシュな印象になります。

  

  

  

  

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

>>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み

     ◇

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

離婚した私と娘の、大切な「家族」へ

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
近著に作品集「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS Ⅳ 植物図鑑」(青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

PROFILE

椎木 俊介(写真)

ボタニカル・フォトグラファー

2002年、東信とともに、銀座にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。東が植物による造形表現をはじめると時期を同じくして、カメラを手にし、刻々と朽ちゆき、姿かたちを変容させていってしまう生命のありようを写真に留める活動に傾倒していく。日々、植物に触れ、その生死に向き合ってきたからこそ導き出すことのできる、花や植物のみが生来的に有する自然界特有の色彩や生命力、神秘性を鋭く切り取っていく。

2011年に初の作品集となる東信との共著『2009-2011 Flowers』(青幻舎)を発表以降、常に独特の視点ですべての東の作品を捉え続け、近年は映像制作にも力を入れ、多岐にわたる活動を行っている。


病気とつきあいながら育ててくれた母に

一覧へ戻る

究極の“断捨離”を敢行した母に

RECOMMENDおすすめの記事