TOKYOワインバル・クルージング

〈TOKYOワインバル・クルージング〉気軽なビストロ料理と自然派ワインを楽しむ

メゾンサンカントサンク

 代々木上原駅の目の前にある「メゾンサンカントサンク」。一軒家の2階と3階で、1階は姉妹店のバーがある。オーナーの丸山智博氏はフレンチの料理人で、近隣に計3店舗を展開。いずれも人気店となっている。
 メニューはオーソドックスなビストロ料理が中心。「フレンチを食べ慣れていない方もいるので、内臓の風味を抑えたパテや、滑らかに仕上げたレバーペーストなど、ビストロの入門編としてわかりやすい料理を食べやすい味付けで提供するようにしています」と話すのは、厨房をまかされている八巻淳司氏。
 特に9割近いお客さんが注文するのが、前菜の盛り合わせだ。キッシュやキャロット・ラペ、ラタトゥイユなど、10種類が皿から溢れんばかりに盛り付けられている。当初は数種類だったが、リクエストに応えるうちに増えていったという。ア・ラ・カルトのほか、3500円のコースでも提供している。
 ワインはフランスを中心に、自然派だけをラインナップ。八巻氏の弟でマネジャーを務める隆司氏は「料理とのマッチングはもちろんですが、単体でも楽しめるものをそろえています」と語る。
 8月末には1階部分が同店の敷地となる予定。新たな展開が楽しみだ。

グラスワイン 8種 700円~
ボトルワイン 30種 3800円~
    ◇
メゾンサンカントサンク
住所:東京都渋谷区西原3-5-1
TOKYOワインバル・紹介店舗マップはこちら
TEL:03-5454-5631
営業時間:17:00~24:00LO
定休日:日曜
交通:代々木上原駅より徒歩1分

今号は、前菜etc.盛り合わせがスゴい!バル

『ワイン王国』106号(8月4日発売)のTOKYOワインバル・クルージングでは、たくさんの種類を少しずつ食べたい。そんな願いをかなえてくれる「盛り合わせ料理」が評判のお店を紹介します。きれい! 美味しそう! そんな歓声が聞こえてくる盛りだくさんの一皿は合わせるワインも多種多様。グラスでいろいろ楽しんで、新しいマリアージュを発見してください。

■この記事は、『ワイン王国』9月号(No.106)に掲載されています。

〈TOKYOワインバル・クルージング〉フレッシュハーブ&野菜たっぷりのベトナム料理

トップへ戻る

南インドのスパイスつまみとナチュラルワイン

RECOMMENDおすすめの記事