誕生から“雪の妖精”になるまで「ひなエナガちゃん」

 「シマエナガ」ブームの火付け役・動物写真家の小原玲さんが撮り下ろした『シマエナガちゃん』、『もっとシマエナガちゃん』に続く最新作として、生後間もないシマエナガのヒナが成長するまでを追い続けた『ひなエナガちゃん』が刊行されました。
 「成鳥になったシマエナガも“雪の妖精”のように、とても可愛らしいのですが、『ひなエナガちゃん』たちには、赤ちゃんの可愛らしさがあります。大きくなって元気に羽ばたいていってほしいと願いつつ、日々撮影しました。――本文・小原玲 あとがきより」
 仲良く体を寄せ合う“ひな団子”やエサをおねだりする姿、水遊びや飛ぶ練習など懸命に成長していく愛くるしい「ひなエナガちゃん」の写真集から一部を紹介します。

>>写真の続きは画面下のギャラリーへ

小原玲(おはら・れい)

1961年、東京都生まれ。茨城大学人文学部卒。『フライデー』専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として国内外で活動。中国・天安門事件の写真は『LIFE』の「The Best of LIFE」に選ばれた。1990年、アザラシの赤ちゃんをカナダで初めて撮影したのを契機に、動物写真家に転身。以後、シロクマ、マナティ、プレーリードッグ、日本のホタルなども撮影し、テレビ・雑誌他、様々なメディアで活躍。長い年月に及ぶ流氷の取材から、地球温暖化の目撃者として環境問題の講演会も行っている。著書・写真集に「アザラシの赤ちゃん」(文春文庫)、「流氷の伝言」「ほたるの伝言」(教育出版)、「シマエナガちゃん」「もっとシマエナガちゃん」(講談社ビーシー)など

ひなエナガちゃん(講談社)小原玲(著)

動物写真家・小原玲の「シマエナガちゃん」写真集第3弾!
生後間もないシマエナガのヒナが、大人の“雪の妖精”に成長するまでを追い続けました。
巣立ち後、木の枝にギュギュッと並んで仲良く体を寄せ合う“ヒナ団子”シーンの数々、水浴び、居眠り、飛ぶ練習など……懸命に成長していく愛くるしい姿を収録!

好きな魚TOP5にランクインした魚

トップへ戻る

食パンにミルククリームを塗ったご当地パン「クリームボックスの町」福島県郡山へ

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain