book cafe

<28>日本文学の宝庫でコーヒーを飲む

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe28/">写真特集はこちら</a></strong>

 2015年7月、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが初めて書いた小説「火花」が芥川賞を受賞した。累計発行部数は200万部を突破し、大きな話題となった一方、文芸書は初版7千部もあればいいほう。文学を取り巻く環境は活況とは言い難い。

「又吉さんが芥川賞を受賞して、文芸ブームが起こっているのはいいことだと思いますよ。文学って本当はすごく面白いし、夢があるもの。誰かがもっと早く手を打っていれば、文学はこんなに失速しなかったんじゃないかと思ってたんです」

 東京・目黒の区立駒場公園の東門から少し奥まったところにある日本近代文学館内で「BUNDAN COFFEE & BEER」を運営する、東京ピストル代表取締役の草彅洋平さん(39)はこう話す。

 長年、文学を愛し、文学に対して何かできないかと思い続けてきた草彅さん。日本近代文学館に入っていた食堂が閉店し、そのままになっていた空間の存在を知り、「活用したい!」と名乗りを上げた。

 店内には、自ら収集してきた約2万冊の蔵書を置いた。カフェのメニューは作家や小説にちなんだものを考えた。例えば、「寺山 TERAYAMA」はエチオピアのモカコーヒーで、これは世界で最初に飲まれたコーヒーであると同時に、日本人が最初に飲んだコーヒーであると伝えられているという。メニューには寺山修司の歌集『空には本』から選ばれた短歌が添えられている。

ふるさとの訛(なま)りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし

「こじつけっぽい内容よりも、ちゃんと原典を引っ張って、整合性のあるメニューを考えました。エビスビール一つとっても、夏目漱石の『二百十日』でエビスビールについて書いた文章を読みながら飲むと、全然雰囲気が違ってくるはず」

 草彅さんはこの店を、「僕の集大成みたいなもの」と語る。12年8月にオープンしてから3年が過ぎた。最寄りの駒場東大前駅から徒歩約8分、営業時間は16時20分まで。毎週日、月曜日と第4木曜はお休み。何かと制約の多い店だが、土曜日には1時間待ちになるほどの盛況ぶりだ。

「日本近代文学館は、文学の総本山的な場所で貴重な蔵書が多く、研究者が多く集まる場所なんです。でも一般の人にはほとんど存在を知られていない。日本には約800もの文学館があって、歴史的に価値のある建物も多いのに、基本的に人がいない。人が来なければどんどん衰退していき、貴重な資料も散逸してしまうかもしれない。文学を体験できる場として、この店のようなものを作ったりして、誰かが何かをやらなきゃいけないんじゃないかと思ってるんです」

 文学をもっと身近に感じ、体験してほしいという思いがある。自身も古典文学を読み続けて、救われてきた経験があるからこそ、何かをせずにはいられない。

「古典文学を通して、古いものと現代に生きる僕はつながっている。100年前を生きていた人にインスピレーションを受けたり、普遍的な悩みに向き合ったりできるのはすごいこと。いわば魂の交流のようなもの。そう言うと重くなってしまうかもしれないけど、ここがきっかけで文学に軽く触れ合ったり、楽しんでもらえればいいですね」

■オススメの3冊

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe28/">写真特集はこちら</a></strong>

『学ぶとは何だろうか 鶴見俊輔座談』(鶴見俊輔)
今年7月にこの世を去った哲学者の対談集。五木寛之、河合隼雄、谷川俊太郎らとの対話が収録されている。「鶴見さんは難解じゃなくて、自分の言葉でやわらかくしゃべるし、相手を褒めていい気分にさせる。絶対disらない(こきおろさない)。僕なんてすぐdisっちゃうけど」

『くりかえすけど』(田中小実昌)
田中小実昌の単著未収録の10作品を収めた一冊。「飲み歩いて文章書いていた人で、文章がすごくいい。わかりやすい筆致で非常にユーモアがある。読み直すたびに『やっぱりいいな』って思います」

『長谷川伸全集 第九巻 日本捕虜志 印度洋の常陸丸』(長谷川伸)
日本人がどのように捕虜と接し、扱ってきたかを丹念に調べて分析し、まとめたもの。「長谷川伸は一番好きな作家で、いま一番読んでほしい。極限状態での捕虜の扱い方から見えてくるものがある。戦後70年のいまだからこそ読んでほしい一冊です」

(写真 石野明子)

    ◇

BUNDAN COFFEE & BEER
東京都目黒区駒場4-3-55(日本近代文学館内)
http://bundan.net/

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<27>飲むだけでもよし、読むだけでもよし

一覧へ戻る

<29>昭和4年築の長屋に広がる幻想空間

RECOMMENDおすすめの記事