<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

緑豊かなアリススプリングス。赤土の大地を旅してくると、ほっとする光景

雄大な自然とアボリジナルの文化が息づく地・ノーザンテリトリー。多彩な顔をもつこの地域の魅力を6回にわたってお届けするシリーズ第2回は、ダイナミックな絶景の中でアドベンチャー体験ができる、アリススプリングスを基点とした国立公園への旅。緑いっぱいのアリススプリングスの散策も楽しみです。

名作のロケ地になったキングスキャニオンへ

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

美しいサンセットを眺めることができるキングスキャニオン

はるか彼方まで断崖絶壁が連なる光景に、息をのんだ。
光の加減でときおりオレンジやクリーム色がかって見えるけれど、岩全体は赤っぽい。高さ270メートルにもおよぶという絶壁の上に立ち、おそるおそる峡谷を見下ろしたが、目がくらみそうですぐに一歩下がった。

ここはキングスキャニオン。ウルルから車で300キロ、アリススプリングスとのだいたい中間点に位置している。600種類の動植物が暮らすという、ワタルカ国立公園の一部だ。

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

広大な自然の中で、存分に体を動かそう

崖の下を歩くクリークウォークもあるが、今日は崖の上を歩くリムウォークに挑戦した。車を降り、まずは崖に上る。登山路に刻まれた石段や山道をひたすら登りつめ、息切れして音を上げそうになったところで、突然てっぺんに到達した。

上から眺めると、地層がむき出しになったような崖の様子がよくわかる。緑の木々、赤い崖、染みるような青空――まさに絵になる風景。ドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」の撮影もここで行われたという。

周辺にはドーム型の岩が連なる「ロスト・シティ」、枯れない水場がある緑豊かな「エデンの園」など見どころがいくつもある。どれほどの時間や偶然がこの地形を作り上げたのだろう。夢中でカメラのシャッターを押していたが、途中であきらめた。このスケール感は、とても写真では伝えきれない。

大地の割れ目に出会う、マクドネル国立公園

翌日、早起きして半日ツアーでウェストマクドネル国立公園を訪れた。アリススプリングスを出発し、アウトバックの道を25キロほど走る。

車を降りトレイルに足を踏み入れ、最初に目にした岩山にまず驚く。巨大な岩山に切れ込みが入った、シンプソンズ・ギャップだ。人の手では造れそうにないカーブを描く切れ込みは、川の侵食で何万年もの長い時間をかけて完成したのだという。

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

ウェストマクドネル国立公園のスタンドレー・キャズム

そこから30キロほど移動して、到着したスタンドレー・キャズムにまた驚いた。大地が割れて、深い亀裂ができているのだ。高さ80メートル、幅9メートルほどの亀裂の底には道があり、さっそく散策してみる。差し込む日の光に岩肌が神秘的な色合いに輝いている。自然の生み出す色と形の美しさにしばし見ほれた。

アートの殿堂、アリススプリングス

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

トッド・モールは歩行者天国。ギャラリーやレストランが集まる

この日の午後は、アリススプリングスの中心地トッド・モールを訪れた。

色、色、色……。カラフルなアートの数々に目を奪われる。アリススプリングスは、アボリジナルアートを目当てに世界からコレクターが集まる地だという。トッド・モールにはギャラリーはもちろん、モチーフを生かしたアクセサリーや雑貨店も多い。赤・青・黄など強い色が目立つのは、ノーザンテリトリーの大地と空の色から生まれるアートだからだろうか。

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

アボリジナルアートを扱うショップ。お土産に手ごろな品も

散策するうちに、雰囲気のいいギャラリーを発見。個性豊かなアボリジナルアートが並んでいる。悩んだ末に、タペストリーを1点購入した。

「それは私も気に入っているの。ありがとう」と、お店の人がちょっぴり安くしてくれて、私も満足。女性と2人で笑顔をかわして、その場をあとにした。

これを自宅のどこに飾ろうか……夕食を食べながら考えよう。今日は、ラクダのステーキにチャレンジする予定。予約したレストランは、エミューなどの肉も提供しているそうで、楽しみだ。どんなオーストラリアワインとあわせていただこうかな。

<2>絶景の懐に飛び込むアドベンチャー体験 アリススプリングス

アリススプリングスには素敵なカフェも

>>「<1>刻々と色を変える神秘の一枚岩、ウルル」はこちら

>>「<3>渓谷と温泉、水の恵みに癒やされるキャサリン」はこちら

>>「<4>大自然の美術館、カカドゥ国立公園はこちら

>>「<5>ネイチャー&シティリゾートでのんびり ダーウィン」はこちら

>>「<6>ヒナをだっこ? ワニを食べる? カカドゥ国立公園の不思議な野鳥たち」はこちら

>>ノーザンテリトリーの特集はこちらから

* * * * *

壮大な自然と出会う オーストラリア ノーザンテリトリー

広大な空と大地の絶景、様々な自然遺産、野鳥や動物とのふれ合い――。オーストラリアの中央北部のノーザンテリトリーは、世界遺産のウルル(エアーズロック)を中心に、先住民のアボリジナル文化にふれたり、トレッキングやクルーズを体験したりと、地球の神秘とアクティビティーを楽しむことができます。また、ネイチャーリゾートだけでなく、グルメやショッピングも楽しめるエリアがあるのも魅力の一つ。ノーザンテリトリーで優雅な自然体験をしてみませんか。

特設サイトをご覧ください。

 

彼女には、誰かを思いやる体力があるのだ。<br>『私に付け足されるもの』

トップへ戻る

従来の大学制度にない「職業と直結した」実践教育。国際ファッション専門職大学開学へ

RECOMMENDおすすめの記事