book cafe

<40>現実をしばし忘れて… 銀座の地下の幻想空間

<40>現実をしばし忘れて… 銀座の地下の幻想空間

 東京・銀座の雑居ビルの地下。緊張感を抑えつつ、重厚な扉をゆっくりと押し開けると、華奢(きゃしゃ)なウエストをさらにコルセットで締め上げた女性が視線を向けてきた。長めの黒髪ボブが似合うミステリアスなたたずまい。だが、その微笑みに、緊張感は一瞬にして安堵感に変わった――。

 髑髏(どくろ)がひしめく黒い柱、幻想的な絵画の数々、アンティークの革張りソファ、そして壁一面の書架。銀座の華やいだ雰囲気とは一線を画した、威厳に満ちた空間の名は「BAR十誡(じっかい)」。“好事家の書斎”をコンセプトにしたブックライブラリースタイルのカフェバーだ。2015年11月にオープンした。

 「蔵書はオーナーが個人的に集めてきたものがベースになっています。また、家具や調度品、店内のインテリアはオーナーが独自の感性でセレクトしたものです」

 こう話すのは、この店を取り仕切る“女主人”の土方陽菜さん。オーナーの美学が随所に生かされた空間だが、店舗は土方さんが中心となって運営している。

 「たまにカウンターで飲んでいたり、営業前の店内で自分の書斎のようにくつろいでいることはありますが、本人は表に出ることをあまり好まないようです」

 高い審美眼に裏打ちされた耽美(たんび)的な薫りが、この空間を満たす。それに惹(ひ)かれる人たちが店を訪れ、思い思いに時を過ごす。

 球体関節人形の作家という別の顔を持つ土方さんも、この雰囲気に吸い寄せられた一人だ。しかし、こうした世界観が時に誤解を招きかねないことも承知している。

 「会員制だと思われたり、一部の趣味的な人たち向けのお店と勘違いされることも。もちろん、どなたでもご利用いただけます」

 昼はカフェとして営業。友達同士とおぼしき女性客がソファーでくつろぎ、会話を楽しむ姿も見られる。夜になると男性の一人客やカップルが増える。腕利きのチーフバーテンダーが作るカクテルや、品揃えが充実したウイスキー目当ての客も多い。

 土方さんは、自分がそうだったように、耽美的な世界に惹かれる人たちは、独自の嗅覚でこの店を探し出して来てくれると分かっている。だからこそ、なじみがない人にももっと広く知ってもらえたらと思っている。

 「昔はこういう趣味嗜好(しこう)は一部の人たちのもので、アンダーグラウンドな世界と思われていました。今はインターネットの普及でこうした世界観に手軽にアクセスできるようになりましたが、逆にリアルな感覚からは遠ざかってしまったような気がします。でも、この店に来れば、こうした世界観にじかに触れることができます。オーナーがこの空間を作ったのも、一人でも多くの人に、こうした世界観の魅力を楽しんでもらいたいという思いがあってのことなんです」

 ツイッターで蔵書を一冊ずつ紹介したり、チェロの演奏会や調香ワークショップなどのイベントを開催しているのもその一環だ。

 数寄屋橋交差点に3月末にオープンした「東急プラザ銀座」の目と鼻の先にある同店。最新流行スポットのすぐ横にある “秘密の地下図書館”の存在を初めて知った時の驚きと喜びは、かなりのインパクトをもたらしてくれることだろう。

■おすすめの3冊

ブックカフェ

『BALLET』(George Platt Lynes)
1940年代に活躍したアメリカの写真家による、バレエダンサーの写真集。「日本ではあまり紹介されていない写真家の作品。今見ても斬新な衣装や、男性ヌードもあるポートレイトで、とても魅力的です」

『ヴィスコンティの遺香』(篠山紀信)
ヴィスコンティ一族の全面協力により、世界で初めて彼の生活空間や遺品、秘蔵アルバムが公開され、篠山紀信が撮影した。「ヴィスコンティの完璧で贅沢(ぜいたく)極まりない世界観が垣間見える、素晴らしい一冊です」

『銀座界隈』(木村荘八)
東京出身の洋画家、随筆家の木村荘八が編著した銀座本。銀座の今昔を、写真や絵や言葉を交え記したもの。「銀座中通りの写真をつなぎ合わせ、約4mのパノラマ状に仕立てた別冊の『アルバム・銀座八丁』がすごいんです! 今の銀座と比較すると面白いですよ」

(写真 石野明子)

    ◇

BAR十誡
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビルB2F

>>写真特集はこちら

>>book cafeまとめ読み

PROFILE

吉川明子

兵庫県生まれ。コンピューター・デザイン系出版社や編集プロダクション等を経て2008年からフリーランスのライター・編集者として活動。旅と食べることと本、雑誌、漫画が好き。ライフスタイル全般、人物インタビュー、カルチャー、トレンドなどを中心に取材、撮影、執筆。主な媒体に週刊朝日、アサヒカメラ(「写真好きのための法律&マナー」シリーズ)、婦人公論、BRUTUS、mi-molletなど。
https://www.instagram.com/a_yoshikawa0227/
https://note.mu/akikoyoshikawa

<39>年末に閉幕、アートを愛する人の交差点

一覧へ戻る

<41>元SEのマスターが始めた「隙の多い店」

RECOMMENDおすすめの記事