TOKYOワインバル・クルージング

〈TOKYOワインバル・クルージング〉地元密着型のワインコミュニティを目指して

 オーナーソムリエールの野崎美晴さんは、地元・町田市の出身。「ワインを飲む層の広がりは感じるのに、買える場所や飲める場所が少ない」との想いから、今年3月、町田街道沿いに角打ちスペースを備えたワインショップを開いた。ウォークインのセラーに並ぶワインはフランス、スペイン産を中心に約40アイテム。デイリーに楽しめる2000~3500円の価格帯が中心だ。
 推しはスペインの新潮流として注目を集めるナバーラの「プロジェクト・ソルサル」のワイン。創業は1989年と歴史は浅いが、長年の夢を叶えてワイナリーを開いた父親の意志を引き継ぎ、30代の息子たち3人が土着品種でフレッシュかつ高品質なワインを生産し、良心的な価格でリリースしている。同世代の志の高い造り手の存在に感銘を受けたという野崎さんは「知名度などに関わらず、自分が共感できるワインを伝えていきたい」と話す。
 角打ちといいながらアンティークのハイテーブルを中心に据え、ソファを2脚しつらえた店内は、落ち着いたワインバーという雰囲気。カフェでサービスの仕事をしながら料理研究家のアシスタントを10年務めた経歴を持つ野崎さんが、キャロットラペや野菜のフリットといった前菜から肉料理までワインに合うつまみを7~8種用意し、小皿で提供する。「ポイントさえ抑えれば簡単」と話す料理のレシピも、他愛もない世間話の流れの中でさらりと披露。店名はフランス語で「少しずつ」。「家庭でワインを楽しむきっかけ」を名の通り積み重ねていきたいと話す。チーズや調味料の販売、メーカーズディナーをはじめとするイベントの開催など、ワインとともにある時間が楽しくなる仕掛けを、どんどん充実させていく予定だ。

グラスワイン 6種680円~
ボトルワイン 40種1600円~※店内で飲む場合はプラス1000円
    ◇
アン プティ プ
東京都町田市原町田4-23-2
TEL:042 – 728 – 6162
営業時間:12:00~18:00 金曜・土曜~22:00
定休日:水曜・日曜
交通:町田駅から徒歩10分

■この記事は、『ワイン王国』2016年5月号に掲載されています

〈TOKYOワインバル・クルージング〉【ワインバルマップ】あの街でワインを楽しもう

一覧へ戻る

〈TOKYOワインバル・クルージング〉下町酒屋三代目夫婦が営む、レトロモダンな角打ちバル

RECOMMENDおすすめの記事