映画『婚約者の友人』試写会に10組20名様ご招待

『婚約者の友人』 試写会プレゼント

 フランス国内で大ヒットを記録した、フランスの若き名匠フランソワ・オゾン監督の最新作『婚約者の友人』(10月21日公開)の試写会に10組20名様をご招待します。

 愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。彼の正体が明かされたその時……。
 1919年、戦後のドイツで婚約者フランツをフランスとの戦いで亡くし、悲しみに暮れていたアンナは、フランツの墓に花をたむけて泣いている男アドリアンと出会います。戦前にパリでフランツと知り合い友情を育んだと語るアドリアンに、アンナとフランツの両親は感動し、心を癒やされたアンナが、アドリアンに“婚約者の友人”以上の思いを抱いたとき、アドリアンは自らの正体を告白します。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに……。

 原案は、エルンスト・ルビッチ監督の『私の殺した男』。映画作家としての円熟期を迎えつつあるフランソワ・オゾン監督は、本作で初めてモノクロに挑戦しました。20世紀初頭のムードをモノクロで表現しつつ、時折織り交ぜられるカラーの場面が、映画の美しさを高め、謎を深めていく、頭脳と心を揺さぶる極上のミステリーです。

■試写会 開催日時:10月11日(水)18:30開場/19:00開映
■会場:ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
>>ご応募はこちらから。締め切りは10月4日(水)正午です。
 ◇
『婚約者の友人』
10/21(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督/脚本:フランソワ・オゾン 『彼は秘密の女ともだち』『スイミング・プール』『8人の女たち』
出演:ピエール・ニネ『イヴ・サンローラン』、パウラ・ベーア『ルートヴィヒ』
原案:『私の殺した男』エルンスト・ルビッチ
提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド
2016 年/フランス・ドイツ/仏語・独語/113 分/シネマスコープ/モノクロ・カラー/5.1ch/原題: FRANTZ/日本語字幕:丸山垂穂
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
(c) Mandarin Production – FOZ – X FILME Creative Pool GmbH – Mars Films – France 2 Cinéma – Films Distribution

公式HP:http://www.frantz-movie.com/

〈クリトモのさかな道〉のどぐろの一夜干しを作ってみました

トップへ戻る

<153>アメリカ人の夫と、正月、実家で。

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain