あゆみ食堂のお弁当

<34>東京で働く妹たちへ。いつか今の一生懸命な日々を思い出すように

  

〈依頼人プロフィール〉
栗屋友梨さん 32歳 女性
岡山県在住
介護士

    ◇

私は5人兄弟で、2人の妹がいます。 お弁当を贈りたいのはその妹達です。 私と上の妹とは4歳、下の妹とは6歳離れています。 現在は2人とも東京で働いています。上の妹は大学進学の際に上京、下の妹は今春から転勤で東京勤務となりました。私は岡山県で新米母として生活しています。

妹や家族、全員で顔を合わせられるのは一年に一度あるかないかくらい。(兄は静岡、弟は兵庫に在住)それでも、とくに寂しいと感じることがないのは、メールなどでしょっちゅう連絡しあっているからなのかもしれません。誰かが実家に帰れば、両親や飼い猫の写真を送りあい、髪の毛を切りたいと誰かが言い出せば、似合いそうな髪形を画像でプレゼンテーション。子供たちと道で見つけた生き物の話や、たまに愚痴なども。みんながアラサーなはずなのに、内容がほぼ子ども(笑)。しかし時には悩みに対するアドバイスが妹たちのほうがぐっと大人だったりと、バリエーション豊富な雑談を飽きもせず、でも気兼ねなくメールの中でおしゃべりしています。

私もかつては東京での生活に憧れておりましたが、自分の努力不足で実現することはできませんでした。 その分、大都会の中で、小さい部屋ながらも自分達の生活場所を確保し、自分が選んだ仕事に毎日立ち向かう彼女達はとてもまぶしく、たくましく見えます。出張先の風景や、残業を終えた後の一言、土曜の夜の居酒屋の様子などから彼女達の頑張りが伝わり、普段子供との生活が主な私にとっては新鮮で、大げさかもしれませんが自分も一緒に頑張った気になることもしばしばです。

そんな妹達にお弁当を贈らせてもらえないでしょうか。 遅くまで働くなかで、なかなか自分の為に手をかけて食事を作ることは難しいと思います。上の妹が実家と「東京ではしょうゆの味が違っていて、お総菜を買って食べたけど少しイメージとは違ってた…」とこの前こぼしていました。実家は九州特有の甘いしょうゆを使用しているからなのかもしれません。彼女達が一息ついてほっとできるような、そしていつか今よりずっと大人になった時に、そのお弁当の話と一緒に、今の一生懸命な日々を思い出すようなお弁当をお願いできるとうれしいです。

上の妹は27歳でパタンナー。真面目で意思の強い子です。下の妹はプログラミング関係の仕事をしていて、楽天的で周りに可愛がってもらえるタイプの子です。ふたりとも休日にはおいしいごはんやお酒を飲みにいくのが好きで、ときどきふたりで飲みにいったよという写真を送ってくれます。どうぞよろしくお願い致します。

家でまったり飲む時に食べられる、晩酌弁当

とうもろこしは丁寧に実を外し、芯も一緒に炊くのがコツ。芯からおいしいだしが出て、より香り高いとうもろこしごはんになります。さらにバターと塩麹、こしょうを加えて炊くとコクもアップ


とうもろこしは丁寧に実を外し、芯も一緒に炊くのがコツ。芯からおいしいだしが出て、より香り高いとうもろこしごはんになります。さらにバターと塩麹、こしょうを加えて炊くとコクもアップ

<献立>
とうもろこしごはん
よだれ鶏風ゆで鶏
夏野菜のトマト煮
黒酢卵入りパクチーきゅうりサラダ

<あゆみさんからのメッセージ>
東京で仕事を頑張っている2人の妹さん。2人ともお酒が好きということで、今回は2人で、家でまったり飲む時に食べられる晩酌弁当というイメージで考えてみました。

イメージは、品のいい飲み屋さんでちょこちょこつまむ小皿料理。エスニックな味わいの黒酢卵をのせたパクチーとキュウリのサラダ、中華風の味わいのよだれ鶏風ゆで鶏は、ビールが進む味付けです。野菜のトマト煮は、夏野菜のジューシーさや苦み、香りを楽しめるひと皿。一人暮らしで不足しがちな野菜をおいしく補ってほしいという願いも込めました。そしてこの季節にしか食べられない、旬のとうもろこしごはんは、飲んだ後の〆にどうぞ!

今回はお弁当箱ではなく、ホーローの密閉容器を使ったので、冷蔵庫に保存してそのまま食卓にのせることもできます(ごはんは固くなるので冷蔵庫には入れないように)。シンプルなデザインなので、日々のお弁当箱にも使ってもらえると思います。

外で飲むのも楽しいけれど、たまにはホッとする家飲みも楽しんでもらえたらうれしいです。

■とうもろこしごはん
*材料(作りやすい分量)
米 3合
とうもろこし1/2
塩こうじ 大さじ1強
バター 10g
塩 ひとつまみ
こしょう 少々

*作り方
1 とうもろこしはあらかじめ実を外しておく。

2 米を研ぎ10分ほど水切りをしたら炊飯器の釜に入れ、指定通りの水を入れる。
とうもろこしの実と芯・塩こうじ・バター・塩・こしょうを加え、20分ほど浸水させてから炊く。

3 炊き上がったら芯を取り出し、全体をサックリと混ぜてできあがり。

とうもろこしごはん/よだれ鶏風ゆで鶏/夏野菜のトマト煮/黒酢卵入りパクチーきゅうりサラダ


とうもろこしごはん/よだれ鶏風ゆで鶏/夏野菜のトマト煮/黒酢卵入りパクチーきゅうりサラダ

野田琺瑯(ほうろう)の小さめ容器を4つ用意して、それぞれにおかずとごはんを入れました。味が混ざらず、残ってもそのまま冷蔵庫に保存できるので、楽チンです


野田琺瑯(ほうろう)の小さめ容器を4つ用意して、それぞれにおかずとごはんを入れました。味が混ざらず、残ってもそのまま冷蔵庫に保存できるので、楽チンです

(ライター/小林百合子)

<33>季節を感じる楽しみを教えてくれた祖母、90歳の誕生日に

一覧へ戻る

<35>小食で偏食の高2息子よ、食べてほしい!

RECOMMENDおすすめの記事