鎌倉から、ものがたり。

鎌倉で「暮らすように旅する」。Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR(前編)

 若宮大路から長谷方面に抜ける由比ガ浜通りは、昭和時代に栄えた鎌倉のメインストリート。鎌倉彫、刀剣、蒲鉾店、甘味処など、由緒ある老舗が店を構える一方で、時代とともに空き店舗も目立つようになっていた。ところがこの1、2年、それらの空いた建物を、「いま」に合わせて再利用する動きが加速している。
 2016年の夏にオープンしたゲストハウス「Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR」(ホステルユイガハマ+ソバ バー)も、そのひとつだ。六地蔵交差点からすぐの立地。植栽に彩られた前庭の奥にある白壁の建物は、以前、観光人力車の格納庫兼事務所だった。
 玄関を入ってすぐに帳場とラウンジ、その右手に「SOBA BAR ふくや」のスペース。蔵のような空間が、親密な雰囲気をかもし出す。
 部屋は、1階の左手に8床のドミトリーと、2階にツインとダブルの計5室。木造の幅広い階段、座布団を敷いた談話室、屋外のベランダに設けられた洗面所など、ひとりで訪れても、みんなで合宿に来ているような気分になってしまう。
 「設備は完璧ではないのですが、『暮らすように旅する』気持ちで、鎌倉の時間を過ごしていただきたい。そんな思いで古い建物をリノベートしました」
 そう話す支配人の渡部辰徳さん(36)は、ホステルユイガハマをプロデュースした「エンジョイワークス」の社員である。

MEET LOCAL――地元に出会おう、が合言葉

 由比ガ浜通りに拠点を置く同社は、鎌倉ならではのユニークな経営を掲げる不動産プロデュース・まちづくり会社だ。創業者で代表の福田和則さん(42)が、東京の金融機関に勤務した後、葉山暮らしを経て、2007年に立ち上げた。
 「住の民主化」を標榜するエンジョイワークスが手がける仕事は、従来の不動産会社のそれとはひと味違う。
 たとえば、定型の躯体(外側)に対して、インフィル(内側)を施主の自由にレイアウトできる住宅の「スケルトンハウス」。そのスケルトンハウスを複数棟まとめて、隣家との境界に塀を設けず、広々とした住み方を提案する「ヴィレッジ」。あるいは、物件探しから設計・施工、資金調達までワンストップで行う「リノベーション」。いずれも、住まいを提供する側が工夫をほどこし、住む側が創意をもって日常生活をつくり出す仕組みだ。その根底には、「住み方とまちづくり」に対する革新がある。
 由比ガ浜通りでは、ホステルに先駆けて、老舗の魚店をリノベートした「HOUSE YUIGAHAMA(ハウスユイガハマ)」を14年にオープンした。ここは、カフェ、建築関連書籍のライブラリー、ギャラリー、オフィスを混合し、地元の人たちが集う場としても機能する。
 「MEET LOCAL――地元に出会おう、というのが僕たちの合言葉。ホステルの運営にしても、観光地としての鎌倉ではなく、鎌倉のまち暮らしの”一部分”を、ここで体験していただけるように、と思いました」
 ホステルのプロジェクトは、多様性を生み出す「ミクスチャー(混ざり合う)」がコンセプトとなっている。空間構成、アート&ロゴ、植栽計画、施工は、湘南を拠点に活動するクリエイターたちがチームを組んで取り組んだ。朝、昼、晩と食事を供する食堂は、鎌倉の大町にある山形の郷土料理と蕎麦の人気店「ふくや」が出店している。
 ホステルユイガハマに宿をとった夜。その「ふくや」には、地元の馴染み客からはじまって、フランスから来たファミリー、明日の課題を案じる学生、正体不明の美女と、いろいろな人たちが集まっていた。その雑多なざわめきの中に、観光が前面に出る昼とは違うカマクラの顔が、確かに見えたのだった。

後編に続きます。6月9日に掲載予定です)

>>写真特集はこちら

PROFILE

  • 清野由美

    ジャーナリスト。1960年、東京都生まれ。東京女子大学卒。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。在学中、英ケンブリッジ大学客員研究員。英国留学、出版社勤務を経て、91年にフリー。先端を行く各界の人物インタビューとともに、時代の価値観や感覚、ライフスタイルの変化をとらえる記事を「AERA」「朝日新聞」「日経ビジネスオンライン」などに執筆。著書に『新・都市論 TOKYO』『新・ムラ論 TOKYO』(隈研吾と共著・集英社新書)、『ほんものの日本人』(日経BP社)、&w連載「葉山から、はじまる。」を1冊の本にまとめた『住む場所を選べば、生き方が変わる――葉山からはじまるシフトチェンジ』(講談社)など。

  • 猪俣博史(写真)

    1968年神奈川県横須賀市生まれ。慶応義塾大学商学部卒業。卒業後、カナダを拠点に世界各地を放浪。帰国後、レコード会社、広告制作会社勤務などを経て1999年にフリーに。鎌倉、葉山を拠点に、ライフスタイル系のほか、釣り系媒体なども手がけ、場の空気感をとらえた取材撮影を得意とする。本連載のほか、&travelで「太公望のわくわく 釣ってきました」の執筆と撮影を担当。神奈川県三浦半島の海辺に暮らす。

月1回の「まちの寄りあい場」。Green Morning Market

トップへ戻る

冷たい肉そばと、新しい働き方。Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR(後編)

RECOMMENDおすすめの記事