よなよなハンコ

今年1発目の消しゴムハンコは、イノシシー!

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんの連載「よなよなハンコ」、2019年最初の作品は、もちろん、めでたいイノシシの年賀状です! 原稿を書きながらお正月の思い出をたどると、ふとよみがえってきたのは、「きよ散歩」のこと。後ろ姿、目に浮かびますね……(笑)

皆さん、あけましておめでとうございます。2019年がやってきましたね!!

大みそかは、我が家では珍しく30日に大掃除をほぼ終わらせていたので、ゆったりといつも見ているお笑い番組を見て、母が作った年越しそばを食べました。0時ちょうどには、兄と私の恒例行事のジャンプをみんなでして、新年を迎えることができました!

ジャンプをして迎えたお正月は、おせちとお雑煮を食べて、まったりのんびりと過ごしています。テレビでお正月特番をいっぱいやってるので、夢中になって見ちゃうし、おとそを飲んだら、久々のお酒だからか眠くなっちゃたりと、寝正月になりつつありますが、でもそんなぐーたらしても許される感じのするお正月が楽しいんですけどね。

ここ数年は、お正月は家で過ごすことが多いんですが、昔は山梨県の石和温泉に家族でよく行っていました。
初詣は武田神社に行くのが決まりでしたね。車で行って、駐車場から神社まで歩いて行くときに、父だけ歩くのが早いのか、せっかちなのか、1人だけスタスタと歩いてて、後ろから見てると、当時放送されていた「ちい散歩」のような雰囲気だったんですよね! 服装もまさにそんな感じだったので、それを見て、みんなでゲラゲラと笑ったな~。懐かしいや。

新年に文章を書きながら、ふっと思い出した小さな出来事でした。
きよ散歩の写真、撮っとけばよかったー!

今年1発目の消しゴムハンコは、年賀状用に彫った作品を。イノシシー!
ぐーたらしつつも、早速アイデアだしにいそしむお正月でもあるんですが、今年も消しゴムハンコを極めていって、いろんな作品を作っていきたいです。他の表現方法も見つけられたらいいなぁと思っています。

よなよなハンコ、今年もどうぞよろしくお願いします!
2019年が皆さんにとって楽しい一年になりますように。

百世

PROFILE

百世

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後 忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2018年10月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売された。

年賀状、宛名書きへのやる気スイッチ

トップへ戻る

驚きの母のひと言に、新年初爆笑!

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain