あゆみ食堂のお弁当

<11>がんばれ息子。剣道と自転車通学応援丼

  

〈依頼人プロフィール〉
塚原 真美さん 43歳 女性
愛知県在住
看護師

    ◇

高1の息子を持つ母です。

息子が通う学校は、県内で一番高い山の上にあるのですが、毎日片道10kmの道のりを自転車に乗って通っています。それはもう、ものすごい坂道なのですが、剣道部に所属している息子は、前カゴに学校のカバン、リュックに剣道部の道着を入れ、さらにハンドルとサドルの間に竹刀を差して通学しています。

本当なら車で送ってあげたいのですが、私も夫も看護師として働いており、どうしても送迎をしてあげることができません。それでも文句のひとつも言わずに毎日坂を登っていく息子を見て、ああ、たくましく育ったなあ、と日々感じています。

もともと口数の少ない子なのですが、中3あたりから反抗期が始まり、今では「ごはん」とか「おこづかい」といった必要最低限のことしか話してくれません。気に入らないことがあると、すぐに部屋に閉じこもってしまったりして、母としてはちょっと寂しく思うこともあります。

でも、あるとき知人から、「反抗期というのは“自分の一番大好きな人を遠ざける”という、すべての哺乳類に共通する本能だ」と聞きました。だとしたら、息子も私のことを大切な人だと思ってくれているのかな、なんて前向きに考えるようにしています。まあ、母の勝手な思い込みなのですが(笑)。

仕事が忙しく、なかなかかまってあげられないのですが、先日、久しぶりに夫と一緒に剣道部の試合を見に行きました。いつもは家でぐうたらしている息子が、凛とした立ち振る舞いをしている姿を見て、すごいなあ、成長しているんだなあと、感慨ひとしおでした。

小さなころから釣りが大好きだった息子。父親とはときおり進路のことなどを話しているそうで、将来は自然に関わる仕事がしたいと思っているそうです。親の知らないところで、子供はちゃんと自分のことを考えているのですね。もう少し大人になって、また息子と一緒に色々な話ができる日が待ち遠しいです。

息子は体が大きく、剣道部というより柔道部のようないでたちです。食べ盛りで、毎日1Lの特大弁当を持たせているのですが、3時間目ごろにはもうおなかが空いてしまうとか。きっと毎朝、坂道を登るのにすごく体力を使うのでしょうね。高校に入ってからは副食としておにぎりも持っていくようになりました。

高校1年生。彼のなかにもきっといろいろな思いがあるのだと想像します。陰ながら応援することしかできない母ですが、自分の目標に向かって黙々と頑張る息子のために、せめてパワーの出る、おいしいお弁当を作ってやれたらと思っています。

お弁当作りで頭を悩ませているのが、息子の「野菜嫌い」。おいしく野菜を食べてもらえるようにと、ピーマンの肉詰めなど、肉と野菜が合体したおかずを入れるようにしているのですが、ほかにアイデアが浮かばず最近はマンネリ中。ぜひあゆみさんにいいアイデアを教えていただきたいのです。

ごはんもおかずもたっぷり。肉と野菜をおいしく食べられて、毎日の通学と部活を乗り切れるパワーの源になるようなお弁当のヒントをいただけるとうれしく思います。

野菜の上に肉をドカン!

ごはんを食べ進むと、中間に海苔が! さらにごはんが進んでしまう「隠れ海苔弁」です。ごはんにはほんのりごま油の香りがついているのも食欲をそそるはず。


ごはんを食べ進むと、中間に海苔が! さらにごはんが進んでしまう「隠れ海苔弁」です。ごはんにはほんのりごま油の香りがついているのも食欲をそそるはず。

<献立>

・焼肉
・野菜のナムル4種(紅くるり大根としょうがの黒酢ナムル、にんじんのナムル、ピーマンの黒胡麻ナムル、蒸しなすのナムル)

<お弁当を作った大塩あゆ美さんのコメント>
お母様から寄せられたエピソードを拝見しながら、自分の高校生の頃の事を思い出していました。

私は高校生の頃、野球部のマネージャーをしていたのですが、選手のみんながものすごい量のお弁当をかき込んでいる姿をよく覚えています(懐かしい!)。それくらいの年の男子が好きなおかずってなんだろう? そう想像したときに、やっぱり焼肉だ!と思い至りました。

今回はごま油と塩で少し味をつけたごはんに海苔をはさんで、たっぷりの野菜ナムルをのせ、その上に焼肉をドカン! 見た目にボリューミーな「韓国風スタミナ丼弁当」を作ってみました。

これなら肉も野菜もごはんも一緒に食べざるを得ない!(笑)。どんぶりスタイルのお弁当で、肉と一緒に野菜の美味しさも感じてもらえたら嬉しいなと思います。

  


<献立>焼肉/野菜のナムル4種(紅くるり大根としょうがの黒酢ナムル、にんじんのナムル、ピーマンの黒胡麻ナムル、蒸しなすのナムル)

通学が大変ということで、容量がたっぷりでも軽量なプラスチック製のお弁当箱を。フタに高さがあるので、ごはんの上にたっぷりおかずをのせても潰れにくいんです。


通学が大変ということで、容量がたっぷりでも軽量なプラスチック製のお弁当箱を。フタに高さがあるので、ごはんの上にたっぷりおかずをのせても潰れにくいんです。

(ライター/小林百合子)

<10>祖母に贈る、あの夏の新婚旅行

一覧へ戻る

<12>先輩と、最後にゆっくり食べたいベジ弁当

RECOMMENDおすすめの記事