地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へPR

大分・別府といえば温泉の町。大人がゆっくり疲れを癒やせるのはもちろんですが、見ていて楽しい「地獄めぐり」、まるで砂遊びのような「砂風呂」など、子どもも楽しめるスポットも盛りだくさん。今回ご紹介するのは、別府への家族旅行を楽しむ女性のストーリーです。

別府の観光で外せない「地獄めぐり」

「久しぶりに温泉でもいくか」。そんな夫の一言で決まった今回の家族旅行。東京からは少し遠いけど、思い切って別府へ12日の旅に出かけることになりました。

 別府に来てまず訪れたのは「地獄めぐり」。鉄輪・亀川の一帯では、今より千年以上前から湯気や熱湯、泥が地下から噴出しており、「地獄」と呼ばれるようになったそうです。

色鮮やかな「海地獄」

色鮮やかな「海地獄」

私たちがまず見たのは国指定名勝になっており、別府駅からバス1本とアクセスも良い「海地獄」。きれいなコバルトブルー色の池から、もくもくと噴気が立ち昇っています。鮮やかな色をしているから、なんだか涼やかな感じ。でも実際の温度は100度近くもあるんだとか。

海地獄のそばにある土産物店で買ったのは、海地獄のお湯で蒸し焼きにした「地獄蒸焼きプリン」(300円)。「プリンおいしいね!」と小学生の息子もご機嫌です。敷地内には、足湯やオオオニバスが有名な温室もありました。一年生の植物で1月から5月は育苗の季節だけれど、夏には最大直径2メートルまで成長するそう。

大鬼蓮

オオオニバス

次は、海地獄に隣接する「鬼石坊主地獄」へ。灰色の泥にポコポコと湧き上がっている湯玉が坊主頭に似ていて、鬼石という地名から鬼石坊主地獄と呼ばれています。ゴツゴツとした石の間から噴き上げる蒸気が鬼のいびきのように聞こえる「鬼の高鼾(たかいびき)」というスポットもありました。

湯玉が湧き上がる「鬼石坊主地獄」

湯玉が湧き上がる「鬼石坊主地獄」

そして、最後は鬼石坊主地獄から3キロメートルほど離れた「血の池地獄」。日本最古の天然の地獄(常に噴煙や熱湯の噴き出している所)で、酸化鉄などを含んだ赤い粘土が噴出しています。今まで巡った中では一番“地獄”らしさを感じました。

血の池地獄

血の池地獄

地獄めぐり

住所:大分県別府市鉄輪559-1 (海地獄、別府地獄組合)

営業時間:8:00~17:00

鉄輪温泉街にある5つの地獄は徒歩で移動も可能だが、血の池地獄・龍巻(たつまき)地獄の2つは車での移動がオススメ。JR別府駅から地獄を周遊する観光バスも出ている。地獄共通券(2日間有効)は大人2000円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円。無料駐車場完備。問い合わせは別府地獄組合(0977-66-1577

ランチは、ぜひ食べておきたい別府冷麺「胡月」

ランチは、「胡月」で別府冷麺をいただきます。一度は惜しまれつつ閉店した名店でしたが、先代の味を引き継いだ形で、2018年2月に再オープンしました。

 昭和20年代に旧満州で食べた冷麺を和風にアレンジした別府冷麺は、そば粉を配合したコシの強い麺で、歯ごたえがあるキャベツの自家製キムチと牛肉のチャーシューのトッピングが特徴。冷麺並盛750円。無類の麺好きである夫も太鼓判を押すおいしさでした。

「胡月」の冷麺

「胡月」の別府冷麺

冷麺・温麺専門店 胡月

住所:大分県別府市石垣東8丁目1-26

電話:0977-25-2735

営業時間:月曜11:00~16:00、水曜〜金曜11:00~17:30、土曜日曜11:00~19:00
定休日:火曜日

波の音を聞きながらゆったり温まる「別府海浜砂湯」

食後は、別府湾の海沿いへ。全長6メートル、幅20メートルの「別府海浜砂湯」で、レンタルの浴衣に着替えて、息子と一緒に川の字になって寝転びます。すると、砂かけさんたちが、温泉で温まった砂を顔以外の全身にかけてくれました。「ミイラになったみたい!」と息子。なかなかに砂が重いのですが、マッサージ効果もあり、じんわりと体が温まっていきます。

波の音に耳を傾けながらゆったりとリラックスできた15分間でした。内風呂とシャワーがあり、砂をしっかり洗い流せるのでご安心を。

海に臨む砂湯

別府海浜砂場

住所:大分県別府市上人ケ浜

電話:0977-66-5737

営業時間:3月〜118:30~18:00(最終受付17:00)12月〜29:00~17:00(最終受付16:00)※混雑の状況等により、最終受付時刻が早まる場合があります。
定休日:第4水曜(祝日の場合は翌日休)

