Woman’s Talk

〈Woman’s Talk〉私たち、省エネ夫婦だと思う(笑) 石井一久さん×木佐彩子さん

 元メジャーリーガーの石井一久さん、元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さんのご夫婦対談をお送りします。

重要なところでかみ合うのでいいんじゃない

 前夜、スポーツニュース番組に出ていた石井さん。木佐さん「全然見てない」、石井さん「見ないよね」、木佐さん「お互い、お仕事、ノータッチだね」。ともにマイペースで自由そうなご夫婦、との印象だ。

 こんなマイペースな人といられるって、木佐さんも変わってるねと、言われます(笑)。

 僕はマイペースかなあ。

 家族3人LDKに一緒にいるけど、みんな違うことをしている。中学生の息子もカズ(夫)そっくり。みんなあんまりしゃべらないしね。

 そうね、でも喋りたかったら喋るし、気は使わないですね。

 素敵なディナーデートもしない。お昼にテレビで美味しそうなナポリタン見ると、いまからナポリタン行こう、そういうのばかり。

 でも奥さんもあまりつきあってくれない。

 だって趣味が全然違う、カズが好きなのは車屋さんや家電量販店。映画の趣味も違う、一緒に映画見たことないね。

 そこは、同じ趣味の人と行ってくればというスタンスですね。

 でもけんかもないね。それがいいかどうかは別にして、省エネ夫婦だと思う(笑)。無駄なパワーをお互いのことでは使わない(笑)。

夫がヤクルト在籍時に知り合い、2000年3月に結婚。妻の出産直後、夫は大リーグのドジャースに移籍。記者会見で「僕の妻はカリフォルニア人」と発言、記者たちを笑わせた。

 球場で見たときに、一人、違う空気感で生きている人だなと思った。

 僕は、明るくてハッピーオーラがある人だなという印象。つきあってから1年位で結婚したけど、その前の友達の時期が長いよね。

 結婚した時、「一喜一憂しないで」と。勝っても僕のお陰、負けても僕のせいだからって。だから私は最初から気が楽だった。

 ずっと一緒にいることが大事で、仕事は仕事、家は家という感じで。

 お仕事頑張ってほしいけど、夫でもその人の人生ですし、子どもに対しても同じです。私は割り切っているんです。ね、聞いてた?

 う、うん。

 私が「プロ野球ニュース」出演最後の日(2000/3/31)、開幕投手として中日に完封勝利、そういう大事な時に必ず勝つ。その年、優勝できたのでメジャーにも行けた。しかも私が育ったロサンゼルスに決まり、ラッキーって。そういうの、持ってるよね。

 全部かみ合う訳ではないけど、重要なところでかみ合うのでいいんじゃない。

 そうね。この人のいいところは身体同様、心が大きいところ。おおらかだね。勝負師なのに、感情の波がない。だから負けても荒れたことがない、安定してます。やめるときもマイペースでやめていきました。

予想以上に、精神面で子育てをやってくれます

夫は2006年、ヤクルトに復帰、西武を経て、2013年に現役引退。吉本興業に「契約社員」として入社という選択が話題となった。

 僕には、自分だけよければという考えはないんです。人と一緒にハッピーにならないと意味がない。このチームで優勝したいと思ったし、吉本のスポーツマネジメントを一流のセクションにしたいと思ってます。

 35歳頃から、僕の人生、二つ作品がほしいと言ってたね。野球以外にもうひとつ。

 野球やめて収入が不安定になって、彩のほうが良くなったけど、僕、そういうの、全く気にしないんですよ。

 そうだね、カズはどっちが収入が多いとか、全く気にしないね。

 僕は現役時代、収入はあった方だけど、なくても奥さんとはうまくやっていけたと思う。そういう人と結婚できたのが良かった。

 結婚して予想以上だったのは、精神面で子育てをすごくやってくれること。年に3回位、ガツンと言ってくれたり、受験とか山場には精神的にちゃんと支えている。でも他のことでは我が家の長男だね。最近は次男になってる。息子がサンマをきれいに食べられるようになって、魚の骨では、カズ、抜かれたね。

 そう、魚の骨は、息子の方がうまいね。

撮影:福山楡青/文:追分日出子/ヘア&メイク:上杉範明[木佐さん]/スタイリスト:大杉竜[石井さん]

    ◇

いしい・かずひさ(元メジャーリーガー)
1973年千葉市生まれ。91年ドラフト1位でヤクルト入団。以降10年間、先発として活躍。2002年、MLBロサンゼルス・ドジャース入団。05年、ニューヨーク・メッツに移籍。06年、ヤクルトに復帰、08年には西武に移籍。13年現役引退。現在、野球解説者として活躍。
12/12(土)、よしもと選抜野球チームと少年野球チームが対決する「よしもとFAカップ」(大阪万博記念公園)にアンバサダーとして参加。詳細は公式HP。 http://fa.yoshimoto.co.jp/facup/

きさ・あやこ(フリーアナウンサー)
1971年東京生まれ。小学2年から中学2年まで父親の仕事でロサンゼルスで暮らす。94年フジテレビ入社。2000年3月結婚、01年12月男児出産。現在、フリーアナウンサーとして活躍。

■この記事は、2015年11月22日付朝日新聞朝刊「ボンマルシェ」特集のコーナーの転載です。

〈Woman’s Talk〉相手のない美容はないと言い切りたい 齋藤薫さん

一覧へ戻る

〈Woman’s Talk〉自分の感覚を喜ばせる時間を大切にしています 中越典子さん

RECOMMENDおすすめの記事