あゆみ食堂のお弁当

<38>娘のすてきな上司に食べてほしい、コシヒカリ弁当

  

〈依頼人プロフィール〉
H.Tさん 40代 女性
神奈川県在住
フリーランス

    ◇

『手のひらの/飯粒をとる/小さな手』。こんなすてきな川柳を詠む娘の上司Hさんにお弁当を贈りたいと思います。

私の娘は一人っ子でわがままで、のんき。そんな娘が短大を卒業し社会人になって7年。その間、会社を辞めたいとも言わず、楽しそうに出勤できているのも、Hさんにご指導いただいているからだと思うのです。娘も毎日忙しく、なかなかゆっくり話す機会がありませんが、時間が許せば会社での出来事や、アフターファイブの楽しい話を聞かせてくれます。とりわけ娘とHさんとの心がゆるむエピソードや、Hさんが娘に教えてくれる知識深いお話を聞くのが大好きです。

Hさんは娘とは親子ほど年が離れているにもかかわらず好奇心旺盛で、なんというかユーモアのある方です。川や山へお出かけするのが趣味で、食べることも大好き。自然の中にあるおいしいものを知りたいと、キノコ検定や野草検定を受けられて、実際にご自身で採られたギンナンやトチの実、ハマダイコンを届けてくださったこともありました。

いつだったか、我が家に足の長いクモが出て騒いだことがあったのですが、翌日娘が会社でその話をすると、Hさんが「それは害虫ではないから駆除してはいけないよ」と教えてくれたそうです。私はお目にかかったことはありませんが、娘を通してHさんの博識を分けていただいているようで、私もとても楽しい日々を過ごさせていただいております。

娘の上司にお弁当? と思われるかもしれませんが、実は冒頭の川柳、新潟県米消費拡大推進協議会が主催する「お米ごはん川柳」で最優秀賞に選ばれた作品なのです。最優秀賞の賞品は魚沼産コシヒカリ60kgで、そのうち20kgをお裾分けいただきました。当初は児童養護施設の皆さんにと考えられていたそうですが、お米は間に合っているとのことで娘がちょうだいすることになり、我が家でおいしくいただきました。毎日お弁当を持っていく主人と娘は、空のお弁当箱を私に渡しながら「ご飯がおいしかったよ!」と喜んでいました。

部下を本当の娘のように可愛がってくれて、ありがとうございますという気持ち。そしていつも楽しいお話で家族を笑顔にしてくれる感謝を込めて、食いしん坊のHさんにおいしいお弁当を贈りたいと思います。お礼をかねて、いただいたお米を使いたいので、おいしいごはんが主役になるようなお弁当のアイデアを教えていただけるとうれしいです。

Hさんは郷土料理にも大変興味があるそうで、出張の際は各地で食べた郷土料理の写真を娘に送ってくれることもあります。何かしらそういった要素を入れられたら、Hさんも喜んでくれるかなと想像しております。どうぞよろしくお願い致します。

季節の食材をのせて「わっぱ飯」風に

ピーナッツ味噌に使うのは無塩ピーナツバター。味噌とみりんを混ぜて和風味にすると野菜にもよく合います


ピーナツみそに使うのは無塩ピーナツバター。みそとみりんを混ぜて和風味にすると野菜にもよく合います

<献立>
ごはん
秋サケの粕(かす)漬け焼き
かぼちゃの素揚げピーナツみそ
焼ききのこのスダチポン酢あえ
インゲンのごまあえ
卵焼き
ナスと甘唐辛子の揚げ浸し
みょうがの梅酢漬け

<あゆみさんからのメッセージ>
お米が主役のお弁当ということで、今回はご飯を敷き詰めた上に季節の食材をのせた「わっぱ飯」風のお弁当を考えました。わっぱ飯は新潟・会津の郷土料理です。いただいたお米も新潟産ということで、今回はあゆみ食堂風にアレンジしました。

かぼちゃにのせたみそには味付けされていないクランチタイプのピーナツバターを加えて混ぜました。ナッツとかぼちゃは相性がよく、素朴な味わいとともに食感も楽しめます。これからの季節は新米でますますお米がおいしいですね! ぜひ季節の野菜をいろいろのっけて、彩り豊かなわっぱ飯作りに挑戦してみてください。

■かぼちゃの素揚げピーナツみそのせ
*材料(作りやすい分量)
かぼちゃ お好みの量
ピーナツみそ 適量
(みそ 大さじ1  ピーナツクランチバター(無糖のもの) 小さじ2
キビ砂糖 小さじ1  しょうゆ 小さじ1/2  みりん 小さじ1)

*作り方
1 かぼちゃは5~8ミリくらいの厚さに切って素揚げする。

2 ピーナツみそはすべての材料をボウルなどに入れて混ぜ合わせる。

3 1のカボチャに2をつけて食べる。

*野菜はカボチャ以外にサツマイモでもおいしいです!

ごはん/秋鮭の粕漬け焼き/かぼちゃの素揚げピーナッツ味噌/焼ききのこのスダチポン酢和え/インゲンの胡麻和え/卵焼き/茄子と甘唐辛子の揚げ浸し/みょうがの梅酢漬け


ごはん/秋ザケの粕(かす)漬け焼き/かぼちゃの素揚げピーナツみそ/焼ききのこのスダチポン酢あえ/インゲンのごまあえ/卵焼き/ナスと甘唐辛子の揚げ浸し/みょうがの梅酢漬け

わっぱ飯ということでラウンド型のお弁当箱を。ごはんを敷いたうえに、好きなおかずを乗せて楽しんでください


わっぱ飯ということでラウンド型のお弁当箱を。ごはんを敷いたうえに、好きなおかずを乗せて楽しんでください

(ライター/小林百合子)

<37>恋に落ちた瞬間も結婚後も、そこにカレーが

一覧へ戻る

<39>私の闘病を支えてくれている夫と両親、4人の息子たちへ

RECOMMENDおすすめの記事