入浴料:1030

手作りの優しいクッキーとケーキが自慢 「ここちカフェむすびの」

小腹を満たすため、向かったのは鉄輪温泉街にある「ここちカフェむすびの」。明治41年に建てられた建物で、もともとは町の診療所でしたが、改装を重ねてカフェとしてオープンしたのだそう。

「ケーキ二種盛り(税別300円)」はバナナブラウニーと、黒コショウとパルメザンのバーチーズケーキ、「クッキー五種盛り(税別300円)」はレモンシュガーや酒かすクラッカーなどをチョイス。どれも手作りの優しい味がして、おいしかったです。娘も「もっと食べたい!」と気に入った様子でした。

(左)クッキー五種盛り(中央)ケーキ二種盛り(右)季節のフルーツソーダ

(左)クッキー五種盛り(中央)ケーキ二種盛り(右)季節のフルーツソーダ

ここちカフェむすびの

住所:大分県別府市鉄輪上1

電話:0977-66-0156

営業時間:10:00~19:30ラストオーダー

定休日:毎週水曜・木曜(祝日多客期は営業)

ファミリーにおすすめしたい宿No.1は「別府 杉乃井ホテル」

杉乃井ホテル

 別府の半日観光を終え、宿泊する「別府 杉乃井ホテル」へ。ホテル全体がまるで一つのテーマパークのようでした。温泉はもちろん、水着で入る屋外型温泉「ザ アクアガーデン」や、豊富なメニューをバイキング形式で味わえるワールドダイニング「シーダパレス」など、館内には子どもたちと一緒に楽しめる場所がたくさん用意されています。また大きな売店も完備されており、「お土産を買い忘れて空港で大慌て」という心配も無用です。

地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

私たちが泊まった客室はHANA館のお部屋。7.5畳の和室と2つのベッドがセットになった広々とした空間で、窓が広く別府湾を望めるロケーションだったのが印象的でした。天気が良いと四国の佐田岬まで見えるそうです。

別府湾が一望できる、大展望露天風呂「棚湯」

地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

部屋に荷物を置くやいなや、向かったのは温泉。内湯も含めて5段からなる湯船を棚田状に広げた「棚湯」は、別府湾が一望できる大展望露天風呂です。男湯と女湯を合わせて約1200坪、約600人が入浴できます。泉質はナトリウム塩化物泉で、関節痛や冷え性などに効果があるそう。見たこともないほど大きなお風呂に娘も大興奮でした。

「棚湯」では別府の町を一望できる

「棚湯」では別府の町を一望できる

館内は浴衣とスリッパで移動ができ、バスタオルとタオルは温泉に準備されていました。パウダールームも完備されているので、この身軽さと手軽さはありがたい。スタッフの人から「朝日もきれいに見えますよ」という話を聞いたので、明日は絶対に早起きして朝風呂しようと心に誓いました。

 地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

大展望露天風呂 棚湯

宿泊客は入場無料で、夏季5:00~24:00、冬季6:00~24:00。日帰り客は「棚湯」と「ザ アクアガーデン(ソルティサウナ付き)」大人平日1200/土日祝1800円、3歳〜小学生平日700/土日祝1100円で、9:00~23:00(最終入場22:00)

https://www.suginoi-hotel.com/facilities/tanayu.html

洋食も中華もイタリアンも! 夕食はワールドダイニング「シーダパレス」

まるでナポリの町のような「シーダパレス」

 夕食はバイキング形式のレストラン「シーダパレス」で。イタリア・ナポリの街をイメージしたという広々とした店内には、中央に巨大な水槽があって、天井の空の色まで変わるというこだわりよう。動く列車やポップコーンの機械などもあって、子どもたちも楽しそうでした。

地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

シーダパレスの一角にはピザ窯が。福岡の有名店「ピッツェリア・ダ・ガエターノ」で修業したスタッフがつくる焼きたてのピザが楽しめます。フォアグラ丼、フカヒレラーメン、天ぷら、デザートのミニケーキなど、およそ80種類ものメニューがそろっていました。

シーダパレスのバイキングメニュー

シーダパレスのバイキングメニュー

豊富なバイキングメニューも魅力的だけれども、せっかく来たのだからご当地の味も楽しみたい。そんな人のために、大分県を代表するブランド鮮魚である「関アジ」の刺し身や、九州近海で獲れたとらふぐの「ふぐ刺し」など、ご当地の名物を味わえるオプション料理も用意されています。しかもなんと一皿千円という破格のお値段。外で食べたら倍以上のお値段のはず。夫と私は地酒を飲みながら、大分のおいしいご飯を堪能させてもらいました。ああ幸せ。

