おんなのイケ麺

夜食の救世主「がいがい.」の手打ちざる蕎麦 大黒摩季さん

 

「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)


「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)

深夜までかかるレコーディング後、いつも立ち寄るのがこのお店です。まさに「夜食の救世主」。お酒と刺し身を頂いて、締めはそば。そばつゆ、くるみだれが付きますが、私は水そばを頼み、水を追加してもらいます。

料理人の情熱がおいしさのもう一つのスパイスだと思います。ここの板さんは石臼でそばをひき、水そばには日本酒の仕込み水を使っている。そのこだわりに心打たれます。水につけたそばに藻塩をぱらっとかけて一口、次につゆと多めのワサビで味わいます。

パン屋だった父からは、何でも一番おいしいのは素材のままの味だと教わりました。だから、そばの香ばしい味や苦い味が味わえる水そばが好き。「そばの苦みや香りが感じられた今日の私は正常だ」っていう体調のバロメーターにもなる。感じ取れないときは歌入れをやめちゃおうかなとも思う。

「誰とどこで食べるのか、それが味をもっとおいしくする」。これも父が言っていた大切な言葉。音楽仲間や気心知れたスタッフと一緒に味わうと、翌朝また元気に仕事ができるんです。

    ◇

「がいがい.」 東京都港区麻布十番1の3の1(電話03-3586-3335)。972円。午後5時~翌午前5時(ラストオーダーは4時まで)。無休。

大黒摩季さん


大黒摩季さん

おおぐろ・まき シンガー・ソングライター。1992年デビュー。「ら・ら・ら」などのヒット曲がある。12月5日、8年ぶりのオリジナルアルバム「MUSIC MUSCLE」をリリース。

〈おんなのイケ麺〉無性に食べたくなるあの味「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」小谷実由さん

トップへ戻る

馬場典子さん、作り手の顔が浮かぶような味「ビーフン東」の五目ビーフン

RECOMMENDおすすめの記事