ART&MOVIE

あぁ、いい映画を見た。映画『グリーンブック』

&w編集部がおすすめする、アートや映画の情報を随時ご紹介します!

今回ご紹介するのはこの映画! 『グリーンブック』

先日のアカデミー賞で作品賞を受賞した映画『グリーンブック』。おじさん2人が主人公ゆえ、映画会社も「遠慮がちな推し」だったが、アカデミー賞の前哨戦と言われるゴールデン・グローブ賞で作品賞ほか2部門を受賞した辺りから一転、「もしやアカデミー賞もイケるのでは」と活気付いていた。そして今回のアカデミー賞受賞。映画を見た人ならその結果にきっと納得するはずだ。

舞台はアメリカ、まだまだ黒人差別が色濃く残る1962年。ニューヨークの著名なナイトクラブ・コパカバーナの用心棒として働くトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、店が2カ月間改装に入るため、他の仕事を見つけなければならなかった。「ドクターが運転手を探している」と紹介され、トニーが指定された場所へ向かうとそこは病院ではなくカーネギーホール。ドクターは医者ではなく、博士号を持つ著名な黒人ピアニスト、ドクター・ドナルド・シャーリー(マハーシャラ・アリ)だった。

トニーとシャーリーの交渉は一度は決裂するが、黒人差別が根強い危険な南部でコンサートツアーを行うためには、どうしてもトニーが必要だった。シャーリーは全面的にトニーの希望条件をのみ、トニーを雇い入れる。トニーはレコード会社から託された「グリーンブック」(黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック)を手に、2人の珍道中は始まった……。 

黒人に差別感情を抱いているトニーはブロンクス育ち。家族を大事にし、仲間からも頼りにされているイタリア系アメリカ人だ。武骨で無学だが生き抜く知恵を持っている彼は、腕っぷしが強くいつも多くの人に囲まれて屈託がない。

あぁ、いい映画を見た。映画『グリーンブック』

一方、シャーリーはスノッブな雰囲気を持ち合わせる天才ピアニスト。博士号を持ち複数の言語を話す知性の持ち主だが、孤独な人生を歩んでいた。

そんな正反対な2人だけに最初は衝突ばかり。だが、トニーはシャーリーが弾くピアノを聴いた瞬間に魅了され、シャーリーが天才であることを見抜く。シャーリーもまた、度々トニーに危ないところを救われるうちに、トニーに信頼を寄せていくのだった。

道中、いくつもの心打たれるシーンがある。武骨なトニーが愛妻へ送るために、上手とは言えないながら必死に手紙を書くシーンもその一つだ。慣れない手紙に四苦八苦するトニーに、シャーリーが見かねてアドバイスする。トニーもシャーリーも、そして妻をも幸せにする手紙は見る人の心も解きほぐす。

あぁ、いい映画を見た。映画『グリーンブック』

無意識に黒人を差別していたトニーが旅を通して、シャーリーを通して黒人を知り、また、黒人が置かれている状況を知っていく。互いを知ることの大切さを押し付けがましくなく、ごく自然に教えてくれる。心温まるラストに、「あぁ、いい映画を見た」と幸せな気持ちで映画館を後にすることができるはずだ。(文 坂口さゆり)

   ◇

映画『グリーンブック』
ナイトクラブの用心棒トニー・リップと天才黒人ピアニスト、ドクター・ドナルド・シャーリーの実際にあった友情から生まれたバディームービー。黒人差別の色濃い南部へツアーに出かけたドクター・シャーリー一行は、無事にクリスマスまでにニューヨークへ戻ってくることができるのか? トニーの息子が父から聞いた話を50年以上温め続け、製作と共同脚本を手がけた。監督は『ジム・キャリーはMr.ダマー』『メリーに首ったけ』など多くのコメディーを手がけてきたピーター・ファレリ。
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニほか。TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中

PROFILE

坂口さゆり

生命保険会社のOLから編集者を経て、1995年からフリーランスライターに。映画評や人物インタビューを中心に、金融関連や女性のライフスタイルなど幅広く執筆活動を行う。ミーハー視点で俳優記事を執筆することも多い。主な紙媒体に、「朝日新聞」(朝日新聞社)「AERA」「週刊朝日」(以上、朝日新聞出版)「Precious」「女性セブン」(以上、小学館)「プレジデント」(プレジデント社)など。著書に『バラバの妻として』(NHK出版)『佐川萌え』(ジュリアン)ほか。

戸田恵梨香さん「ひとりの人間として、女性として心豊かであるために」

トップへ戻る

人生どん底でも慌てず腐らずブレずに生きる! 映画『僕たちのラストステージ』

RECOMMENDおすすめの記事