店で

春にぴったりなニット

春にぴったりなニット

東京・南青山「プレインピープル」では、ケーブル編みのトップスを手にした。肉厚な感触は寒さの残る春先にちょうど良い。裾や袖のリブ部分は広めに取ってポップな印象に仕上がった。大きめのVネックは顔をシャープに見せ、全体にゆったりとしたシルエットでカジュアルだが品が良く、クラシカルな編み地に黄色いラインが効果的。4万2120円。

春にぴったりなニット

丸の内「パリゴ」では、シンプルなトップスに注目。アクリル、ナイロンとレーヨンの混紡で独特の清涼感がある。体形を上手にカバーしてくれ、ドロップショルダーで適度な緩やかさが大人っぽい。縫い目のないホールガーメント編みは肌に優しく、立体的なシルエットを生んでいる。重ね着でも一枚でも重宝しそう。パープルなど全4色。1万5120円。

春にぴったりなニット

銀座「ジョンスメドレー」では、上質なコットンを使ったリブニットを見つけた。襟の開き具合、袖のリブの幅など絶妙で、一枚で着ても様になり、ジャケットの下でももたつかない。フィット感があるものの、意外に体の線を拾い過ぎないのもうれしい。伸縮性があって肌触りも柔らか。マルチボーダー全4種3万8880円、無地全10色3万5640円。

PROFILE

飯塚りえ

ゴロゾーマシーン 編集者・ライター
ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。

春の羽織りもの

トップへ戻る

プリーツスカート揺れる春

RECOMMENDおすすめの記事