猫にGPSをつけてみた 夜の森 半径二キロの大冒険

 東京から大分県・国東半島の人里離れた山間に引っ越してきた高橋のらさん。そこで出会った猫6匹との思いがけない共同生活をつづったフォトエッセーが刊行されました。
 都会では味わえない自然の中、猫たちの朝は高橋さんと一緒の散歩から始まり、昼は庭同然の広い森で自由に遊びます。ある時、1匹の猫が行方不明になり、そのことがきっかけで猫たちの首輪にGPSをつけてみると、高橋さんが寝ている間に一晩で4キロも歩く大冒険をしていました。「猫の行動範囲は数百メートル」は都会だけの話のようです。
 のどかな里山で自由に過ごすとっておきの猫暮らしから、一部を紹介します。

朝川渡る 「手風」第3話 タッチセラピー

トップへ戻る

犬なんで。柴犬ハナちゃんがつぶやく人が学ぶべき現代犬の心理

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain