よなよなハンコ

春休みといえば温泉旅行、そのわけは?

015

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女の百世(ももよ)さんによる連載「よなよなハンコ」。今回は忌野家恒例、春休み温泉旅行のお話から。春に温泉、そのわけは?

    ◇

春がやってきましたね~。桜も咲きはじめてお花見の季節! 私はお花見って小学生のときにやったきりで、その思い出も記憶の彼方にいってしまって全然思い出せないんですよね~。今年は遠くの桜を見ながらお団子食べようかな、家の中で!

学生だと今は春休みですよね。この頃は旅行に全然行ってないんですが、子どもの頃は春休みに家族や知人たちと温泉旅行によく行っていました。場所は大体決まっていて、石和温泉か湯谷温泉でしたね。夏だと鹿児島や浜松にも行くんですが、春はどっちかって決まってたな。春、夏、冬休みは温泉に行けるから毎年楽しみでした!

休みが近づいてくると、父が積極的に何日から何日まで旅行行くぞ~! って決めて、電話で予約してるなーと思ったら、すぐにコルクボードに貼ってあるカレンダーに温泉マークを書き込んで、その期間をクレヨンでカラフルに囲っていました。
はみ出して書いちゃうからコルクボードには色がついちゃってるし、筆圧が強いのか、クレヨンのカケラが散らばって床もカラフルになってたなぁ。

旅行に行くと普段食べられないようなおいしい料理がたくさんでてきて、うれしいですよね。いつも決まった旅館に泊まるということもあって、ご厚意で立派なケーキや手巻き寿司タワーみたいな、ステキな料理がでてくる日が旅行中に必ずやってくるんです……!
それは何の日かっていうと、父の誕生日!! たぶんみんなに温泉でお祝いしてほしいから、自分の誕生日を組み込んだスケジュールにしてるんですよね~。だってほぼ父の誕生日は温泉にいましたからね。お酒を飲んだりみんなで騒いだりする感じが本当に好きなんだろうな!

家でお祝いしたことって1、2回しかないので、今思えば誕生日をセルフプロデュースしてたのかも……?
家族にやってもらう、ひそひそ茶番の誕生日が好きな私とは真逆だな~。

今回の消しゴムハンコは、お誕生ハート! 誕生日が近い人にだけ現れるかも?
友達の誕生日のときに考えたキャラクターなんですが、今私が好きな顔とちょっと違って、なんだか圧が強めだったので彫り直してみました。絵も昔と比べると顔が変わってきてるのが、なんだか面白いんですよねー。

百世

>>「よなよなハンコ」 記事一覧

PROFILE

百世

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後、忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2018年10月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売された。
https://www.momoyo-hanko.com/

消しゴムの彫りカス、ここにも落ちてるよ!

一覧へ戻る

百世先生直伝! 消しゴムハンコのはじめかた

RECOMMENDおすすめの記事