キレイのヒミツ

髙橋ミカさん、生活に“麹”を取り入れた美容法で、身体の内からも外からも美しく

その卓越したマッサージ技術で多くの女優さんやモデルさんから「ゴッドハンド」として絶大な信頼を寄せられている髙橋ミカさん。
10代から美容業界の最前線を走り続け、40代になってから出産も経験し、美に対する意識や行動も変化しているという。仕事と育児で忙しくも充実した日々を送る美のカリスマのリアルな日常を語っていただいた。

育児中はネット通販を頼る

――お子さんはおいくつになられましたか。

もうすぐ4歳の女の子です。怪獣みたいでいつになったら落ち着いてくれるのかと……。

スーパーに買い物に連れて行っても「これ買ってぇー!」とお菓子売り場でひっくり返ってしまうこともあり、そうなるとこちらもキーッとなってしまいます。

でも、今の時代はありがたいことに便利なネット販売がある。最近はもっぱら注文当日にオーガニック農法で育った野菜を届けてくれる「VEGERY」にお世話になっています。

――食べ物にはこだわっていらっしゃるのですね。

出産してから特に気をつけるようになりました。私はもともと太りやすいタイプで、高校3年間でお菓子を食べ過ぎて24キロも太り、制服が入らなくなってしまったほど。

妊娠中もつわりがないことをいいことにおいしいものを食べ続けていたら、なんと20キロ以上も体重が増加。先生に怒られてしまいました。

今は良質のタンパク質と野菜中心の献立にして必要以上に糖質を摂(と)り過ぎないこと、消化のためになるべく早い時間に夕食をいただくことを心がけています。

子どもにとっても小さい頃の生活習慣は大事なこと。娘と一緒に楽しみながら実践中です。

“麹”美容法は手軽でリーズナブル!

――育児中の女性は忙しく、自分の美容のことは後回しになる方も多いと思います。経験者ならではのアドバイスをいただけますか。

私が今一番おすすめしたいのは、麹を活用した美容法です。麹は昔からある自然のもの。私はこの麹を日々の生活に積極的に取り入れるようにしています。

まず、麹をふやかした上澄みの水を毎日2リットル飲み、腸の働きを良くするための「腸活」に役立てます。その後に残った麹で朝に手や顔を洗い、夜は台所用のネットに入れてお風呂に投入し、娘と一緒に麹風呂を楽しんでいます。

麹は8時間は、常温で、発酵させて、その後は冷蔵庫で保存しています。お風呂に投入するとき、温度が高い方がよく発酵すると聞いたので、匂いは大丈夫かなと。

でも、想像していたよりも、匂いはそれほど気になりません。私も娘も肌に合っているのか、つるつるになったような気がしています。この手の甲。つるつるだと思いませんか?

髙橋ミカさん、生活に“麹”を取り入れた美容法で、身体の内からも外からも美しく

髙橋ミカさん
大手エステサロンを経て、27歳で独立。2004年9月に「mishii beaute(ミッシィボーテ)」をオープン。ゴットハンドとも呼ばれ、多数の芸能人をはじめ、著名人にも支持されている。髙橋の魅せるテクニックが、著書を始めとし各メディアでも注目され自身の経験を活かし開発したプロデュースコスメ「M’S COSME (エムズコスメ)」も好評発売中。

もちろん、日々のお料理にも麹は大活躍しています。お肉に漬け込むとお肉がとっても柔らかくなりますし、野菜炒めに入れてもおいしい。私はご飯を炊く時やおみそ汁にも入れています。

これだけ生活に活用できて、スーパーで一袋300円。気軽でリーズナブルで無駄がないですよねl 忙しいママたちに、気軽に使える美容法のひとつとして、身体の内からも外からも麹を取り入れていただけたらと思います。

運動はやれる範囲で楽しみながら

――髙橋さんは出産後、体調に変化はありましたか?

一番気になったのは、髪が抜けたこと。特におでこ付近の毛が少なくなって、張りもなくなってきて心配していたところ、海草成分の入った美容液で頭皮をマッサージするようにしたら、少しずつ髪の量が増えてきて張りもよみがえってきました。同じような悩みを抱えている方におすすめしたいです。

――お子さんが成長するにつれて、ご自分の時間も増えていきますね。

子どもが小さい頃はなかなか時間のマネジメントができませんでしたが、最近になって整体やピラティス、ホットヨガ、パーソナルトレーニングなどに通える余裕が出てきました。

トレーニングは、グループだとついついサボって手を抜いてしまいますが、マンツーマンで指導してもらうと集中できるので効果が高いと実感しています。

運動で汗をかくと苦しいけれども、身体はやっぱり引き締まります。運動していないと不意打ちで写真を撮られた時などには老けて見えてしまうので、これからもなんとかやれる範囲で楽しみながらがんばっていこうと思っています。

