あゆみ食堂のお弁当

<21>毎朝3人分。妻と子におかず作り分けるには

  

〈依頼人プロフィール〉
榎本さとしさん 49歳 男性
千葉県在住
会社員

    ◇

10月に無事結婚20周年を迎えました。夫婦共働きです。千葉県在住ですが、勤務は東京都内。ランチどきともなるとどこの店も大混雑で、毎日行列に並び1000円を払って、機械的に昼食を腹にかき込む毎日です。

私も妻もそんなに忙しくなく、味気ないランチが嫌で、「早く起きた方が弁当作りを担当する」という約束で、弁当作りを始めました。それももうすぐ18年になります。遅い夕食のおかずを少しだけ残して、冷凍食品を足して作る「手抜き弁当」。それでも1時間足らずの昼休みにゆっくり食べられるので、逆に贅沢な思いをしていました。

7年前に息子が産まれ、保育園に通うようになると、妻は息子の世話で手一杯。それからは朝食も含め、お弁当の仕事は自然と私の担当になりました。保育園は通常は給食ですが、イベントやお盆中はお弁当。妻と私の分、息子用にはキャラ弁を用意するとあって、4時には起床しててんやわんやの時間をすごしました。

給食のある小学校に入学したら楽になるかと思いきや、夏休みと冬休みは学童保育所用のお弁当が必要だとか! さすがにキャラ弁はもう勘弁してもらいましたが、結局今日までずっと3人分の弁当を作り続けております。

忙しいときは、さすがにしんどいなあと思うときもありますが、それでも息子が残さずお弁当を食べてきてくれると、やっぱり嬉しい気持ちが先に立つから不思議なものです。おかずは手間がかからないジャーサラダもどきや、マリネ、おひたし類、そこに鶏肉などの肉系のおかずをプラスするというものですが、保育園の頃から野菜中心のお弁当を持たせているせいか、息子は好き嫌いなく、野菜も進んで食べてくれます。お弁当の食べ具合で健康状態もチェックできますし、大変な分、いいこともたくさんあるのだなと思います。

これから先も頑張って3人分のお弁当を作っていくために、ぜひあゆみさんにお願いがあります。大人用と同じ食材で子供用のお弁当を作るアイデアを分けていただきたいのです。小学校に上がったとはいえ、大人と同じ味付けというわけにはいかず、いつも息子には息子用のおかずを作っています。それがけっこうな手間でして…。この間は、チキンソテーに大人はわさび、子供はマヨネーズの味付けをしてみました。こんな風に手軽に2種類の味を作れる技を、ぜひ伝授していただきたく思っています。

息子は小学1年生。相撲が大好きで、いつも大相撲中継を真剣に見ています。たまに相撲の相手をさせられるのは勘弁してほしいですが(笑)。好き嫌いはなく、肉は鶏肉が好きです。私の作る弁当にはない華やかさがあれば、きっと喜ぶと思います。よろしくおねがいします。

お父さんの気持ちが、とっても素敵です

チキンカツ用の鶏肉は、塩麹を揉み込んで一晩寝かせると、揚げても柔らかく、ジューシーな食感に仕上がります


チキンカツ用の鶏肉は、塩麹を揉み込んで一晩寝かせると、揚げても柔らかく、ジューシーな食感に仕上がります

<献立>
おとな用
オリーブごはん
タルタルソースのせチキンカツ
根菜と豆のスパイストマト煮込み
じゃがいもとベーコンのマスタード炒め
ブロッコリー

こども用
ふりかけごはん
ソースチキンカツ
根菜と豆のトマト煮込み
ポテトサラダ
ブロッコリー

<あゆ美さんのコメント>
なかなか手をかけてあげられないけれど、妻と子にそれぞれのお弁当を作ってあげたい!という、優しいお父さん。

スパイスを加えたり、味付けを変えたりするだけで、同じ食材を使っても少しずつ変化のあるお弁当ができるのではと思い、2種類の親子弁当を作ってみました。前日の夜に少しだけ下ごしらえをしておけば、こども用とおとな用、2種類のおかずを作ることも少しは楽になるかもしれません。

なるべく二人に喜んでもらえるものを作りたいというお父さんの気持ち、とっても素敵だと思います。今回のお弁当を参考に、少しずつご自分のレパートリーを増やしていってくれたら嬉しいなぁと思います。

<おとな用>オリーブごはん/タルタルソースのせチキンカツ/根菜と豆のスパイストマト煮込み/じゃがいもとベーコンのマスタード炒め/ブロッコリー<br><こども用>ふりかけごはん/ソースチキンカツ/根菜と豆のトマト煮込み/ポテトサラダ/ブロッコリー


<おとな用>オリーブごはん/タルタルソースのせチキンカツ/根菜と豆のスパイストマト煮込み/じゃがいもとベーコンのマスタード炒め/ブロッコリー
<こども用>ふりかけごはん/ソースチキンカツ/根菜と豆のトマト煮込み/ポテトサラダ/ブロッコリー

奥様と息子さんへ、お揃いのお弁当箱をサイズ違いで用意しました。ふたに数字が書いてあるので、足し算や引き算の練習にも使ってもらえたら


奥様と息子さんへ、お揃いのお弁当箱をサイズ違いで用意しました。ふたに数字が書いてあるので、足し算や引き算の練習にも使ってもらえたら

(ライター/小林百合子)

<20>50歳から自炊だったお父さん、おつかれさま!

一覧へ戻る

<22>不登校の甥っ子に、お弁当の楽しみを

RECOMMENDおすすめの記事