『岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟』戦後復興期の女性アーティストの回顧展

1950年代に彗星(すいせい)のごとく登場した女性アーティスト、岡上淑子(おかのうえ・としこ)の大規模な回顧展が、東京・目黒の東京都庭園美術館で開催中です。

岡上は、日本におけるシュルレアリスムの第一人者、詩人・美術評論家の瀧口修造に見いだされ、海外のグラフ誌と『VOGUE』などのファッション誌を使ったフォトコラージュ技法によって才能を開花させました。戦後復興期の時代を反映した報道写真と、当時最先端のモード写真による作品は今日もなお、新鮮な魅力を放っています。

7年間とごく限られた期間に制作された彼女のコラージュ作品は100点近く。国内所蔵に加えて米国ヒューストン美術館からも12点の貴重な所蔵作品が初来日しました。会場には、詩編や後に描かれたスケッチ、関連資料、岡上が参考にした京都服飾文化研究財団所蔵のドレス等も展示されています。

国内外での再評価が高まる彼女のフォトコラージュ作品の一部をご紹介します。クリックすると画像を大きくしてお楽しみいただけます!

■「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」

会期:2019年1月26日(土)〜4月7日(日)
休館日:第2・第4水曜日(3/27)
開館時間:10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
※3/29、3/30、4/5、4/6は、夜間開館20:00まで開館(入館は19:30まで)
会場:東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)東京都港区白金台5-21-9
問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト:https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/190126-0407_okanoue.html

>>写真の続きは画面下のギャラリーへ ※写真をクリックすると拡大表示されます。

「食無双」のスーラー湯麺(タンメン) 詩歩さん

トップへ戻る

「カフェコムサ」のマンゴーローズ 池上永一さん

RECOMMENDおすすめの記事