ART&MOVIE

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの愛と歌に酔う。映画『アリー/ スター誕生』

&w (アンド・ダブリュー)編集部がおすすめする、アートや映画の情報を随時ご紹介します!

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの愛と歌に酔う。映画『アリー/ スター誕生』

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

この時期、あらゆる女性誌や女性向けウェブサイトで掲載されているに違いない『アリー/ スター誕生』。そうわかっちゃいるのに、紹介せずにはいられない本作。女心をガッチリつかんで離さない魅力がたっぷり詰まっています!

ストーリーを簡単に言えば、歌手を夢見る女性がスーパースターと出会い、仕事も愛も手に入れるサクセス・シンデレラストーリー。とは言え、そこは現代。ヒロインは“王子様”におんぶに抱っこのようなヤワな女性ではないし、仕事も愛も手に入れて「はい、めでたしめでたし」的な物語でもない。ヒロインが自分の足でしっかりと自分の人生を踏み出すことが眼目だ。

そんなヒロイン、アリーを演じるのが世界的な歌姫レディー・ガガ。本作が映画初主演。この映画でガガの素顔を初めて知った、なんていう人もいるかもしれないが(私だけ?)、とても演技初心者とは思えない。日本でありがちなアイドル映画とは大違いだ。実は彼女、そもそも俳優志望だったそうで演技の勉強もしていたとか。ガガの自然な演技があってこそ、観(み)る人へ彼女の歌声が響くのだ。ある時は力強く、ある時は切なく。彼女の圧倒的な歌が聴く者の心を熱くする。

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの愛と歌に酔う。映画『アリー/ スター誕生』

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

ガガの歌だけではない。この映画の見どころ聴きどころは、もう一人、アリーと恋に落ちる国民的シンガー、ジャクソンを演じたブラッドリー・クーパーにある。映画好きな人ならクーパーの演技力はご存じだろう。コメディー『ハングオーバー!』シリーズで男の“バカっぽさ”で笑わせたかと思えば、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『世界にひとつのプレイブック』のようなロマンスで女性たちを虜(とりこ)に。戦争アクション『アメリカン・スナイパー』では、160人以上の敵を射殺した英雄の葛藤と苦悩を繊細な演技で魅了した。要はどんな役でもこなせるのがクーパーだ。しかし、知らなかった! クーパーがこれほどまでの美声の持ち主とは! どれほどの美声かと言えば、国民的歌手という役回りを全うでき、しかも、レディー・ガガとデュエットしても劣らないほどの実力。おまけにギターも奏でてそりゃカッコイイのなんの! ついつい熱く語り出したくなるほど、そのパフォーマンスにトロけそうになる。

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの愛と歌に酔う。映画『アリー/ スター誕生』

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

さらに、この映画のメガホンを取ったのがクーパーその人なのだから、一体、天は彼に何物を与えたのか。実は本作、クリント・イーストウッドが監督する予定だったらしいが、クーパーが見事に応えてみせた。ガガにしてもクーパーにしても、一体どれほどの実力の持ち主か。ハリウッドの第一線で活躍する(できる)スターの実力は生半可ではない。2人の愛に酔い歌に酔う、スター映画をぜひご覧あれ。

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの愛と歌に酔う。映画『アリー/ スター誕生』

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

『アリー/ スター誕生』
1937年の名作『スタア誕生』を原作に、歌手を夢見るウェートレスが、国民的人気を誇るミュージシャンと出会い、スターダムへと駆け上がっていく姿を描くミュージカル・ドラマ。レディー・ガガの初主演作であり、ブラッドリー・クーパーの監督第1作。
監督・脚本・出演:ブラッドリー・クーパー 出演:レディー・ガガ、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイブ・シャペル、サム・エリオットほか。12月23日から全国公開

文 坂口さゆり

キッチンは、旅でたどり着ける一番遠い場所 『南インド キッチンの旅』

トップへ戻る

ゴールデングローブ賞、「ボヘミアン・ラプソディ」に栄冠

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain