あゆみ食堂のお弁当

<7>北欧の空港で出会ったフランス人の女の子と、再び

  

<依頼人プロフィール>
島田零子さん 34歳 女性
東京都在住
会社員

    ◇

お弁当を贈りたい相手はフランス人の女の子、クロエです。彼女と知り合ったのは、スウェーデンのマルメ空港で、日本に向かう飛行機を待っていた時でした。

2010年の6月、私はスウェーデン人の友人と、コペンハーゲンに近いマルメという街で北欧の夏を楽しんでいました。「観光というより、毎日の暮らしが見たい」という私のリクエストに応えてくれた友人は、「考えごとをするときに行く海辺」や、「恋人と待ち合わせするいつものカフェ」に連れて行ってくれました。「もっと有名なお店とかじゃなくていいの? どこも地味なんだけど」と友人には笑われましたが、私は大満足。旅先という非日常の中で“日常”をみつけられると、その土地と自分の距離が近くなる気がするんです。

夏のスウェーデンは、夜になっても太陽が沈まない白夜の季節。北欧の美しい夏時間を堪能して、後ろ髪を引かれながら帰国の途につくことになりました。

帰国の朝、空港へ向かう私に友人が小さな包み紙を差し出しました。
「ハイ! これ空港で食べて。旅サンドだよ」
「旅サンド?」
「飛行機に乗るときによく作るんだ。機内食よりおいしいしね」

友人が得意気に話す「旅サンド」とは、スウェーデンのチーズと「チップトリー」のオレンジマーマレードジャムを挟んだサンドイッチ。マーマレードのほろ苦い甘みとチーズの塩気が合って、不思議なおいしさでした。

その旅サンドを頬張りながら空港のベンチで飛行機を待っていたときのこと。
「It looks delicious.」(おいしそうね)
ブルーグレーの大きな瞳の女の子に話しかけられ、それがクロエでした。

「Have some.」(ひと口どう?)
「merci! 」(ありがとう!)

ごくシンプルなサンドイッチを見て「おいしそう」と言ってくれた彼女。私はいっぺんに興味を持って、お互いの飛行機が到着するまで、おしゃべりすることに。「どこから来たの?」に始まり、お気に入りの散歩コースまで。短い間にお互いの話をいくつかして、彼女はパリに、私は東京へ向かうため別れたのでした。別れ際のあいさつは「さよなら」ではなく、「bon voyage!」(よい旅を!)でした。

あれから数年経った今も、私たちはときどきメールを送りあう関係。お互いに散歩が好きで、よい散歩場所を見つけたら報告したりしています。

彼女といつか一緒に散歩付きのピクニックができたら。あの日、空港でひとつのサンドイッチを分け合ったように、バスケットにつめた料理とサンドイッチを一緒に食べたいと思います。

サンドイッチの具は何がいいかな? 彼女は黄色が好きだから、黄色い食材を挟むと喜んでくれそうな気がします。そういえば、出会った日もきれいなイエローのカーディガンを着ていたし、旅サンドに挟まれているマーマレードとチーズも黄色でした。

クロエと私の「旅サンド計画」。
いつかの再会を心待ちにしつつ、あゆみさんにとっておきの「旅サンド」を作っていただけたらうれしく思います。

黄色をテーマカラーにしたサンドイッチ

マスタードとバターを混ぜたマスタードバターをパンにしっかり塗ってから、マーマレードを。バターの油分によってマーマレードの水分がパンにしみ込むのを防いでくれます


マスタードとバターを混ぜたマスタードバターをパンにしっかり塗ってから、マーマレードを。バターの油分によってマーマレードの水分がパンにしみ込むのを防いでくれます

<献立>
・マーマレード香るキャロットラペとチーズのサンドイッチ
・たまごサンドイッチ
・フライドポテト
・ピクルス
・スモモとフルーツトマトのマリネ

<お弁当を作った大塩あゆ美さんのコメント>
旅先で知らない誰かと一緒に同じサンドイッチを食べる。なかなかありそうでない、素敵な体験だなぁと思いました。

そのとき食べたサンドイッチの具がマーマレードとチーズ、そして空港で出会った女の子の好きな色が黄色。そんな言葉からメニューを考えました。

ほんのり酸味のあるパンにマーマレードを塗って、ブルーチーズとキャロットラペをはさんだサンドイッチ。ふんわりと食べやすいパンには、シンプルな卵とハムのペーストを。フルーツトマトとスモモのマリネを添えました。

今回使ったバスケットは雑貨店で見つけたものです。お弁当用の容器でなくとも、少し工夫をするとすてきなサンドイッチバスケットになります。副菜用の瓶は、保存瓶を活用してみました。旅先などで見つけた可愛らしい瓶をとっておいて、活用してみるのも楽しいかもしれません。

異国の友だちとのピクニック、実現するといいですね。二人で楽しくおしゃべりしながら食べてもらえたらうれしいです。

<献立>マーマレード香るキャロットラペとチーズのサンドイッチ/たまごサンドイッチ/フライドポテト/ピクルス/スモモとフルーツトマトのマリネ


<献立>マーマレード香るキャロットラペとチーズのサンドイッチ/たまごサンドイッチ/フライドポテト/ピクルス/スモモとフルーツトマトのマリネ

どことなく北欧の雰囲気を感じるバスケットに「友へ贈る」という意味を込めて麻ひものリボンをかけて


どことなく北欧の雰囲気を感じるバスケットに「友へ贈る」という意味を込めて麻ひものリボンをかけて

(ライター/小林百合子)

<6>脳梗塞を患った、一人暮らしの母へ

一覧へ戻る

<8>いつか息子とほおばる「野外フェス弁当」

RECOMMENDおすすめの記事