リノベーション・スタイル

<165>扉のない美術館のような空間に

  

[LAND LIFE調布国領]
東京都調布市 築25年/68.62m²
    ◇
 今回は、住環境ジャパンという会社が事業主となってプロデュースし、ブルースタジオがデザインを担当した物件をご紹介します。

 このプロジェクトは、もともとベネッセの社宅だった建物を、一棟まるごとリノベーションするというもの。すべての部屋が注文型リノベーションで、間取りも好きなようにできる新しいタイプのリノベーション住宅です。

 私たちが今回試みたのは、「型破りで大胆なリノベーション」です。リノベーションが普及し一般的になるにつれて、どの事例も似たり寄ったりで同じことの繰り返しになっているんじゃないか……という思いがここ数年あったからです。もちろん、それは決して悪いことではありません。でも、今回は思い切って「もう一歩先のクリエーティブ」を意識して手がけました。

 さて、こちらの物件は3LDK。壁式構造なので、壁で建物を支えている特性上、撤去したり移動したりできない壁が存在します。そのため大きく間取りを変えることはできません。普通だったら、隣の部屋とのつながりや動線を考えて構成していくところですが、今回は違います。壁を“無視”し、扉を取り払いました。さらに、部屋の中心にフローリングの床を置き、そのまわりを天然石でぐるりと囲んで、一部屋を青のカーペットに、もう一部屋を白のカーペットに。“壁を越えて”床の素材を組み合わせたので、ひとつの空間の中で異なる素材の床がお互い干渉し合っています。

 ここでは、壁は境界をゆるく仕切り、取り除けない壁が彫刻のように存在しています。扉がないのでまるで美術館のような雰囲気です。

 玄関から続く部屋には、床の3つの素材が入り乱れる空間に登り棒を設置しました。そこに大きなネットをかけ、自由な空間を作っています。お昼寝や子どもの遊び場所にもぴったり。荷物を置いてもいいですし、上に登って本を読んでも気持ちいいですよ。

  

 収納スペースはありません。でも昔の賃貸はそうだったんですよね。壁式の場合は収納スペースを作ると、デッドスペースができることがあります。収納場所は各自で作った方が効率がよかったり、壁面やデッドスペースを活用したり、好きな家具を置くこともできます。

 間取りをみると、「変わってるね」と思うだけかもしれませんが、実際に現地を見学してくださった方からは、「意外と気持ちいい」という感想をいただきました。

 そう、一見奇をてらったようですが、実は「どれだけ気持ちよさを作っていけるか」をかなり意識して造りました。この気持ちよさはどこからくるのか? それは「空間のつながり」と「驚き」がポイントです。たとえば廊下があったら左右に部屋がありそうだ、というのはこれまでの経験から私たちは予測できます。でも、そこからはずれる快感、というのがあるのです。

 その予測からはずれる延長線上に、遊びを加えています。“トロンプ・ルイユ”、つまりだまし絵のようなペイントを壁に描いていて、L字型キッチンの天井には黄色の帽子のようなペイントが……予想を裏切るペイントを意図的にしています。そういったちょっとした仕掛けが人間の本能を刺激して、ある種の気持ちよさを生んでいるのです。

 とはいえ、難しいのはそこに「これをやればこうなる」という普遍的なセオリーがないこと。たとえば、音楽の作り方にもいろいろ理論があって、どのジャンルの音楽も主流のコード進行(ハーモニー)から音を選んでメロディーをつくっていきます。そのコード進行を追いかけることをやめて(コードを出て)、自由に音楽を作り始めたのが、ジャズでいうとマイルス・デイビスです。今回のリノベーションはその“コードから出る”ということを意識して行いました。

 最近のリノベーションは、コードパターン(いわゆる「リノベ」的なデザイン)をコピーして造っている傾向があります。それ自体は悪いことではありませんが、それでは永遠に同じものしか生まれません。そろそろ次のステップにいくときなんじゃないか……そんな思いでこの部屋をデザインしました。リノベーションには、まだまだ先があるのです。そのひとつの例としてご覧いただけるとありがたいです。

(構成・宇佐美里圭)

気になる間取りとリノベーションの写真はこちら

PROFILE

石井健

「ブルースタジオ」執行役員
1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
http://www.bluestudio.jp/

<164>こだわりの収納と、家族それぞれの空間つくり

トップへ戻る

<166>風と光がまわるリバーサイドの家

RECOMMENDおすすめの記事