花のない花屋

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

〈依頼人プロフィール〉
須田紀和子さん 54歳 女性
アメリカ・ボストン在住
音楽家

私は27年前に日本で出会ったアメリカ人の夫と結婚し、1歳にもならない娘とボストンに移り住みました。

移住前の何年かは、気の強い母と私はお互いにいろいろな問題を抱え、ほとんど会うこともなく話もしない状態でした。両親もお互い問題があり、彼らは別居状態だったようです。ずっとあとで知ったのですが、当時母は家を出てからというもの、しばらく住み込みで働いたそうです。私が東京で出産したときに来てくれましたが、以前は洋裁などをしておしゃれな母だったのに、みすばらしい姿だったのを見て、ショックを受けたのを覚えています。

娘が生まれてからも、しばらく私の心は溶けないままでした。3歳の七五三のお祝いで、「娘に着せた着物を孫娘にも着せたい」という母の希望で初めて里帰りしたときから、ようやく少しずつ二人の溝が埋まっていきました。
今になって思えば、初孫にもなかなか会える機会がなく、母には寂しい思いをさせたかもしれません。

昨年80歳を迎えた母は、今は同じ敷地内で弟二人と住んでいます。何年か前に下半身に大火傷を負ってからは、後遺症で歩くのもだんだんと難しくなってしまいました。

とはいえ、長く続けている趣味の押し花のお稽古や作品展は続けており、お友達との交流を楽しんでいるようです。押し花アートの先生は河口湖に住んでおり、毎月一回高速バスでそこまで行って稽古を受けています。30年以上続けている押し花アートは芸術の域に達していて、花、木の幹、野菜、鳥の羽など身近な自然を使って絵画のような作品を作っています。昨年の夏は、いろいろな技法や素材を使って、富士山の作品を作っていました。

そこで、そんな母に、身の回りやふつうの花屋さんではみつからないような花をたくさん使い、花束を作っていただけないでしょうか。母は花を楽しんだあとに、押し花にするはずです。元気なうちに、ぜひ珍しい花や葉を使ってたくさん作品を作ってほしいです。

娘は今年、ボーイフレンドと日本旅行をする予定で、私も来年は夫と里帰りをするつもりです。今後、あと何回元気なうちに会えるんだろうと思うと、悲しい気持ちにもなります。東さんが創造する花束を贈り、遠くからですが、少しでも親孝行できたらと思います。

お願いいたします。

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

花束を作った東さんのコメント

お母様への感謝の気持ち、親孝行の気持ちを込めた花束です。

最初のぎくしゃくをこえて雪解け。そんなお母さんには、カラフルでエネルギーにあふれた花束はいかがでしょう。

今回、珍しいお花ということだったので、様々なタイプの花をえらびました。まず、ランの仲間であるパフィオペディラム。同じランではコチョウラン。肉厚でかわったかたちのユリ、オレンジと黄色がはいったトリトマ、ピンクッション、クルクマソウ、グズマニア、エピデンドラムで構成しました。花のまわりには、ブラシっぽいブラシノキと珍しい不思議な色合いのベゴニアの葉を。

押し花にしていただけるような、また、普段あまり目にすることのない花もお入れしております。色合いなんかも楽しんでいただけると嬉しいです。

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

あと何回、元気なうちに会えるんだろう……。遠く離れた地に住む母へ

(写真・椎木俊介/ライター・宇佐美里圭)

「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

1976年生まれ。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
作品集に「ピエール・エルメ サティーヌ」「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSII 植物図鑑」(ともに青幻舎)など。

facebook

instagram

http://azumamakoto.com/

人生を左右する話や感動する話がない……。「なんとなく生きている」私に花束を

一覧へ戻る

帰省の度に顔を出すのが恒例。人生初の“アルバイト代”をくれた近所のおばちゃんへ

RECOMMENDおすすめの記事