book cafe

<32>宿場町ににぎわいを生む、現代の茶屋

ブックカフェ

 江戸・日本橋を起点とする東海道五十三次。第一宿の品川宿(しながわしゅく)は、当時は宿内に家屋が1600軒あり、人口も7000人規模と活気に満ちていた。また、「北の吉原、南の品川」と並び称されるほどの一大遊興地として知られ、ここ品川宿を舞台にした古典落語なども数多い。

 今も旧東海道と同じ道幅に連なる商店街の一角に、2015年8月、「KAIDO books & coffee」がオープンした。立ち上げたのはしながわ街づくり計画代表の佐藤亮太さん(31)を中心とした8人のメンバー。佐藤さんは品川で生まれ育った。

 「小さい頃、この商店街に総菜屋や肉屋、八百屋などがたくさん並び、買い物客でにぎわっていたのを覚えています。でも、近くにスーパーができたりして、人通りはあるのですが、目的を持ってここを歩く人は少なくなりました」

 商店主の高齢化や後継ぎの問題、建物の老朽化といった厳しい現実がある。

 「しょうがないといえばしょうがないんだけど、品川宿にはかつて東海道を旅する人が立ち寄り、たくさんの情報も集まっていました。今の渋谷や新宿のような人混みだったそうです。だからこそ、もっと賑やかな通りであってほしい。そこで、みんなが交流できる場所があればいいと思ったんです」

 佐藤さんはかつて、浅草で人力車の車夫として働いていたことがある。客を乗せ、江戸時代の痕跡をたどりながら街の歴史を案内しているうちに、「街の見方が変わった」と感じるようになった。

「昔の街並みや生活の様子など、知識を持って歩くといろんな想像ができるし、街が理解できるようになるんです」

 そこで、空き店舗の1、2階を改装してこの店をオープンした。コンセプトは“街道”。1階には熊本の「AND COFFEE ROASTERS」のオリジナルブレンドや全国各地から取り寄せたコーヒーが味わえるカフェスペースを設置。店の奥にある階段を上ると、約1万5000冊の本がずらりと並ぶ、図書室のような空間が広がっている。

 本は近くに店を構える「街道文庫」の蔵書。オーナーの田中義巳さん(65)が全国を旅し、30年かけてこつこつ集めてきた旅に関する本や郷土資料本、小説や地図の数々だ。店内で自由に読めるほか、購入もできる。

 オープンから約半年。1階で全国各地を紹介する展示などさまざまなイベントを開催していることもあり、人々が集う場として定着している。カフェスペースも地元の住民が立ち寄り、コーヒーを味わいながら一息つく姿がよく見られる。

 「1階は土間のような感じなので、犬と一緒に入ってもいいことにしているのですが、時々ブックカフェじゃなくてドックカフェと化していることがあります(笑)」

 ここ数年、商店街で若い世代の人たちが営むカフェが増えているという。今では5~6店あり、それぞれが個性を放っている。

 「江戸時代から宿場町には茶屋はつきもの。昔の茶屋は情報交換の場だったり、旅籠を仲介したりする役割を担っていました。だから、ここや近所のカフェも現代の茶屋になれば、もっと素敵な街になると思うんです」

おすすめの3冊

ブックカフェ

『TO magazine 品川特集号』(双葉社)
「ハイパーローカルなシティカルチャーガイド」を標榜する『TO magazine(トゥ・マガジン)』。東京23区知られざる文化を独自の視点で編集。「地元目線とは一味違った品川が取り上げられています。“愛の品川”というテーマで、師弟愛や仲間愛など、いろんな愛が取り上げられていて、実は私も登場しています(笑)」

『星の巡礼』(パウロ・コエーリョ)
スペインの北部を東西に横切る巡礼の道「星の道」。著者が巡礼の道を歩きながら、さまざまな発見をする物語。「もともと、いろんな発見ができる歩く旅が好きなのですが、これを読むと、歩く旅に出たくなります!」

『超高速! 参勤交代』<(土橋章宏)br>東北の湯長谷藩は、ある日お上から謂われのない難癖をつけられ、急遽5日以内に江戸へ参勤せよと命じられる。殿と家臣がさまざまな妙案で難所を切り抜けていく痛快小説。「当時の参勤交代がいかに大変だったかが、コミカルに分かりやすく描かれている一冊です」

(写真 山本倫子)

    ◇

KAIDO books & coffee
東京都品川区北品川2-3-7 丸屋ビル103号
http://kaido.tokyo/

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<31>独りを楽しむために、会話はご遠慮を

一覧へ戻る

<33>クラウドファンディングから始まった、つながる図書室

RECOMMENDおすすめの記事