冷水料理相談室

小さな部屋で、夢を目指して働く私へ

  
 人気料理家の冷水希三子さんが、読者の皆さんの「料理のお悩み」を解決する新連載「冷水料理相談室」。なんでもない毎日のごはん、特別な日の特別なひと皿、自分のために作りたい、あるいは遠くのあの人に届けたいごちそう……。冷水さんが、ご相談に答える形で、いろいろなお料理を作って下さいます。第2回は、「小さなキッチンのオーブントースターで、メイン料理を作りたい」という、森本さんからのご相談です。

〈相談者プロフィール〉
森本千尋さん 22歳 女性
東京都在住
美容室勤務
    ◇
 私は都内の美容室でアシスタントとして働いています。名古屋から上京して1年。職場ではまだシャンプーや掃除くらいしか担当させてもらえず、褒められるより叱られることのほうがずっと多い毎日ですが、いつか一人前の美容師になることを目標に頑張っています。

 まだ見習いということでお給料はすずめの涙程度。東京の家賃はびっくりするほど高く、今は8畳程度のワンルームに住んでいます。朝から晩まで仕事なので、狭い部屋でもとくに不便はないのですが、唯一悲しいのがキッチンがものすごく小さいことです。

 玄関を入ってすぐ、廊下部分に申し訳程度にしつらえられた台所。コンロがひとつと、小さな流し台。食器棚なんてぜいたくなものはありませんので、調理器具や食器も必要最低限のものだけ置いています。

 もともと料理が好きで、実家に暮らしていた頃は家族の夕食を作ったり、友達にお菓子を焼いたりと、暇さえあれば料理をしていました。趣味であり、ストレス発散でもあったので、今の小さなキッチンを見るたびにわびしい気持ちになってしまいます。

 仕事の帰りが遅いこともあり、夕食は総菜やインスタントものがほとんど。休日には「料理をするぞ!」と意気込むものの、一口コンロでは作れるものも限られてしまって、結局テンションが下がってしまったり。

 そこで、少しでも料理が楽しくなればと思い、最近、安いオーブントースターを買いました。コンロ以外にもうひとつ「火」があれば、料理のバリエーションも品数も増えるだろうという苦肉の策です(笑)。

 が、思えば実家時代にオーブントースターを使っていたのは、トーストを焼くとか、揚げ物を温めなおすとか、あくまで補助的な目的から。はて、トースターで作れるメイン料理ってなんだろう? と、頭を悩ませているところです。

 冷水先生、ぜひオーブントースターで作れるメイン料理を教えていただけないでしょうか? 大好きな料理ができれば、仕事で落ち込むことがあっても、リフレッシュしてまた明日から頑張れるような気がします。どうぞよろしくお願いします。

オーブントースターで作るタンドリーチキン

  
<冷水先生からのメッセージ>
 東京で初めて住む小さなワンルームマンション。きっと今、東京でバリバリ働いている人の多くが通った道だと思います。夢への第一歩という感じがして、私もとても懐かしい気持ちでお手紙を読ませていただきました。

 お料理好きにとって、キッチンが小さいというのは何より辛いことですよね。トースターも工夫次第でいろいろなお料理が作れますので、ぜひ活用して、充実したキッチンライフを送っていただきたいです。

 今回ご紹介したのは、漬け込んだチキンと野菜を同時に調理できる、とても手軽なタンドリーチキン。前日にチキンを漬け込んでおけば、翌日の夜にはしっかり味がしみて、あとは野菜と一緒に焼くだけ。複雑なスパイスも必要ありません。コンロは一切使わないので、トースターで焼いている間に、コンロでつけあわせをもう一品作ることもできますよ。

 今回野菜はトマトとズッキーニを使いましたが、ナスやパプリカなど火の通りやすいものならなんでもお好みで。これから夏野菜がおいしくなってきますので、ぜひいろいろ試してみてください。ごはんはもちろん、パンや市販のチャパティやピタパンに野菜と一緒に挟んで食べてもおいしいですよ。ビールとの相性はいわずもがなです(笑)。

鶏肉と野菜にまんべんなくオイルがかかるように、くるっと回しかけます。かけすぎると脂っこくなるのでご注意を


鶏肉と野菜にまんべんなくオイルがかかるように、くるっと回しかけます。かけすぎると脂っこくなるのでご注意を


今回は市販のチャパティと一緒に。コンロに焼き網を置き、ほんのり焦げ目がつく程度まで温めます。チキンと野菜を挟んで、お好みでマヨネーズを少し加えてもおいしいです


今回は市販のチャパティと一緒に。コンロに焼き網を置き、ほんのり焦げ目がつく程度まで温めます。チキンと野菜を挟んで、お好みでマヨネーズを少し加えてもおいしいです

■タンドリーチキンと焼きトマト

◎材料(1~2人分)
鶏もも肉…1枚
トマト…1個
ズッキーニなど…適量
EXVオリーブオイル…適量


ヨーグルト…80g
しょうが…1/2片
にんにく…1/2片
油…大さじ1/2
レモン汁…大さじ1/2
塩…小さじ1/2
カレー粉…大さじ1/2

◎作り方
1 鶏もも肉は1枚を2等分にする。
2 ボウルにAのしょうがとにんにくをすりおろし、他の材料と混ぜ合わせる。
3 2のボウルに1の鶏もも肉を入れてもみ込み、ビニール袋などに入れて冷 蔵庫で一晩漬け込む。
4 耐熱容器に軽く漬けダレを切った3の鶏もも肉、トマト、野菜を入れ、EXVオリーブオイルを回しかける。
5 4にアルミ箔(はく)をかぶせ、予熱しておいたトースターで20~25分焼く。その後、アルミ箔を外して焦げ目がつくまで焼く。
*加熱時間はトースターの機種によって異なりますので、加減を見て調節してください。

よく読まれている記事

 

バックナンバー

「料理家・冷水希三子の何食べたい?」
「冷水料理相談室」

PROFILE

小さな部屋で、夢を目指して働く私へ

冷水希三子(ひやみず・きみこ) 料理家

料理家・フードコーディネーター。レストランやカフェ勤務を経て独立。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告などで活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集めている。著書に『ONE PLATE OF SEASONS-四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。

PROFILE

  • 小林百合子

    編集者
    1980年兵庫県生まれ。出版社勤務を経て独立。山岳や自然、動物、旅などにまつわる雑誌、書籍の編集を多く手がける。女性クリエイター8人から成る山登りと本づくりユニット〈ホシガラス山岳会〉発起人。著書に『最高の山ごはん』(パイ・インターナショナル)、『いきもの人生相談室』(山と溪谷社)、野川かさねとの共著に『山と山小屋』(平凡社)など。

  • 関めぐみ(写真)

    写真家。アメリカ、ワシントンDC生まれ。スポーツ誌、カルチャー誌、女性誌などで活躍。また、広告やカタログ、CDジャケット、俳優の写真集なども担当。書籍に『8月の写真館』『JAIPUR』など。

上京して18年。お酒好きの母に初めて振る舞う手料理

トップへ戻る

朝食を食べない娘たちへ、朝が楽しくなるひと皿を

RECOMMENDおすすめの記事