TOKYOワインバル・クルージング

ビジネスホテル内に登場した 気軽で本格派なトラットリア

トラットリア ヴィチーノ

ビジネスホテル内に登場した 気軽で本格派なトラットリア

トマトソースやチーズソース、パンチェッタ、玉ネギを巻いてから焼いた「ロトリーノ」(980 円/2〜3人前)。しっかりとした『ピアン・ディ・レモーレ・ロッソ 2016年』(フレスコバルディ/グラス680円、ボトル3500円)と合う

「ホテルマイステイズ五反田駅前」にあるイタリアンレストランがリニューアル。2018年11月より、イタリア北部の美食の町、ボローニャの郷土料理を中心としたメニュー構成になった。
料理長の市川一久氏はボローニャとナポリで1年間修業し、ナポリではピッツァ作りも学んだことから、そのテクニックを生かしたピッツァも提供している。
「オーソドックスなナポリピッツァが中心ですが、イタリア北部のロトリーノという生地を巻いて焼くものは、日本では珍しいのでお勧めです」と、市川氏は話す。

ビジネスホテル内に登場した 気軽で本格派なトラットリア

料理に負けない味のワインが中心。果実味やコクのある、フルボディタイプの『カントドーロ 2014年』(フェウド・アランチョ/ボトル3500円)〈中央〉はピッツァの他、肉料理との相性も良い

ワインは、肉料理で提供しているアンガス牛のステーキに合わせて選んだオーストラリア産2種を除き、イタリアでそろえている。
「五反田には安くて気軽な雰囲気の店がたくさんあるので、当店でも手頃な価格のグラスワインをそろえ、幅広いお客さまの好みに対応できるようなラインナップにしています」と語るのは、店長の吉田翔太氏。ボトルの価格は1980円、2500円、3500円の3段階で、実に明瞭だ。 料理は前菜380円~、ピッツァ980円〜、さらに全メニューの中から選ぶ2品にドリンクが付く「お一人様セット」(1680円)もあり、ちょい飲みにぴったりなトラットリアである。

グラスワイン 7種 380円~
ボトルワイン 20種 1980円~

ビジネスホテル内に登場した 気軽で本格派なトラットリア

計58席の広々とした店内。ホテルのインダイニングだが、気軽さが好評を得て宿泊客以外の利用が多いという

トラットリア ヴィチーノ

住所:東京都品川区西五反田2-6-8
TEL:03-3494-1807
営業時間:ランチ11: 30~14 : 30 LO、ディナー月~土 17 : 30~22 : 00 LO、
日・祝 17 : 30~21: 00 LO
定休日:なし
交通:五反田駅より徒歩1分

今号は、ピッツァがおいしいバル

『ワイン王国』109号(2月5日発売)のTOKYOワインバル・クルージングではピッツァがおいしいバルを紹介。
イタリアだけではなく、日本でも老若男女に親しまれているピッツァ。一言でピッツァと言っても具のバリエーションは多種多彩、ワインとのさまざまなマリアージュが楽しめます。
今回は現地のマニアックなタイプを出すトラットリアや、専門の経験を積んだ職人によるピッツェリアなど魅力的なピッツァが楽しめるお店を紹介します。

■この記事は、『ワイン王国』3月号(No.109)に掲載されています。

ピッツァ・フリッタ片手に昼から気軽に飲める店

トップへ戻る

食材にこだわったピッツァをワインとともに味わう

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain