あゆみ食堂のお弁当

<43>もし天国までお弁当が届くなら、父に

  

〈依頼人プロフィール〉
中村里美さん 49歳 女性
神奈川県在住
会社員

    ◇

今年2月に父が他界しました。昨年8月から入院し、一度も帰宅できないまま、約4カ月近く食事がとれず、最期も病室で……。そんな父が最後に食べたいと言って、本当に少量でしたが口にしたのが、私が作って差し入れたお稲荷さんでした。

食べることが大好きだった父にとって、厳しい食事制限のある入院生活は、つらいものだったと思います。食欲はかなり落ちていましたが、お稲荷さんを食べて「おいしい!」と満足げに目を細めていた父。今は仏壇に小さく収まってしまいましたが、父の好きだったものを詰めたお弁当を贈りたいと思っています。

若い頃は料亭で修行をし、割烹(かっぽう)を切り盛りしていたこともあって、父はとても料理が上手でした。とくに忘れられないのはお正月の数の子で、自分で塩抜きから味付けまでこなしたそれは絶品だったな。荒巻ジャケを1本仕入れて、あれこれ調理してくれたこともありました。あ、玉ねぎをじっくり炒めて作るカレーも。

私は若くして結婚したせいか、当時父は大反対。夫に対しても心を許せず、結婚後数年は絶縁状態が続きました。孫が生まれたのをきっかけにわだかまりが解けましたが、私が父に手料理を振る舞ったことはほとんどありませんでした。

父が入院し、好きな物を自由に食べられなくなったと聞き、好物だったコーンスープや豚の角煮をときどき差し入れるようになりました。思えばそれが父に作ってあげた最初の料理だったかもしれません。自分よりずっと料理がうまい父に食べてもらうのはドキドキしましたが、「おいしい」といって食べてくれたことが、とてもうれしかったです。

本当はもっともっといろいろなものを作って食べてもらいたかった。よく家族を連れていってくれたおいしい焼き肉屋さんや中華屋さんにもまた行きたかった。今はもうかなわないことになってしまいましたが、もし天国までお弁当が届くなら、「好きなものを思う存分食べてね、おつかれさま、ありがとう」という気持ちを込めて、手作りのお弁当を贈りたいなと思うのです。

とにかくお肉が好きな人で、お弁当は和洋折衷というか、いろいろなテイストのものをちょこちょこ食べたいというタイプでした。食事制限で薄味のものばかり食べていたので、ごはんが進む濃いめの味付けのおかずを入れてあげたいなと思っています。あゆみさん、どうか父の喜ぶお弁当のアイデアを分けていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

筑前煮にローストビーフ、濃い味に疲れたら青菜のおひたしを

青菜は小分けにしてゆで、ザルにあげて冷まします。冷水にさらすと色止めにはなりますが、自然に冷ましたほうが野菜のうまみをキープでき、さらに水っぽくなりません


青菜は小分けにしてゆで、ザルにあげて冷まします。冷水にさらすと色止めにはなりますが、自然に冷ましたほうが野菜のうまみをキープでき、さらに水っぽくなりません

<献立>
お稲荷さん2種(ゆず・ごまと紅しょうが)
ローストビーフ
エビフライ・タルタルソース
筑前煮
青菜のお浸し

<あゆみさんからのメッセージ>
美食家で食べることも作ることも大好きだったというお父様へ。最後に召し上がったというお稲荷さんをメインに、お父様の好きそうなメニューをイメージしてみました。煮物はしっかりめの味付けの筑前煮。お肉好きということで、豪華にローストビーフを入れました。少しだけ揚げ物が入ると食感や味もまた違ってうれしいかなと思い、お弁当の定番・エビフライにタルタルソースを添えました。濃い味に疲れたら青菜のおひたしでお口直ししてもらえたらと思います。
お重は漆の一段重。ご家族みなさんで楽しいごはんを食べていただけたらとイメージして選びました。是非家族みんなでお父様との楽しい思い出話をしながらお弁当を囲んでもらえたらうれしいです。

■青菜のおひたし
*材料(作りやすい分量)
小松菜(ホウレン草やチンゲンサイでも可) 1束
だし 2カップ
薄口しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ2
塩 少々
梅干し 1~2粒

*作り方
1 小松菜は根元の部分を水に浸し、根元に入り込んだ砂を落とす。
(10分ほど浸しておくと自然に落ちますが、最後に一度根元を確認して洗ってください)

2 浸し地を作る。小鍋にだし・薄口しょうゆ・酒・塩を加えてひと煮たちさせる。
粗熱が取れたところに梅干を加えておく。

3 鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰しているところに茎の部分を20秒ほど浸す。
その後全体を湯に沈め、10秒ほどで上げてザルに広げる。
(*小松菜はいっぺんに湯通しせず、3束ずつくらいに分けてやったほうが湯の温度が下がらず、食感を均一にできます)

4 2の浸し地をバットなどに入れ、その中に3の小松菜を入れて30分ほど浸す。

お稲荷さん2種(ゆず・ごまと紅しょうが)/ローストビーフ/エビフライ・タルタルソース/筑前煮/青菜のお浸し


お稲荷さん2種(ゆず・ごまと紅しょうが)/ローストビーフ/エビフライ・タルタルソース/筑前煮/青菜のお浸し

お仏壇の前に置いても浮かないよう、渋い漆のお重を。これからお父様に代わって、これにおせち料理を詰めてもらってもいいかなと思いました


お仏壇の前に置いても浮かないよう、渋い漆のお重を。これからお父様に代わって、これにおせち料理を詰めてもらってもいいかなと思いました

(ライター/小林百合子)

<42>働くママでも朝、手軽に作れる子ども弁当って?

一覧へ戻る

<44>結婚27年になる夫に贈る、マンネリ脱出弁当

RECOMMENDおすすめの記事