クリトモのさかな道

〈クリトモのさかな道〉食の展示会で見つけたおいしい水産加工品

 水産加工品、今とても注目している分野です。生魚を自分で調理して食べるのとはまた違った楽しみがありますよね。いつか私も加工品作ってみたいなあ……。ということで、今回は東京ビッグサイトで開催された「外食ビジネスウィーク」で見つけた、とってもおいしかったものをご紹介します。何品も試食し、これは! と思ったものばかりです。

■金華さばの燻製
 宮城県の有名な「金華さば」。金華さばは、ほかのさばと比べても特に脂が乗っています。それを桜のチップで燻製(くんせい)したものを、真空パックで販売。燻製のいい香りと、さば独特の魚臭さがとっても合っています。クリームチーズと一緒に撹拌(かくはん)してペーストにしたらおいしいだろうなあ。宮城・石巻の水産会社、本田水産の製品です。

■かきエキス
 化学調味料を使わない、100%かきのかきエキス。ちょっとなめるだけで、もう口の中が大爆発! すんごーくおいしいんです。ずっとなめていたくなるような、いい意味で中毒性を秘めています。料理の隠し味におすすめだそうです。かきのクリームグラタンのクリームに入れたり、リゾットを作ったりしてみたいなあ。あー、考えただけで口の中がかき!
 こちらも本田水産の製品。味のセンスいいわ~! 脱帽です。プロジェクトに参加させてくれないかしら……。今度ホームパーティー用に取り寄せてみたい!
http://www.hondasuisan.com/

■ハタハタいろいろ
 ハタハタといえば秋田県! 以前、私のコラムでもご紹介したことがあります。ここのブースでハタハタの食べ方、いろいろと勉強させていただきましたよ。
 ハタハタのオイル漬けは、かめばかむほどハタハタの味がじゅわっと湧いてきて、食べ応えあり。写真を撮り忘れてしまったけど、ハタハタ寿司というお米の発酵寿司もいただきました。野菜と一緒に漬け込んであって、とてもおしゃれな味がします。バルとかで出てきたらうれしいかも。ワインにも合いそうです。通販やっていますね。
http://www.hatahata.net

■ほたるいかの魚醤
 兵庫県但馬漁業共同組合のブースで発見した、きれいなたたずまいのおしょうゆ。なにかと思ったら、ほたるいかの魚醤(ぎょしょう)でした。なめてみると、ふわっとホタルイカの甘い香りが。さわやかな冷たいカッペリーニや、そうめんのお汁の隠し味、サラダドレッシングに使ってみたいですね。大徳醤油さんで通販しています。
http://daitoku-soy.com/
    ◇

 &wの創刊以来、3年以上にわたり栗原友さんが執筆している連載「クリトモのさかな道」が書籍化されます。コラムにはないコンテンツも加わり、充実の内容です。9月20日発売。ご期待ください。
 出版を記念し、9月25日(日)、大阪ガスが運営する「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)で、栗原友さんの料理教室が開かれます。メニューは「アジのなめろう」「アジフライ」「簡単な刺し盛り」など。魚のさばき方の基本から学びます。
詳細・お申し込みは、こちらから

PROFILE

栗原友

料理家
1975年生まれ、東京都出身。2012年から4年間、築地「斉藤水産」に勤務した。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や、魚を用いた食育に力を入れている。また、東京・浅草の遊園地「花やしき」内の居酒屋「夜のさわぎ」をはじめとする飲食店のプロデュースなど、幅広く活動中。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。

〈クリトモのさかな道〉夏の終わりに食べたおいしいもの

トップへ戻る

〈クリトモのさかな道〉脂ノリノリのオナガダイ

RECOMMENDおすすめの記事