地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

地元の新鮮な海鮮料理が味わえる(左)握り鮨(中央)ふぐ刺し(右)関アジ

ワールドバイキング シーダパレス

夕食 17:00~21:30(最終入場20:00)。料金は大人平日5000/土日祝6000円、小学生平日3500/土日祝4200円、3歳〜未就学児平日2500/土日祝3000円。

https://www.suginoi-hotel.com/restaurant/ceadapalace.html

光のイリュージョンで、夜遅くまで楽しめる

ザ アクアガーデン

食後は、夜のお楽しみタイム。「棚湯」に隣接する「ザ アクアガーデン」は水着で楽しめる屋外型温泉施設です特に見どころは毎日4回行われる「水と光と音の噴水アート」。色とりどりのレーザービームが空中でアート作品のように漂ったり、レインボーカラーの噴水が様々な模様を描きながら吹き出して幻想的な空間を演出したり。ゴージャスな噴水ショーに子どもたちが夢中になったのはもちろん、私と夫も圧倒されてしまいました。

水と光と音の噴水アート

水と光と音の噴水アート

 

水と光と音の噴水アート

ショー時間 19:00~、20:00~、21:00~、22:00(所要時間17分)

https://www.suginoi-hotel.com/facilities/theaquagarden.html

 スパでリラックス 「Spa the Ceada

 「ザ アクアガーデン」を堪能したら、夫に子どもを預けてホテル内にあるスパ「Spa the Ceada」へ。

 最初はつるつるとした源泉掛け流しの女性専用ジャグジーに入って体を温めます。そして、セラピストの方とお話ししながら、疲労回復・冷え性、肩こり・筋肉疲労、安眠・乾燥肌など、自分の体の状態にあわせたアロマオイルを選びました。色々とメニューがあって悩んだのですが、ボディートリートメント70(15,120円)を受けることにしました。

セラピストの方には「だいぶ凝っていますね」と言われてしまいましたが、施術を終えると体がふっと軽くなっているように感じました。日頃の子育ての疲れを癒やしてくれる最高の時間でした。

 地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

Spa the Ceada

営業時間:15:00~23:00

ご予約・お問い合わせは0977-24-1178(受付時間14:30~21:00)

https://www.suginoi-hotel.com/facilities/spatheceada/

キッズランド、ゲームコーナーなど遊び場がたくさん

私が「Spa the Ceada」に行っている間に、娘は遊具やおもちゃが充実している「キッズランド」で、息子は懐かしいメダルゲームやスポーツゲームなどがあるゲームコーナーで目いっぱい遊んだようです。「杉乃井ホテルに住みたい」と二人ともご満悦。

キッズランド

キッズランド

キッズランド

営業時間:10:00~22:00(最終入場21:30
料金:税込600/30分(追加料金税込300/30)

対象年齢:1歳12歳(小学生)※6歳以下のお子様は18歳以上の保護者同伴にてご利用いただけます。※同伴の保護者は無料となります。

https://www.suginoi-hotel.com/facilities/kidsland.html

ゲームコーナー

営業時間:8:00~23:45(※一部6:00~23:45

https://www.suginoi-hotel.com/facilities/game.html

1年中楽しめるイルミネーション

最後は家族みんなで、イルミネーションを堪能しました。光のトンネルを抜けた広場には、きらきら輝くオブジェたちが。たちのぼる湯けむりもカラフルに染まっていて、まるでここだけ別世界のよう。ちなみに杉乃井ホテルではイルミネーションを1年中楽しむことができるそうです。

地獄めぐりに絶品冷麺ランチ、棚湯でゆったり 家族で別府温泉へ

部屋に戻ると、息子と娘は遊び疲れてすぐ寝てしまったので、夫と晩酌タイム。「楽しかったね。また来ようね」「うん、絶対来よう!」。親も子もみんなで楽しめるあっという間の1日でした。

<文=五月女菜穂 写真=山田秀隆>

杉乃井ホテルを運営しているのはオリックスグループ

家族で楽しめる杉乃井ホテルを運営しているのはオリックスグループ。野球や生命保険などのイメージが強いオリックスグループですが、意外にも、温泉旅館やホテルなど、さまざまなスタイルの宿泊施設を運営しているんです。ほかにも水族館の運営や農事業など、生活に身近な事業をいろいろと手掛けているそう。ぜひチェックしてみてください。

あなたの暮らしの身近にあるオリックスグループの事業はこちら

https://www.orix.co.jp/grp/move_on/

 

また、杉乃井ホテルを含む10の旅館・ホテルの宿泊券が当たるキャンペーンが2019年3月31日まで行われているのでぜひご応募ください。

 

ペア宿泊券があたるORIX HOTELS & RESORTS公式サイトはこちら

https://www.orixhotelsandresorts.com/

横浜・元町で130年! 日本最古の伝統を引き継ぐノッポの山食パン/ウチキパン

トップへ戻る

朝の通勤客も驚きの速報 「平成胃痛大賞」って何だ?

RECOMMENDおすすめの記事