フムス

<2>そのまま食べても、パンにつけてもおいしい。フムスの牛肉トマト炒めのせ

  

豆のペースト「フムス」。いったいどこの国のどんな料理? どうやって食べるの? 作り方は簡単? 家で作れるの?……などなど、フムスの秘密を徹底解剖した書籍『HUMMUS―フムス― 豆のペーストレシピ70』(朝日新聞出版)から一部をご紹介します。世界中でフムスが愛されている理由がわかります!

ひよこ豆のフムス アレンジレシピ

基本のフムスをマスターしたら
ビーツやトマトなどの食材を組み合わせて
味や色のバリエーションを楽しんでみて。
パンにつけたり、ソースにしたりとその使い方は様々。
アレンジレシピの幅は無限大です!

フムスの牛肉トマト炒めのせ

■材料(2人分)
ひよこ豆のフムス…150~200g
>>基本のフムスの作り方
牛切り落とし肉…100g
トマトの水煮(缶詰・カットタイプ)…150g
玉ねぎ(みじん切り)…1/8個分
にんにく(みじん切り)…1/2片分
塩、黒こしょう…各少々
オリーブオイル、クミンパウダー、イタリアンパセリ…各適量

■作り方
1.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火で玉ねぎを炒める。しんなりしたら、トマトの水煮を入れてとろみがつくまで加熱し、塩、黒こしょうで味を調え、取りだす。

2.フライパンをきれいにし、にんにく、オリーブオイルを入れて弱火にかける。香りがでたら牛肉を入れ、塩を少しふって火が通るまで焼く。1を加え、全体がなじんだら塩、黒こしょうで味を調える。

3.器にひよこ豆のフムスを盛り、2をのせる。クミンパウダーをふり、刻んだイタリアンパセリを散らす。

次回のレシピは、にんじんフムスのカップサラダです。

>>「フムスのレシピ」バックナンバー

HUMMUS―フムス― 豆のペーストレシピ70

Hummus

佐藤わか子(監)  朝日新聞出版
海外セレブの間でも抜群のヘルシーフードとして注目されているひよこ豆のディップ「フムス」のレシピを紹介。
栄養価が高く、ダイエット食としても完璧なフムス。
その基本の作り方から、簡単絶品アレンジ料理まで70品を収録。
1080円(税込み)

PROFILE

佐藤わか子

(各国料理研究家・栄養士・味噌ソムリエ)

羊肉を扱う食品会社で、スパイスの効いた異国のエキゾチックな味に出会い、魅了されるようになる。その後、食のトータルコーディネート会社で各国料理の開発、制作を担当。退職後に料理研究家として独立し、「家庭料理には何物にもかえ難い妙味がある」という思いから、ホームステイなどで世界の家庭料理を学ぶ。各国料理のエッセンスを取り入れ、美味しいレシピを紹介。執筆活動も行う。旬の素材をふんだんに使った料理教室「Wakka Kitchen」主宰。著書に『塩ヨーグルトをはじめよう』(文藝春秋)

<1>フムスの秘密 ~基本のフムスの作り方~

一覧へ戻る

<3>にんじんの優しい甘さとクミンの風味が相性抜群 にんじんフムスのカップサラダ

RECOMMENDおすすめの記事