あゆみ食堂のお弁当

<15>密室育児抜け出せた、息子と私のおべんとう

あゆみ1

〈依頼人プロフィール〉
中島亜美さん 40代前半 女性
神奈川県在住
主婦

    ◇

10年間の不妊治療を経て、5年前に念願の息子を授かりました。
妊娠した時は喜びの反面、「流産しないだろうか」という不安を抱きながら、毎日を過ごしていました。案の定、出産2か月前に切迫早産で緊急入院。1カ月間の絶対安静の末、無事生まれてくれました。可愛くないはずがありません。

ところが、理想と現実は全く違うことを新米母親は知ることになります。 毎日寝不足で食欲もなく、フラフラ。 高齢出産だったこともあり、全く回復しない体力。 しかも息子は愛想が全くなく、生後半年たっても、ほとんど笑ってくれない子供でした。「私は何をしてるんだろう?」「このまま子供を置いて、どこかに逃げちゃおうか」。こんなことを考えてしまったのは、1回や2回ではありませんでした。

1歳を前に歩き出した息子はどこでも動き回り、外食をしようものなら、お店の人だけでなく、周りの方にまで怒られてしまう始末。次第に外出を控えるようになってしまいました。2歳前にはいろいろな物を食べられるようなったのですが、私の味に飽きてしまったのか、どんどん食べる量が減り、バナナばかりを食べるようになってしまいました。しかも言葉が遅かったので、甘いのか辛いのか、食べたくないのか、それすらもわかりません。料理には自信があっただけに、どうしていいのか全く分からず、息子はどんどん痩せていきました。

そんなある日、家の隣の中学校から運動会の音楽が流れてきました。今となってはどうしてそんなことを思ったのかよく思い出せませんが、「食べても食べなくてもいいから、お弁当を作ろう!」と思い立ちました。小さなハンバーグには野菜を細かく入れて、玉子焼きは甘めに。ブロッコリーはバターで味付け。小さなおにぎりを沢山つめて、少し小さめのお重につめました。

「今日はお家でお弁当を食べよう!」。小さなリビングにレジャーシートを敷いてお弁当を広げました。でも息子は「おべんとう」が分からない。 当然です、生まれて初めてのお弁当だったのですから。 でもフタを開けた瞬間、「うわ~!」という歓声が。喜んでたくさん食べてくれました。その時から、不思議と息子もおしゃべりになり、私も少しずつ息子と出かけられるようになったんです。

あれから3年、あんな不愛想だった息子は信じられないくらい愛想のいい、心優しい子供に育ちました。幼稚園の年中さんになった今もお弁当が大好きで、家では嫌がって食べないプチトマトやブロッコリーも、お弁当に入れるときれいに食べてきます。

家に閉じこもっていた私と息子に元気をくれた、あの日のお弁当。息子は覚えていないかもしれないけれど、あのときの嬉しそうな顔は一生忘れることはないと思います。 最近、また少し小食になった息子へ。また「うわ〜!」という歓声が上がるようなお弁当を作ってあげたいなと思っています。

鶏の唐揚げが好物で、最近はファストフードを食べたがって手を焼いています。好きな遊びは電車ごっこやウルトラマンごっこという典型的な男の子です。またもりもりごはんを食べられるきっかけになるような、楽しくて賑やかなお弁当のヒントをいただけるとうれしいです。

子ども好みのおかずこそ、家で作ると安心・おいしい

あゆみ4


ハッシュドポテトは1個のじゃがいもを半分はすりおろし、もう半分は細かく刻んで、小麦と混ぜて整形します。揚げるときはスプーンとお箸を使って型くずれを防ぎましょう。

<献立>
・オムライス
・フライドチキン
・ハッシュドポテト
・マカロニサラダ
・ブロッコリー
・星型の人参

<あゆ美さんのコメント>
食が細くなりつつあるというお子さんが、おいしく楽しく食べられるお弁当をイメージして作ってみました。子どもはみんなファストフード的な味が好きですが、ジャンクなイメージがあるものでも、家で手作りすると安心、安全ですし、味も格段においしくなりますよ。

最近はなかなか食べる機会のなかった子ども向けのメニューを作っていたら、自分の幼い頃の食べ物の記憶が蘇ってきて、私自身もなんだかワクワクした気持ちになりました。作る人の気持ちは、食べ物に込められて食べた人へと伝わります。

お母さんも、どうぞ楽しんで息子さんへのお弁当を作ってください。いつか、息子さんと一緒にお弁当を作ってみるのも楽しいと思います。

あゆみ2


オムライス/フライドチキン/ハッシュドポテト/マカロニサラダ/ブロッコリー/星型の人参

あゆみ3


電車ごっこが好きという息子さんへ、電車型のお弁当箱を探してみました。食べる前から歓声が上がってしまうかも!?

(ライター/小林百合子)

<14>手術前の父に贈る、祖母のふわとろ卵焼きパワー

一覧へ戻る

<16>一人暮らし始めて気づいた、母の背中のありがたさ

RECOMMENDおすすめの記事