ほんやのほん

湘南人気No.1女性誌発。働くママの背中を押してくれる「Milk & Honey」

ほんや0813

撮影/猪俣博史

2014年冬のオープン以来、湘南 蔦屋書店で最も人気のある女性誌が、モデルの長谷川潤さんが表紙を務めるビーチライフスタイル誌「HONEY」(ネコ・パブリッシング)です。別冊のインテリア雑誌「BEACH HOUSE」も人気なのですが、そんなHONEYから今春、ママ向けの新雑誌「Milk & Honey」が創刊されると聞き、とても楽しみにしていました。HONEYがどんなママ像を提案するのか興味があったのはもちろん、私自身、産休・育休から復職したところということもあり、まさにターゲットだったからです。

「犠牲の精神、忘れませんか?」
に思わず目頭が熱くなる

コンセプトは「スタイルのあるママ」。アーティストのカヒミ・カリィさん、お笑いタレントの野沢直子さん、小説家の綿矢りささんなど多彩な顔ぶれがインタビューに登場し、ママになって日々奮闘しながらも自分を失わず、ライフワークを大切に深めている姿が紹介されています。復職後、仕事に育児に家事に忙殺され、基本的に自分のことは後回しにしてきた私にとって、そのカッコよさ、まぶしさたるや!

「もっと自由でいいんです。(中略)着たい服を着て、自分らしく家族を愛し、仕事を愛し、だから、もう犠牲の精神、忘れませんか? マイルールで行きませんか?」との編集長の巻頭メッセージに、思わず目頭が熱くなると共に、ふっと肩の力が抜けたような気がしました。

時間の制約があるなか以前のように働けないことをもどかしく思ったり、いつも子どものそばにいてあげられないことに罪悪感を覚えたり、日々の家事をやり切れない自分が悲しくなったり……どれも中途半端なように思えて自分を責めては、子どもの笑顔を見てリセット、奮起して走り続けてきましたが、もう少し自分のことを大切にしてあげてもいいのかもしれません。

ほんや0813-2

「Milk & Honey」ネコ・パブリッシング刊 780円(税込み)

毎日が難しくても3日に1回、1週間に1回は、自分を1番にできる時間をきちんと取っていこう! そして将来、子どもが独り立ちしたときに、自分に何も残らないといったことがないように、一瞬一瞬を大切に、子育てを全力で楽しみながらも、子どもを言い訳にせず、自分のスタイルを築きながら、自らの人生もしっかり歩んでいかなければいけないと、教えられました。

年2回発行で、次号は10月発売の予定だそう。働くママは、雑誌を読む時間を確保するのも苦労しがちですが、スタイルのあるママに刺激をもらい、新たな毎日に向けて背中を押してもらえるおすすめの1冊です。

PROFILE

蔦屋書店 コンシェルジュ

12人のブックコンシェルジュの皆さんに、
そのとき、一番おすすめの本を週替わりで熱くご紹介いただいています。
●代官山 蔦屋書店
間室道子(文学)
●二子玉川 蔦屋家電
岩佐さかえ(健康 美容)/大川 愛(食)/北田博允(文学)
嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/中田達大(ワークスタイル)/松本泰尭(人文)
●湘南 蔦屋書店
川村啓子(児童書 自然科学)/重野 功(旅行)/羽根志美(アウトドア)
八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)

若杉真里奈(わかすぎ・まりな)

湘南 蔦屋書店で雑誌、ファッションを担当するほか、湘南T-SITEの広報、イベント販促も務める。
ファッション業界新聞社で編集、展示会事業を担当した後、湘南T-SITEの立ち上げに参加。
現在、住む鎌倉は、自分にとっての“パワースポット”。

最強最良のガイドブック『優雅な読書が最高の復讐である』

トップへ戻る

“恋愛小説家”唯川恵さん、登山に出会う。『バッグをザックに持ち替えて』

RECOMMENDおすすめの記事