book cafe

<30>本のお供に手作りパイ 問屋街の憩いの場

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe30/">写真特集はこちら</a></strong>

 日本橋馬喰町や横山町といえば、東京都内でも有数の問屋街だ。衣料品や生活雑貨などを扱う店が集まっている。大半の店は一般客が購入できないが、中には週末限定で小売している店もある。

 「イズマイ」はそんな問屋街の一角にある。全面に大きな窓があり、店内の雰囲気がよく見える。店の奥には大きなカウンターがあり、上にはメニューが書かれた黒板。その隣には黒いスチールフレームのシェルフが並び、移動書店「BOOK TRUCK」の三田修平さんがセレクトした、食やライフスタイルに関する本が陳列されている。まるで、この空間だけ外国のカフェが引っ越してきたようだ。

 「馬喰町って本屋がないんです」

 そう話すのは、同店を運営するヒロユキコマツ(K.K.H.K)広報の宮地陽子さん(32)。同社は近くのビルの2階にオフィスを構え、1階で「フクモリ」というカフェ兼定食屋を運営しており、ここは2店舗目。2012年8月にオープンした。

 開店前の両店舗のオーナーは、馬喰町の老舗タオル会社・日東リビング代表の鳥山和茂氏さん(2014年に59歳で他界)。この界隈は戦後、繊維を中心とした問屋街として発展したものの、次第に他の大規模開発等に押され、空きビルが目立つようになっていた。ここで生まれ育った鳥山さんは、「街を再生したい」という気持ちを強く持っていた。

 鳥山さんがK.K.H.Kに店舗を貸す時の条件は、「街のコミュニティスペースを作ること」。

 「フクモリは山形県の食材を使ったカフェ兼定食屋。イズマイは馬喰町にない本屋を作る、というのがまずあって、バーのような雰囲気のカフェにしたんです」

 黒板のメニューに目を向けると、さまざまなパイの名前が並ぶ。ミートパイやチキンクリームパイなどの「おかず系」から、アップルパイやカスタードパイなどの「おやつ系」まで、常時7種の品揃え。KIHACHI出身のシェフが監修しており、毎朝店頭で焼いている。

 「本を読みながら食べられるものがいいと、手で持って食べられるアメリカンスタイルのパイにたどりついたんです」

 パイには香り高いコーヒーがよく似合う。同店では「すみだ珈琲」がパイに合わせてブレンドしたオリジナルコーヒーを用意。夜にお酒と一緒にパイを食べても、違った味わいが楽しめる。

 時間によって店を訪れる客はさまざまだ。ベビーカーで子どもと一緒に来店する女性、問屋街巡りのあとで休憩する人たち、最近近所にオープンしたユースホステルに宿泊する外国人観光客、ノートパソコン持参で仕事をするクリエイター……。夜になると、帰宅前に近所の住人たちが軽く一杯飲みに寄る。

 「オープン当初はこのあたりにアトリエを構えるクリエイターの方が多かったのですが、最近は近くのマンションに住む人も増え、いろんな方がいらっしゃるようになりましたね」

 店名の由来は「居ずまい」から。ゆったりとした時間が流れ、ここに来れば誰かに会える、という緩やかな人間関係も生まれつつある。

 「ここ数年、東京の東側が盛り上がりを見せていますが、今は蔵前周辺が注目されています。この店を中心に、馬喰町界隈をまた盛り上げていきたいですね」

 地域の活性化を願う鳥山さんの思いから生まれた「地域のコミュニティスペース」は、着実にこの地に根を張っている。

おすすめの3冊

<strong><a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe30/">写真特集はこちら</a></strong>

『PARIS』(市橋織江)
数々の広告や、アーティストの写真を手掛け、空気感のある写真が印象的な市橋織江さんの写真集。「フランスが好きで旅行に行った時、着飾らない、普段のパリが素敵だったのですが、この写真集を見ると、日常の何気ない雰囲気や空気感が蘇るんです」

『自然のとびら』(著/ケイ・マグワイア、イラスト/ダニエル・クロル、翻訳/さいとうみわ)
庭、森、農場、池、果樹園、街といったフィールドで、四季を通じて見られる情景を、色彩豊かなイラストとこまやかな文章で伝えた一冊。「一見子ども向けのような絵本ですが、春夏秋冬の季節の感じ方を教えてくれる本なんです」

『聡明な女は料理がうまい』(桐島洋子)
70年代に刊行され、今も根強く支持されている料理エッセイ。「食を通じて人生や食べることの大切さを教えてくれます。それに、食事と恋愛って似てますよね」

(写真 山本倫子)

    ◇

イズマイ(閉店)
東京都千代田区東神田1-14-2 パレットビル1F

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<29>昭和4年築の長屋に広がる幻想空間

一覧へ戻る

<31>独りを楽しむために、会話はご遠慮を

RECOMMENDおすすめの記事