オトコの別腹

「新珠製菓」の羽二重餅 細川俊夫さん

「新珠製菓」の羽二重餅 細川俊夫さん

「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。品がよくて、絹のような舌触り。舌の中でとろけていく感じが好きです。少量なので、ついたくさん食べてしまいます。

欧州など海外での仕事も多く、各地で甘いものを食べるのですが、ケーキやチョコレートなど向こうのものはガツンとヘビー。だから日本に帰ってくると、和菓子がほしくなりますね。

音楽は、西洋では音でカテドラルを作って永遠を求めるイメージ。でも僕は、自然と一体化するような音楽を目指しています。雲の流れや寄せては返す波の音など、移ろっては消えていく自然の響きを表現していきたい。

羽二重餅は、谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」に通じるところがあります。障子越しの薄明かりのような微妙な明暗を感じさせてくれる、ほかにはないお菓子。一種のアートですね。繊細なこの味を味わえる、日本人でよかったなと思います。

「新珠製菓」 本社は福井県越前市。10枚入り540円ほか。電話(0120-076272)かファクス(0778-22-1788)、オンラインショップで注文可。

「新珠製菓」の羽二重餅 細川俊夫さん

細川俊夫さん

ほそかわ・としお 作曲家。武生国際音楽祭では作曲のワークショップも開催。11月には、東京・サントリーホールで新作のオーケストラ曲を披露予定。

「黄金の塩らぁ麺 ドゥエ イタリアン」のあろばばのなとお 照英さん

トップへ戻る

「納言志るこ店」の田舎しるこ ジョージ・カックルさん

RECOMMENDおすすめの記事