猫と暮らすニューヨーク

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

[猫&飼い主のプロフィール]
猫・Mia(ミア)15歳 メス トラ柄の雑種
飼い主・レコードレーベルLet’s Play Houseを主宰するNik Mercer(ニック・マーサー)さんと、ファッションブランドでデザイナーを務めるMarsha Tam(マーシャ・タム)さんカップル。ブルックリンにある2階層のアパートメントに暮らす。

>>記事はこちら

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

よく知る人間にしか心を開かないというミアは、取材チームを完全にシャットアウト。寝室に籠(こも)ってしまって、なかなか出てきてくれません。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

ミアのどこが一番好き?という質問に「目」と答えたニックさん。その答えに誰もがうなずく、愛くるしい大きな瞳の持ち主。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

この小さくつぼめた、おちょぼぐちもミアのチャームポイントです。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

2階層に分かれたアパートメントの地下にある部屋。「ミアは私たちがいる場所が好き。この部屋でテレビを見ていると、ミアも降りてきます」とマーシャさん。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

寝室から出たくない、絶対に。私たち取材チームと冷戦状態のミア。写真がなかなか撮れず苦労しました……。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

なにかと猫と縁のあるニックさん。双子の姉妹がそれぞれ猫を飼っていたり、家の前で鍋に入れられ捨てられていた猫を、ニックさんのお兄さんが拾ったこともあったそう。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

「仕事から家に帰るといつもミアに話しかけるんです」とマーシャさん。ミアは人生初の猫。「この存在がもしいなくなってしまったら、すごく寂しい。自分はどうなってしまうんだろうって思います」

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

子猫のときのミアの写真を額装し、部屋の壁に。愛猫の写真をこんな風にアートとして楽しむのはすてきなアイデア。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

ミアの食事場所。招き猫の置物や子猫の頃の写真を飾って、少しでも楽しい食卓に。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

食の好みが激しいミア。ローフードやソースたっぷりのリッチな缶詰など、いろいろ与えたけれど、お気に召さず。「シンプルなパスタが好き。ミアはそういう嗜好(しこう)ですね」とニックさん。ミアの言動をポジティブに表現するニックさんの言葉は温かい。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

生後3カ月で保護施設からもらわれてきたとき、ノミと耳ダニに感染していたというミア。いろんな出来事を乗り越え、無事に15歳を迎えました。これからはご長寿猫を目指します。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

「ミアがいることでファミリーの一体感を感じるんです」と二人。ミア、あなたのおかげですってよ。聞こえてますかー?

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

2人が一緒に暮らし始めた頃、よくニックさんを追い回していたというミア。「ドアのところに追い詰めて、尻尾をぶんぶん振って、逃げようとするニックの足に嚙みつこうとして」と笑いをこらえきれないマーシャさん。ニックさんがミアに家族として認められるまで、1年ほどかかったそう。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

少々エキセントリックな性格のミアに対し、寛容で理解のある飼い主2人。「ミアは人間の都合に合わせようとしないだけ。それを気難しいとか、いじわるだとか勘違いするのは違うんですよ」とニックさん。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

かつてはオモチャを捕まえるため、1メートル近くものジャンプを披露していた機敏なミア。当時のあだ名は、猫忍者。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

バスタブや洗面台の蛇口から直接水を飲むのが大好物。あるとき放っておいたら1時間ほど飲みっぱなしだったこともあるとか。水がぶ飲み疑惑。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

「ミアの要求に対し、私たち人間は簡単に屈してしまう。ダメな親ですね」とマーシャさん。水をたくさん飲むと吐くため、あげすぎないよう注意しているそう。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

あまりに水をたくさん飲むので「病気では?」と心配になり、獣医に連れて行ったことも。結果は何も問題ナシでした。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

水を飲むクセのほか、観葉植物を食べるクセもあり。やめさせようと、お酢と唐辛子を混ぜたものを葉っぱに塗ったり、水スプレーをしたり、いろいろ試したマーシャさん。結局どれも効果ゼロだったとか。

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

地下にはミアのトイレが置いてあります。使用しているトイレは、NY発のブランドModkat(モデキャット)のもの。

>>記事はこちらへ

PROFILE

仁平綾

編集者・ライター
ニューヨーク・ブルックリン在住。食べることと、猫をもふもふすることが趣味。愛猫は、タキシードキャットのミチコ。雑誌等への執筆のほか、著書にブルックリンの私的ガイド本『BEST OF BROOKLYN』、『ニューヨークの看板ネコ』『紙もの図鑑AtoZ』(いずれもエクスナレッジ)、共著に『テリーヌブック』(パイインターナショナル)、『ニューヨークレシピブック』(誠文堂新光社)がある。
http://www.bestofbrooklynbook.com

前田直子(まえだ なおこ)

写真家

24歳で渡米。サンフランシスコのAcademy of Art Universityで写真を学んだ後、日本へ帰国し、フォトグラファーの前田晃氏に師事。2010年に独立し、雑誌や写真集、ウェブなどで幅広く活動。2013年に再び渡米、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に、日本&アメリカの雑誌や広告、ウェブなどで撮影を手がける。猫アレルギーでありながら、子どもの頃から無類の猫好き。10代の頃、実家で飼っていた猫の名前はチノ。
http://www.naokomaeda.net

九つの命をもつ、おじいちゃん猫

トップへ戻る

15歳の昼寝狂。昔は飼い主を泣かせたことも

RECOMMENDおすすめの記事