あゆみ食堂のお弁当

<36>厳しく育ててくれた父に贈る、初めての手作り弁当

  

〈依頼人プロフィール〉
鈴木美波さん 29歳 女性
東京都在住
書店員

    ◇

地元の埼玉で大工をしている父。いつも作業着で、爪の中まで汚して仕事をしているその姿が、よその家の「普通のお父さん」とは違って見えて、思春期の頃は複雑な心境でした。

職人気質で曲がったことが大嫌い。小さな頃からしつけに厳しくて、茶わんや箸の持ち方やあいさつの仕方など、口酸っぱく言われたことをよく覚えています。頑固一徹ではありますがどこかお人よしで、町内会で何か頼まれごとをしたら断れない。夏休みには、カブトムシを捕りに行ったり、得意の木工を教え、一緒になって自由研究を作ってくれたりする父が、結局のところ好きでした。

大学の頃まではあまりゆっくり話をすることがなかったのですが、就職してからはよく話をするようになり、今では仕事のことを中心によく相談に乗ってもらっています。思えば、就職活動で迷っていたときに背中を押してくれたのも父でした。

本を届ける仕事にやりがいを感じ、選んだ書店員という職業。都会の小さな書店ということで、不安もあったと思いますが、父は「自分で決めたんだったら、悔いの残らないようにやりなさい」と言って、やりたいようにさせてくれたのでした。

そんな私も今年で書店員7年目。マネージャーとしてお店を任せてもらえるようになりました。仕事が落ち着いたこともあって、おととし、初めて父と母を連れて旅行に出かけました。ふだん、自分の意見をあまり言わない父ですが、「どうしても神戸に行きたい!」と言ってききません。理由を聞くと「フランク・ロイド・ライトの弟子が手がけた建築が見たいから」とのこと(ライトは世界的に有名な建築家ですが、恥ずかしながら私は書店員になるまでその名前さえ知りませんでした)。

建築家ならまだしも、田舎の大工の父がフランク・ロイド・ライトの存在を知り、その建築に憧れていたなんて! 改めて父を尊敬するというか、すごくかっこいい人だなと素直に思えた出来事でした。でも思えば、昔から「好きなことは貫き通す」という人だったな。父は昔から何も変わっていなくて、私がこの歳になって始めて、父の人としての大きさや魅力に気が付いただけなのかもしれません。

60歳になった父は今日も現場で汗を流しています。小さな頃、「よそに出しても恥ずかしくない娘に育ってほしい」と厳しく育ててくれた父。上手に作れるかどうかわかりませんが、大人になった今、初めて手作り弁当を贈りたいと思います。外作業にはまだまだ辛い残暑なので、スタミナがつきつつ、塩分や糖分をしっかり取れるお弁当がいいなと思っています。お肉が大好きな人ですが、最近は脂っこいものはあまり好まないようです。さっぱりと食べられて、でもパワーが出る献立を教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

ボリュームがありつつも、さっぱり食べられる味

鰆ときゅうりの春巻きにはしょうがを入れて臭み消しに。きゅうりの食感が爽やかです。鰆は前の晩から塩麹につけておくと、ふっくら仕上がります


鰆ときゅうりの春巻きにはしょうがを入れて臭み消しに。きゅうりの食感が爽やかです。鰆は前の晩から塩麹につけておくと、ふっくら仕上がります

<献立>
梅干しごはん
青菜のマスタードあえ
鶏むね肉のゆずこしょう焼き
甘長唐辛子炒め
コリンキーのナムル
ごぼうの空揚げ
なすのみそ炒め
鰆(さわら)とキュウリの春巻き

<あゆみさんからのメッセージ>
一日中外で働くお父さんへ贈るお弁当。しっかりとボリュームがありつつも、夏でもさっぱり食べられるお弁当を考えました。お肉には脂身の少ない鶏のむね肉を。物足りなくないようにゆずこしょうで風味をつけて、ごはんが進む味に。食後におなかがもたれないよう、ほかは野菜中心の献立ですが、みそで炒めたり、マスタードであえたりして、食べ応えがでるように工夫しみました。

全体の色合いは渋めですが、それぞれの色を引き立てあうようなイメージで詰めてみました。毎日野外で頑張るお父さん、今日も一日元気に仕事ができるように、是非作ってあげてください!

■鰆ときゅうりの春巻き
*材料(4~6本分)
鰆 1切れ
きゅうり 1~1.5本
しょうが 2片ほど
塩麹(こうじ)  大さじ1弱

*作り方
1 鰆は長さ3センチ程度に切り、塩麹であえて冷蔵庫で一晩置く。

2 きゅうりを縦半分に切ってから真ん中の種の部分をこそげ取り、3~4センチほどの細切りにする。しょうがは千切りにしておく。

3 春巻きの皮を角が手前にくるように置き、きゅうり→しょうが→鰆の順で置いて巻く。巻き終わりは水溶き片栗粉でのりをする。

4 170度くらいの油できつね色になるまで揚げる。粗熱が取れてから食べやすい大きさに切る。

梅干しごはん/青菜のマスタードあえ/鶏むね肉のゆずこしょう焼き/甘長唐辛子炒め/コリンキーのナムル/ごぼうの空揚げ/なすのみそ炒め/鰆(さわら)とキュウリの春巻き


梅干しごはん/青菜のマスタードあえ/鶏むね肉のゆずこしょう焼き/甘長唐辛子炒め/コリンキーのナムル/ごぼうの空揚げ/なすのみそ炒め/鰆(さわら)とキュウリの春巻き

フランク・ロイド・ライトの建築がお好きとのことで、ナチュラルな雰囲気のわっぱを選びました。食べ終わったらスタッキングしてコンパクトに収納できます


フランク・ロイド・ライトの建築がお好きとのことで、ナチュラルな雰囲気のわっぱを選びました。食べ終わったらスタッキングしてコンパクトに収納できます

(ライター/小林百合子)

<35>小食で偏食の高2息子よ、食べてほしい!

一覧へ戻る

<37>恋に落ちた瞬間も結婚後も、そこにカレーが

RECOMMENDおすすめの記事