髙橋ミカさんおすすめの美容アイテム

■仕事の帰り道に注文、帰宅したら届く VEGERY

VEGERY」で取扱っている野菜は、オーガニックな農法で育った九州産の安心・安全な野菜が中心。日常的な野菜から、スーパーなどではなかなか売っていない珍しい野菜までを網羅した魅力的なラインアップです。

「どの野菜も本当に味が濃くておいしいんです。“○○さんのにんじん”などと詳しく説明があって作り手の顔が見えるし、皆さんの野菜への思いも伝わるので、小さな子どもと一緒に安心して食べることができます」と髙橋さん。

注文は、アプリで簡単な3ステップの操作のみでOK。都心近くならば、なんと最短1時間で指定の場所に届けてくれます。

「仕事の帰り道に献立を考えながら注文すると、当日帰宅したら届くってすごくないですか? 忙しいママ達に本当におすすめです」。

髙橋さんの一番のお気に入りの野菜はキャベツ。家族みんなの大好物なので、常備するようにしているそうで「塩揉みしたキャベツに、麹と出汁と鷹の爪を入れて和えてみてください。簡単なのに、いくらでも食べることができる程、おいしい一品です。みなさんも是非一度作ってみてください」。

■使えば使うほど身体がきれいに! 麹

髙橋ミカさん、生活に“麹”を取り入れた美容法で、身体の内からも外からも美しく

麹には生のものや乾燥したものなど様々な種類がありますが、髙橋さんが愛用しているのはスーパーで手軽に手に入るごく一般的な乾燥タイプの板状になったものです。

「まず、この麹の板の半分を切って、2リットルのペットボトルに入れていきます。その上から水を一番上まで入れて、常温で8時間放置。すると、自然に発酵します。8時間経ったら、必ず冷蔵庫に入れます。そのまま放置しておくと、どんどん発酵が進み、味が酸っぱくなるので要注意。冷蔵庫に入れておけば発酵がおさまるので安心です」。

髙橋さんはこの上澄みの水2リットルを1日で飲みきるようにしているという。気になるお味は、「ちょっと甘酒がうすくなった感じ」。

慣れるまでに多少の時間はかかるかもしれませんが、「甘酒のうすくなったバージョンを飲んでいるんだなぁ」と思えば、どんどん飲めますと高橋さん。

上澄みの水が飲み終わったら、ペットボトルを切り、底にたまった麹の活用を開始。「洗顔やマッサージ、お風呂、料理にどんどん使っています。使えば使うほど、身体がきれいになる。自分なりの使い方を工夫するのも楽しいですよ」。

■ニューピア フコイダン高濃度原液美容液

髙橋ミカさん、生活に“麹”を取り入れた美容法で、身体の内からも外からも美しく

mishii beaute(ミッシィボーテ)」ニューピア フコイダン高濃度原液美容液

髙橋さんのサロンで専用化粧品として使われ、髙橋さん自身が開発した海草成分フコイダンの原液100%を使用した美容液。フコイダンとは、コンブやわかめ、もずくなどに含まれるヌルヌルした成分のこと。もずく1kgからわずか数gしか採れない貴重な成分で、エイジングケアを目的とした化粧品に応用されて注目を集めているといいます。

この「ニューピュア フコイダン」シリーズには、南太平洋のトンガ王国産のフコイダンを精製した高純度の原液が使用され、本来は顔用の化粧品として販売しています。それを髙橋さんは頭皮のマッサージに活用しているのだとか。

「これでマッサージすると、ぱさついた髪がしっかり潤うのを実感できるんです」。

身体用には、同じく自身のサロンで展開している「エムズコスメ マッサージオイル」をもう何十年も愛用中。

「べたつかず使いやすいので、全身にたっぷり塗っています。使った日はお肌も柔らかくなりますし、コンディションが全然ちがうんですよね」。

(イラスト 牛久保雅美)

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

PROFILE

牛久保雅美

桑沢デザイン研究所卒業後、イラストレーション青山塾を修了したのちフリーランス。書籍、雑誌、WEBなどの媒体で活動。日常をテーマにアンニュイな女性像を描く。

URL_masamiushikubo.tumblr.com
Instagram_@masamiushikubo
Twitter_@m18u_u

PROFILE

草刈康代

1994年 慶応義塾大学法学部卒業、朝日新聞社入社。その後2007年にフリーライターに転身。朝日新聞広告特集(生涯学習、グッドデザイン賞)、リクルート(「住まいの設備を選ぶ本」、専門学校情報サイト)など、その他ビジネス、教育分野を中心に執筆。

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain