book cafe

<26>行き当たりばったり、でも大丈夫

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe26/">写真特集はこちら</a></strong>

 大阪城の外堀として開削された東横堀川。大阪市内に現存する最古の堀川として知られる。かつては船場の旦那衆が船遊びを楽しんだというこの川沿いにあるのが、「FOLK old book store」。店内に入ると、なぜか棚に炊飯器が二つ。ほかにもソフトビニール製のウルトラマンや怪獣の人形が置かれていたり、食器や古着があったり……。

「一応、どれも売り物なんですけどね」

 オーナーの吉村祥さん(31)はそう言うが、正直なところ、商売っ気があまり感じられない。

 ランチタイムの店内にはスパイスの香りが充満し、カレーを食べる人たちで賑わう。実はこのカレー、平日の昼間だけ店を間借りして営業している『谷口カレー』が出しているもの。谷口智康さん(33)が作るスパイシーなカレーは、「宿借り系カレー」の先駆的存在として大阪で根強い人気を誇っている。店名通りの古本屋であるものの、実際のところはなんでもあり。どこかユルい空気が漂っていて、居心地はとてもいい。

「何のとりえもなく、得意分野もない。考えなしで今までやってきたんです」

 小さい頃から漠然と店をやってみたいと思っていた。芸大の写真学科を卒業してウエディング専門のカメラマンをしていたが3ヶ月でやめた。半年ほど無為にぶらぶらした後、西梅田にある「アンジェ ラヴィサント」という雑貨と書籍の店で働くようになった。この店のセレクトにほれて、「店をやりたい」という幼いころの夢がよみがえってきた時、吉村さんは25歳になっていた。

「20代のうちに店をやりたいって友達に言ってしまい、言ったからには実行しなくては、と思って。この頃の自分はアホで何も考えてなくて、勢いだけでした」

 散歩の途中で見つけた天神橋の空き物件が気に入り、借金して10坪ほどの古本店をオープンさせた。家にあった本を並べてなんとか店を続けるうちに、少しずつ知り合いが増え、ライブやイベントもやってみたくなった。しかし、正直なところ古本だけの売り上げでは厳しく、カフェもやったほうがいいんじゃないかと考えるようになった。

「ライブなどで音を出してもよく、飲食もできて、ロケーションがいい物件ってありますか?」と、知り合いの不動産屋に好き勝手な条件を挙げて相談したところ、見つかったのが現在の物件。地下にスペースもあって店の広さは倍になった。ただし、家賃も倍。

「いつも考えなしで行き当たりばったりなんです」

 店を移転し、1階のスペースを利用して、音楽ライブやアーティストによる作品の展示、トークイベントなどをやるようになった。

「イベントはだいたい人から話を持ちかけられます。常に受け身で、ほとんど断ったことがないんです」

 一事が万事、ビジネスも行き当たりばったりだが、それでも着実に人のつながりができ、新刊書や雑貨が少しずつ増えてきた。谷口カレーの「宿借り」も始まり、9月23日には5周年を迎えた。ビジネス街の北浜に近いにもかかわらず、まったくといっていいほど戦略性がない。しかし、そんな余裕がこの店の魅力になっていることは間違いない。

「何かと生きにくい世の中だけど、なんでもありのこの店を見て、『こんな感じでもいいんや』って思ってもらえたらいいんです」

■オススメの3冊

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe26/">写真特集はこちら</a></strong>

『えBOOK』(ニシワキタダシ)
関西の人気イラストレーター・ニシワキタダシさんが個展のために描いた作品を中心にした画集。「作品ひとつひとつに本人の作品解説が書いてあるんですけど、これが面白いんです!」

『石の上にも三年』(宮崎千尋)
佐賀生まれの姉妹ユニット「ちえちひろ」の姉・千尋さんが作ったZINE(大手の流通ルートから外れた小出版物)。「言葉ではうまく言えないから読んで!」

『あそこまで いってみよう』(いましろたかし)
ある晴れた日、かえるちゃんとかめちゃんが岬の灯台をめざして歩き出すーー。「灯台に行って帰ってくるだけなんだけど、日常と小さな冒険が丁寧に描かれ、ほっとするんです」

(写真 太田未来子)

    ◇

FOLK old book store
大阪府大阪市 中央区平野町1-2-1
第2エイワビル1F、B1F
http://www.folkbookstore.com/

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<25>駅前書店の生き残り方、教えます

一覧へ戻る

<27>飲むだけでもよし、読むだけでもよし

RECOMMENDおすすめの記事